>   >   >   >   >   >  供養あれこれ 横須賀 石屋

コラム一覧 :供養あれこれ 横須賀 石屋

1件~15件(22件)

過去の15件

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える8

さて問題の第8話記事をみて・・・・・とにかく過去記事***************************連日ここまで来れました。いわゆる最終コーナーみたいなところ。第8話目。供養をすることで養われるもの。昨日の向き合う力と並行しますが、「聴く力」自分の気持ち... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2017-01-23

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える2

さて3年前の供養=九養の2つ目は何を持ってきていたのでしょう以下原文ハードルを上げてしまった第2回。供養することで何が養われるか。今日のテーマは「想い」亡くなられた人を思い出し、皆で語り忘れないこと。少しずつ悲しみは亡くなっていくかもしれません。時間とともに。... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2017-01-17

「供養」を今一度考える 以前アメブロで書いた記事を見直します。

以前アメブロに「供養」=「九養」で養われるものが九つあるのではそういった記事を書いていたことがあります。もう3年以上前のことあれから3年今の感じ方で記事をこのマイベストプロに持ち込みます。*************************ここから過去記事ち... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2017-01-16

お骨の行く先2016 多様性というよりは・・・

時間が開きましたが年内特集記事のお骨の行く先2016の続きを話していこうかと思います。前回は多様性という言葉のマジックという形で書きました。そこでは埋葬。埋蔵。収蔵という3つがベースにあり埋葬そのものはほぼ土葬と一致することから埋蔵収蔵の部分がさまざまなものが... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-11-17

お墓の相談で気が付いたこと inよこすか産業まつり その2

さて今回気が付いてことの2つ目について。 家族の定義 なんのこと?というタイトルではありますが、まず、ペットの家族化というところです。一緒に暮らしている方なら何を当たり前のことをというかもしれませんが、今回参考出品でペットのお墓を簡易に作って見せていきました。... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-11-08

お母さんの心得セミナーに参加する。 ここ大事!

イメージ

まず、お母さんの心得セミナーというものが突然1か月ほど前に飛び込んできました。きっかけは「建墓」というキーワードの流れで出てきたこのチラシの画像(笑)お母さんのほうの賢母でした。良材建墓というホームページを運営しているので時々「建墓」で見つかるほかのページなど... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-10-16

「お墓のみとり」というサービスを始めます。 

いま、「看取り」は時代のキーワードもちろんそれは「人」の部分なのですが。それに合わせ、身寄りのない方などの「看取り」の中で関連して問題になるお墓の部分に関して始めてみようということにしました。「お墓のみとり」みなさんはどう思うかはまだわかりませんが弊社の一つの... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-09-08

帰ってきていますので、おもてなし。

お盆ですね。7月の盆のところと8月の盆のところが混在しているこのヨコスカ今日は市営墓地に書類を出しに行きましたが事務所の方にきくと思いのほかお参りはいないということでした。出勤人数をふやしての対応だそうです。で、そこんところで考えると、いろいろと習わしはあります... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-07-13

塔婆は必ず いつ いつまで?

塔婆に関しての質問がありました。塔婆は命日・お彼岸・お盆に必ず上げなくてはいけないの?そしていつまで置いておいたらいいの?というものご自身が関係するお寺(夫婦両家の実家の寺)ごとにコメントが違う見解だったということで意見を求められました。盆(施餓鬼)と彼岸... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-05-29

繋ぐ事例 真宗会館のホームページより

真宗会館のページ内に仏事相談のページがありました。一番上の画像の中の大きな相談事2つに郷里のお寺を暮らしのそばにつなげたい。お寺のあるくらし。どちらも大切なことをされているなと感じます。とくに今、移動する社会において、依然にも造語をつくって記事にしたこともあ... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-05-11

お墓の解体と移動 1日コース

ゴールデンウィーク中に魂を抜いていただいたお墓の解体に本日は出向きました。その当日はご遺骨を出さないこともあり伺いませんでしたので今日受け入れ先で法要を午後からする予定となりましたので、午前中に出向きご遺骨の取り出しを行いました。埼玉は桶川へそして15時から足立... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-05-09

人口に見る日本の未来とお墓の将来

12.6%toいう数字が出てきた。全人口の約8分の1これが15歳以下の人口比率だそうだ。4000万人以上の先進国のなかで最低の数字である。ちなみに65才以上は27%という数字が。ニュースで耳にして書き留めてみた数字だから間違いはそれほどないと思う。さて日本は年金の部分でよく... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-05-05

家族のお墓だけど同じカロート内には入りたくないという選択

よく奥様が先代の夫婦と同じお墓になんか入りたくない!といわれることがあります。私は実家の両親と入りたい!さてその選択は少し前でしたら何を言っているのかというところでしたが、それがもとで熟年離婚まで考えてしまうような人もいるというご時世になりました。その辺はいろ... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-02-08

昨日の記事の続き 誤解のないように 宗派に関して

昨日の記事ではご主人の宗派を継承しなければいけないのかという部分ですが、あなたがすでに墓地を寺院に求めていた場合ですがこれは当然のことですがその墓地のある寺院の宗派、それがご主人の実家と同じ宗派でしたらそうすべきですし万が一違う宗派の寺院墓地を選択していたので... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-02-07

主人の宗派を継がなければいけないのですよね?

今日、こんな質問をいただきました。主人の宗派を継がなければいけないのですか?地域性や家族の歴史などを踏まえてしがらみなどがあればそうした方が良いですが基本的には自由な部分もあります。変えることがかなわなかったのは、江戸時代のお話です。でも守り続けれれるのが... 続きを読む

供養あれこれ 横須賀 石屋

2016-02-06

1件~15件(22件)

過去の15件

RSS
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える8

さて問題の第8話記事をみて・・・・・とにかく過去記事************************...

[ 供養あれこれ 横須賀 石屋 ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える7

さて振り返り記事シリーズも7回目昨日は「感じる」ことが出てきました。3年前どう考えていたのでしょう?...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える6

6話目です。あえて次を見ないで毎日昔の記事と向き合っていますがこの辺ほんとに無理に考えていたのでしょうね...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える5

9つとは言ったもののこの辺からの思考に苦労の爪痕が残っていますね。以下過去記事************...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える4

ややアクセス数が落ち気味のこのシリーズ今日はまだ4日目ですよ。さて恒例の過去記事*********...

[ 大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ