コラム一覧 :お墓を作ろう

1件~15件(169件)

過去の15件

お墓の建て替え そのタイミングはどんな時?

 タイミングってあるのかな?お墓交換 車がよく同じ価格帯で比較されることのあるお墓でも実際は100年は使うイメージ車は100年なかなか使いませんよねそう考えると燃費がいいのがお墓です。でも交換するタイミングってあるのかというお話 お墓がどうしても気に入らない... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-03-28

お墓の正面文字 攻めるか無難にするか?

 お墓の正面に何を書いたらいいのか... 私たちのあとは娘たちが見てくれるから、家名は彫りたくないんだけど何を彫ったらいいの?この質問はよくある質問です。あなたはどうしますか。タイトルのように攻めるのか無難にするのか?昨日の記事のようにイラストという方もいます... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-03-11

中国の石はやめてという方もいる 横須賀の石屋のつぶやき

 中国の石だけはやめてという人がいます。あえて聞いていることは 「中国の石は信用ならない」というお客様はそれなりにあります。「石」に注目していますが中国で採れた石が必ずしも悪いとも言えませんし、唯一上げるなら国内にお墓として当たり前に建つようになったのはここ30年で歴史... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-03-06

処分するお墓の一部分を新しい墓地のパーツの一部にできますか?

イメージ

お墓を引っ越しするにあたって今まで手を合わせていたお墓を何とか持ち込みのできない墓地に少しでもかかわらせることができないだろうか?そういった希望をする方もいらっしゃいます。魂を抜いたので確かに「石」には戻ったとしてもそんなに簡単に割り切れない方もいます。その... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-02-10

お墓の引っ越し 加工して(新品同様で)もその石が使いたい お墓の引っ越し 墓石加工 横須賀

お墓の引っ越しでできれば今まで手を合わせてきていた石を使いたいという希望があります。しかしながら前記事のように持ち込み不可と言われてしまう実に多いケースです。その場合にもしも今までのお墓を材料として再加工させていただき(それなりに小さくなるので大きさはあったほうが... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-02-09

お墓を提供する側でできる経験や体験を考える。その8

最終話です。消費者が求める「コト」ですが一番必要とされているのが想いでとして残るもののちのちまで楽しそうな経験や体験だそうです。さて、お墓の仕事に落とし込んでいくと後々までのお付き合いという表現だけ考えるとつらい経験をしたときに行くのが石屋さん。だ... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-02-04

お墓を提供する側でできる経験や体験を考える。その5

今日はさらに深堀していきます。希少な体験これは「代わりのない」とか「再現できない」体験どう思いますか?石屋としてできることは何だろうか?稀少性を考えるとお墓をつくること自体がほぼ人生一回こっきりの体験です。取り返しのつかないことだから、たとえ時間があま... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-02-01

お墓を提供する側でできる経験や体験を考える。その4

早くも4話基本石屋さんでできる体験や経験は限られているかもしれませんがあらゆる角度から見ていきます。今回はお客様に想像を超える発見や感動の経験を考えてみます。石割なんかも面白いし、産地にお連れしてどのように採掘されているかを見ていただくのも面白い。お客様はいまだ... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-02-01

お墓を提供する側でできる経験や体験を考える。その3

本日は3つ目のテーマお客様はモノを求めるときの付加価値として、どんな経験や体験がしたいのでしょうか?その中に、自分の身になることや変化、成長を楽しめる体感できることというのがあります。しいて言うならコト消費の「成長戦略」お墓に対してお客さまが積極的に良かったとな... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-01-31

お墓を提供する側でできる経験や体験を考える。その2

お墓を作るにあたってお客様に提供できる体験や経験を考える2つ目は創造力お客様本人が準備段階からかかわることができること更にそれが楽しいと思えることを提供する。例えば弊社であれば図柄などは極力意見を引き出してからまず一度図に落とします。そうするともやもやし... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-01-30

お墓を提供する側でできる経験や体験を考える。その1

いまさらながらコト消費について自身の業種に当てはめて考えている。職人として工場を持つ石材店として、お客様とできることはないだろうか?その辺を踏まえていくつかの消費者の傾向に基づいて記事にしてみます。*****************************お客... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-01-29

2017年 こんなお客様に出会いたい

弊社のメインの仕事はお墓去年の流れからはっきりした今年出会いたいお客様 お孫さんやお子様にしっかりとしたお墓を残したい方 どちらかというと必要に迫られてお墓を建てる人は多いです。墓地の準備などもできていてあとはお墓だけという状態でもどうしてもお墓を建てるま... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-01-06

2017年春彼岸までに工事を進めたい方へ お墓工事

大量な輸入材ありきのお墓の石弊社では今年は36%ほど国内産国内加工他インド加工も20%程度ありましたがそれでも大半は中国加工ということになります。毎年お知らせはしていますが中国は旧正月に長期の休暇を取ることと、それに合わせ船便の混雑などの事情で春のお彼岸ま... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-12-06

お墓の相談で気が付いたこと inよこすか産業まつり その4

 見えたことを全部ひっくるめてみてみると お墓に対する悪い感情はない大切な人・家族(ペットも含む)のためにならお墓は作りたい向き合うのはお墓ではなく亡くなった人本人なので、お墓はあればいいけど小さくても構わないし、私は小さいのが良い一人で多くのお墓を抱える人は... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-11-10

シンプルだけどいい感じの仕上がりになりそうです。お墓工事!

イメージ

施工事例の写真をみてお客様はすぐにこんな感じがいいとおっしゃいました。販売を始めた当時は和洋型という表現をしておりました。今も特に名前はありませんが1年に2期くらい同様の形が出ます。今年も2件目!良い工事を心がけます。 続きを読む

お墓を作ろう

2016-10-04

1件~15件(169件)

過去の15件

RSS
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
てるみくらぶのニュースに接し

旅行会社のてるみくらぶの破産のニュースがありました。旅行先でこの事実に触れたかたは泊まれない飛行機にの...

[ 初めてのお墓作り ]

お墓の建て替え そのタイミングはどんな時?

 タイミングってあるのかな?お墓交換 車がよく同じ価格帯で比較されることのあるお墓でも実際は100年は...

[ お墓を作ろう ]

横須賀市営墓地 芝墓地 よくご注文いただく形
イメージ

横須賀市営墓地芝墓地で弊社でよく出る形の一つです。墓石の上部はアーチ正面は額が付いたりつかなか...

[ 墓石工事 横須賀 神奈川 ]

ほんのちっちゃなひとかけら 建墓物語番外編

代が絶えてしまうのは仕方ないですね。私で終わりなのでもう片付けます。お墓をしまう決意をして寺院内の...

[ 建墓物語 ]

セミナーからの出会い 建墓へ

昨年末に依頼を受けた横浜での60分のお墓セミナーお越しいただいていた中に田舎のお墓をいつか片付け、横浜市...

[ 初めてのお墓作り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ