コラム一覧 :今、感じていること

1件~15件(261件)

過去の15件

SNSでお墓は売れるのか 講演 庵治ストーンフェア

昨夜の模様はおいおい写真が届いたらという事でタイトルは実際にはお墓とは書いてありませんでしたがSNSで石屋が何を売りたいかと言ったら、お墓ですどのように使っていったら売れるのかを今までの経験と現在進行中の実験をしているところでお話ししてきました。第14回庵治スト... 続きを読む

今、感じていること

2017-06-10

小さな石材店ができる事 勉強に行きました名古屋

昨日は一日名古屋でも外を歩いたのは併せて15分くらいしかないか?午前中は面談打ち合わせで、ドトールに。。。(地下鉄の出口から一番近い空いていた店)そして午後はセミナー参加(地下鉄駅の真上)でセミナー前にそのビルの中で「きしめん」(笑)小さな石屋ながらのコンパクトな... 続きを読む

今、感じていること

2017-05-23

ハッピーエンドフェスタin渋川に今年も

終活という言葉にはやはり取り組むというイメージがあり言葉は一般化したけどどこか壁がある。その中でハッピーエンドと銘打ったイベントは地域の祭りと根差した。中身は一緒なのかも知れないが気持ちの前向き感が違うのだと感じる。今年で5回目他の場所でやっていたこの名前... 続きを読む

今、感じていること

2017-05-20

落慶法要

本日は出入り先寺院での客殿の御披露目がありました。これを落慶法要というのですが一般の方にはなじみがないですね。いわいのお酒を買いに行ったときに熨斗に文字を書く方も初めて聞いたと言っていました。こうした一つ一つ聞きなれない言葉も敷居を高くしているのかもしれません... 続きを読む

今、感じていること

2017-05-06

5月は体調を崩す人が案外多い  かくいう私も

 周りでも体調を崩している人が多い 気候の問題ももちろんあるかと思いますがいま考えられるのは2月から続く花粉症などもあるかと思います。アレルギー薬を服用することが2か月程度続けば、普段とは違うので臓器に負担もかかっていると思います。私の場合はアレルギー薬を飲み始... 続きを読む

今、感じていること

2017-05-01

三浦薬師如来霊場 丁酉(ひのととり)年 大開帳

イメージ

 三浦薬師如来霊場 丁酉(ひのととり)年 大開帳 昨日より1か月にわたって始まりました三浦薬師如来霊場 丁酉年の大開帳弊社出入り先も入っておりますので応援しています。公式ページはこちら 続きを読む

今、感じていること

2017-04-29

姫路で記事作成とPCを持っての出張なので石問屋さんとのやり取りなどなど

イメージ

姫路での朝です。岡山で2日間の講師を終え、今度お墓の引っ越し案件がある姫路に昨日移動しました。姫路のお墓を遺骨とお墓のおパーツの一部を横須賀へ引っ越します。今回その作業にご協力いただく姫路市の「八田石材」さんの社長と夕方より打ち合わせとなり、そのまま姫路jに宿泊... 続きを読む

今、感じていること

2017-04-14

お墓建てから墓じまいまでの最短の事例 横須賀の石屋は見た!

 墓じまいって先祖代々のお墓を継承が続かなくなったからする・・・ 一般的な部分の一つに跡が続かなくなったから遠距離で大変だから、今の暮らしているところのそばにといった理由がほとんどです。そして前者の継承者が絶えるのは、決して子供がいないからだけではありません。... 続きを読む

今、感じていること

2017-03-04

お墓のリフォーム カロートを複数にしたい の事例

 カロート(納骨室)を自身の使用する墓地内にもう一つ 昨日の記事で墓地管理者の承諾という面が一番強いことがわかりました。もう一つ欲しいという方のはこんな事例あります。どうしても前の代の方と一緒には入りたくない。親子なのに家族なのに何を言っているの? 戸籍上... 続きを読む

今、感じていること

2017-03-01

成人の日に石屋さんが思うこと

毎年いわゆる学年でみんな一斉に成人を祝うわけですがだからお祭り騒ぎになるのも仕方ない間違いなく自分もその時をずっと前に過ごした一人だから。で、年をそれなりに過ごしてきて思うのはもっと自分なりにしっかりとした目標を持っていたらもっと面白かったかもということ。成人... 続きを読む

今、感じていること

2017-01-09

明けましておめでとうございます。2017年

読者の皆様。明けましておめでとうございます。さて、今年の目標を三が日にわたって伝えていきます。まず第一にお墓のみとりの事業化お墓のみとりの特徴はあなたが亡くなってからの墓じまいあなたが責任を持って、責任ある方に託す契約の仕組み。もともとご自身がしなければ... 続きを読む

今、感じていること

2017-01-01

墓石屋にとって試練の年の瀬 今年は世知辛い

今年年頭の石材組合の新年会でこんな話をしました。あと2年しっかりと今と同じ規模で仕事ができていれば生き残れると。実際に厳しいのは社員を抱えている会社であるということ。この年の瀬にきて組合内ではありませんが地域でお墓を扱う2社が自主廃業という道を選びました。まだ... 続きを読む

今、感じていること

2016-12-16

消費者向けセミナー ここには安心感と・・・・

昨日は日本エンディングサポート協会佐々木代表の講演が横須賀消費者センター主催であると聞き予約行ってまいりました。応募数は50席満席の予約ということでした。年齢層は30代から70代くらいの方がお見えになっており弊社で行うセミナーよりさすが公共のセミナーです、参加者が多い。... 続きを読む

今、感じていること

2016-12-14

墓じまいの悩み相談は受けております。 価格相談はおとといまでの記事でご確認ください

あくまでも解体費用の相談以外の部分でのご相談です。基本的にはメールにてお問い合わせいただきこちらから返信時にふそくじこうがあれば質問をします。情報を出していただけないものに関しては大まかなことしかお答えできません。大切なお墓をしまうにあたって、中途半端な情報ではお... 続きを読む

今、感じていること

2016-12-12

メリットは何ですか?

例えば、何かに入会するにしても、購入するにしてもほとんどの方が気にするところメリットそんな名前のシャンプーとかもありました昔のキャッチは「ふけかゆみに効く」メリット今考えれば効果は別としてドストレートです。さて、昨日久しぶりに業界の集まりの中でもメリッ... 続きを読む

今、感じていること

2016-11-23

1件~15件(261件)

過去の15件

RSS
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
本日は石材産業協会総会日なり  都内に行ってきます。

国内最大級の石材団体日本石材産業協会の本日は総会今年は東京です。昨年は別案件とぶつかり横浜開催...

[ 大切なこと ]

お墓のみとり 永代合葬墓に納骨したときのことでした

お墓のみとりを考えるきっかけになったのは・・・・寺院にある永代合葬墓に納骨したときのことでした。お...

[ お墓のみとり ]

お墓のみとり® 手を合わす場所をなくしてはいけない!

お墓のみとり®のテーマはずばり生活者が生きている間は少なからず手を合わす場所をなくしてはいけないさら...

[ お墓のみとり ]

お墓のみとりをお寺さんにはなしてみた。

今日は初めてお寺さんに対して資料を元に説明してみました。説明そのものは変な表現になってしまったところも...

[ お墓のみとり ]

お墓のみとり® 寺院向け資料作成中 お寺さんも巻き込みます

もちろんお寺さんには永代供養の仕組みがあるのでそれをフル活用していただければよいのですが、一緒に「お墓...

[ お墓のみとり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ