コラム一覧 :大切なこと

61件~75件(144件)

新しいの15件

過去の15件

故人の遺志で仏式のお葬式はしませんでしたが、檀家になっているお寺も墓地もあるんです。どうする?

 故人は仏式の葬式はしないでと、その遺志のままに たまにですがこの事例があります。むしろ最近増えてきたようにもこれは「終活」の個を打ち出した特徴の一つかもしれません。それはさておき、家族はできれば故人の最後のお願いは聞き届けたいというのが本音ですが、もしもお墓... 続きを読む

大切なこと

2017-03-02

同業たらればオヤジ 横須賀の石屋の独り言

質問するこっちが悪いのか、答えるあなたが悪いのか?最近は同業の方に質問を投げることがあります。業界全体がちょっと元気ないのは一緒会話のなかで いわゆるたらればが多い。しかも自分がやってないことも平気で結論付ける人も。で、あのときやってたら。余裕のあ... 続きを読む

大切なこと

2017-02-22

セミナーをするとお客様に出会える

最近また御呼ばれで消費者向けセミナーに伺うようになりました。石材店が講師とわかっていてもお客様とは出会えるんですね。不思議と。こちらから普段一方的な連絡でかけるとあれだけ抵抗するのに(笑)お墓のことは特に家族とかが具合が悪かったりすると、もちかけると演技が悪いと... 続きを読む

大切なこと

2017-02-21

石材業からの発信と石材業向け発信

私の書いているブログとかSNS上の記事とか、ちょっと紛らわしいことがあったり。それは半分半分くらいの割合で一般の方に対する発信と石材業の方に向けての発信が混在しているのです。だから、お客様に発見されるより石材業の方に見られている可能性は非常に高いですね(笑)それでい... 続きを読む

大切なこと

2017-02-19

心育 ココイクと親子の関係と 2月17日

イメージ

さて昨日の整えライフセミナーは心育 ココイク(ブログにて内容はご確認ください)親の視点から子や孫とのかかわりそして自らの心の整え方、さらには先祖とのつながりまで盛りだくさんで教わりました。でもその根っこにあるのはお母さん。母は太陽太陽からエネルギーを... 続きを読む

大切なこと

2017-02-17

横須賀市営墓地 返還工事 ただ今真っ最中 改葬・墓じまい

今回の返還工事に関していうと市営墓地内に永代供養墓が完成し、そこにすでに市営墓地内に区画を持つ人が優先的に入れる区画を用意したことによって起こった事。全体で400を超える返還申し込みがあったという。なぜ優先的に?墓じまいを誘発していないか?そういう人も間違いな... 続きを読む

大切なこと

2017-02-15

お墓のみとり お寺さんの意見を聞いてみる

さて、企画を現在進行中の「お墓のみとり」今日はお寺さんに意見を求めてみました。「そういうやり方もあるんだ」「供養を考えれば望ましい」という意見をいただきました。もうちょい練ってより安心なものにしていきます。 続きを読む

大切なこと

2017-02-14

横須賀市営墓地内での永代納骨堂への移動工事

さてちょっと新規やリフォームの石の手配の都合から今週は横須賀市営墓地の普通墓地にあるお墓の撤去工事に入ります。4平米のしっかりした墓地ですからそれなりに時間もかかりそうです。基礎コンクリートが他社製がどのくらいのものですんなりいくか、予想を超えるかといった感じです... 続きを読む

大切なこと

2017-02-13

技能は誰の財産なのか? 技能オリンピックを見学してきて

イメージ

2月11日12日 静岡県で開催されている技能オリンピックの見学に行きました。もちろん石工の競技があったからです。今回は中硬石といわれる硬石よりやや柔らかい石ということ硬石はいわゆる御影石と呼ばれる石だと思ってください。昨年までは愛知県産の石が使われていたということ... 続きを読む

大切なこと

2017-02-12

お墓を提供する側でできる経験や体験を考える。その7

さて8回シリーズの第7回一般の消費者がのぞむ「コト」に対してできることを考えていますが、今日明日の2回はとても消費者の欲求も高い傾向の経験や体験です。共有がテーマ家族や友人などの周囲の人と喜び楽しみを共有できる体験お墓の部分での楽しみって?と考えがちですがお墓... 続きを読む

大切なこと

2017-02-03

お墓を提供する側でできる経験や体験を考える。その6

代わりの利かないものということで前記事を書きました。少し似ていますが、その時しかできないもの、その時にやらなければいけないものその時だから意味があるものということについて考えました。そのタイミングを逃したらできないことを提案することが大事なんですね。弊社では一時期... 続きを読む

大切なこと

2017-02-02

旧正月と輸入墓石の関係 石屋探しは今がいいかも

さて、今年は爆買いの映像があまり流れていませんでしたね(笑)でも中国は旧正月。いわゆる春節で長期休暇に入りました。最近では業界関係者でなくても墓石は中国加工で作られているものが多いのはだいぶ知られています。外国産の石の大半と国内産の石の一部が中国から実際に入ってきま... 続きを読む

大切なこと

2017-01-28

明るい石材店 

今年の業界誌の業界リーダーの新春コメントの中でとても引っかかった言葉がある。それは「明るい石材店」何をもっての明るさかというと今全体的に苦境に見える業界にも、一つ一つのデータと今まで自身がやってきた蓄積を見つめるだけでなくしっかりと活用し、新しいというよりもあ... 続きを読む

大切なこと

2017-01-25

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える9

アメブロからの過去記事持ち込み企画「供養」シリーズのラストです。まずは過去に何を書いていたか見てみましょう。***************************結構無理かなと思って始めたこの企画の最終回。供養をするということではなく、供養をすると養われる9つの... 続きを読む

大切なこと

2017-01-24

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える7

さて振り返り記事シリーズも7回目昨日は「感じる」ことが出てきました。3年前どう考えていたのでしょう?以下過去記事***************************供養を9つのものが養われると考えての第7話昨日の感じる力が養われてくるともうひとつ、力が出てき... 続きを読む

大切なこと

2017-01-22

61件~75件(144件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
お墓のみとりの案内活動 東京西部で活動してきました

今日は加盟店になっています石材店と今後検討をしたいという霊園にお邪魔してきました。霊園では普段なか...

[ お墓のみとり ]

いよいよ今週からカウントダウン 現場工事

さて、今年の工事の整理をしていました。民家のコンクリート工事 2件お墓の新規工事8件(カロートまででき...

[ お墓を作ろう ]

お墓女子って知っています?

お墓女子大阪の大阪石材工業さんに所属する女子社員から始まったのですが、とても良い活動だなと注目していま...

[ 大切なこと ]

週末は字彫り 営業 図面の作成

最近はなかなか平日に作業が進まないので、だからと言って自分が担当すべきことは終わらさないとね。という...

[ 大切なこと ]

記事掲載 エルダリープレス12月号 お墓のみとりについて
イメージ

シニアの快適生活を支える月刊紙「エルダリープレス」の12月号Web版はこちらからに今回はお墓のみとりの件...

[ 記事掲載 石材 職人 神奈川 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ