コラム一覧 :お墓を作ろう

1件~15件(158件)

過去の15件

2017年 こんなお客様に出会いたい

弊社のメインの仕事はお墓去年の流れからはっきりした今年出会いたいお客様 お孫さんやお子様にしっかりとしたお墓を残したい方 どちらかというと必要に迫られてお墓を建てる人は多いです。墓地の準備などもできていてあとはお墓だけという状態でもどうしてもお墓を建てるま... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-01-06

2017年春彼岸までに工事を進めたい方へ お墓工事

大量な輸入材ありきのお墓の石弊社では今年は36%ほど国内産国内加工他インド加工も20%程度ありましたがそれでも大半は中国加工ということになります。毎年お知らせはしていますが中国は旧正月に長期の休暇を取ることと、それに合わせ船便の混雑などの事情で春のお彼岸ま... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-12-06

お墓の相談で気が付いたこと inよこすか産業まつり その4

 見えたことを全部ひっくるめてみてみると お墓に対する悪い感情はない大切な人・家族(ペットも含む)のためにならお墓は作りたい向き合うのはお墓ではなく亡くなった人本人なので、お墓はあればいいけど小さくても構わないし、私は小さいのが良い一人で多くのお墓を抱える人は... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-11-10

シンプルだけどいい感じの仕上がりになりそうです。お墓工事!

イメージ

施工事例の写真をみてお客様はすぐにこんな感じがいいとおっしゃいました。販売を始めた当時は和洋型という表現をしておりました。今も特に名前はありませんが1年に2期くらい同様の形が出ます。今年も2件目!良い工事を心がけます。 続きを読む

お墓を作ろう

2016-10-04

石材店の選び方 選んでは見たものの・・・

とっても大事なことが一つあります。気に入った石材店が見つかったとしてもここだけは注意!それは指定業者制つまりこの墓地ではこのいくつかの業者の中から選ぶ、もしくは一社のみということもあります。せっかく良い石材店を見つけたとしてもここはクリアできません。という... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-09-26

石屋さんの選び方 あなたの知っている石屋さんを・・・・

そう、あなたの知っている石屋サンを思い出してください。知っている顔の中に石屋サンはいますか。案外思い出していると知人の中に石屋サンがいたりします。それも結構身近にでも石屋サンって商売柄か普段付き合いで「石屋です!」って主張する人が少ない。外であったことある... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-09-25

石屋さんの選び方 時には現場で声をかけてみよう

もしもあなたが丸投げをしている石屋さんで工事をしたくないなら。もちろん下請け工事店でもとてもしっかりと仕事をされて、石材業として誇りをもって仕事をされている方も多くいますが、やはり自社施工と思うのでしたら大きな公営の霊園などで作業をしている石屋さんに声をかけるのも... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-09-24

石屋さんの選び方 あなたの希望を伝えてください。

お墓をつくるにあたって大事なのはまず墓地の規格があるかどうか。すべて画一的な規格になっているところもあれば大きさ(決められた幅×奥行き×高さ)以内なら自由に設計できるお墓もあります。自由に設計できるという仮定のもとに書いていきます。自由な設計とはいえ基本寸法がある中で... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-09-23

エンディング産業展2016 石材業の観点から 小さいお墓の提案

 大きなお墓?小さなお墓? 今回の展示でお墓に関してみるとお墓の小規模化という感じの「小さなお墓」が数か所で提案をしていました。床面積でいうと60cm×60cm前後のものですからカロート(納骨室)部分を縦長にして、その上に墓石といったスタイルです。骨壺収容数は関東の... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-08-27

文字って思ったほど単純じゃない!

イメージ

お客様から送られてきたこの2文字でも確認しないと大変なことになる。まずこの写真の西ですが普通にかんがえれば下の□の中で左右に振れますが、人によっては両方ともまっすぐ降りなければだめだ!ということになります。漢字の四も同じことが言えますねそして崎の字に関し... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-08-18

世界も素敵なお墓であふれている

イメージ

先祖代々のお墓で括ると苦しい日本のお墓事情も、もっと世界を見てみると一人ひとりのお墓が主流であることに気が付くとそれぞれの個性が光る素敵なお墓が作れることに気が付く。一人ひとりのお墓で良いことはやはり、個人に会いに行く観点でみればご先祖様遠慮することなくゆっく... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-08-15

お墓さがしの窓口?

最近はお墓さがしも墓地さがしもとにかくネットスタートという人が増えています。その中でもポータルサイトといわれるものが高い比重になってきたかと思います。さてこのポータルサイトも良し悪しで最近ではうちで頼めば一番安いというようなうたい文句や、○万円キャッシュバックなどと... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-08-10

真壁石キャンペーンについてのご案内

真壁石キャンペーンにご興味をお持ちの方にお知らせです。いくつかご指摘がありましたので確認です。前回の案内で海老原さんで採っているという表現に指摘をされる方がいました。海老原さんでは採掘の認可をもって今も採掘業者の1社として登録されていますが、近年の採掘は今まで掘り... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-08-07

山峡紅のお墓 完成写真

イメージ

 完成イメージをまずはお手元に 完成イメージをお客さまと相談の上作成しお渡しします。この段階から文字の内容なども打ち合わせしていきます。今回はお客様からいくつか図柄や文字のイメージが送られてきましたので、それをもとにはめ込みの合成をしました。書体、図柄を... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-08-06

山峡紅の洋型お墓を建てています

イメージ

 墓地が決まればお墓のイメージの打ち合わせをします。 墓地の採寸をするとお客様と墓地で眺めたイメージを図面上で形にしていきます。弊社の場合は大体、このようにカラーで立体の絵を作成します。色がつくことでかなりイメージはしやすいようですが、時々紙にプリントした... 続きを読む

お墓を作ろう

2016-08-05

1件~15件(158件)

過去の15件

RSS
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える7

さて振り返り記事シリーズも7回目昨日は「感じる」ことが出てきました。3年前どう考えていたのでしょう?...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える6

6話目です。あえて次を見ないで毎日昔の記事と向き合っていますがこの辺ほんとに無理に考えていたのでしょうね...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える5

9つとは言ったもののこの辺からの思考に苦労の爪痕が残っていますね。以下過去記事************...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える4

ややアクセス数が落ち気味のこのシリーズ今日はまだ4日目ですよ。さて恒例の過去記事*********...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える3

3年前アメブロに書いた記事を今の自分と照らし合わせて読み返している「供養=九養」のシリーズ3回目です。ま...

[ 大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ