コラム

 公開日: 2013-02-24  最終更新日: 2014-07-17

海洋散骨体験クルーズ 当日002



お別れ会
出航のタイミングで船長からのご挨拶。
注意事項ののちにいよいよ出航。

京浜運河を下り海へ向かいます。

そして模擬ですが「お別れ会」の始まり。
黙祷ののちスタート
私が喪主役なのであいさつをしましたので写真がありません。
設定どおりの挨拶そして関係者あいさつと続きます。

献花

そして祭壇に献花
乗船者全員でユリの花を手向けました。
無宗教の設定でしたが自然にみなさん手を合わせていました。

散骨ポイント
船は進み外海へ、運河とは違い波もあります。
散骨スポット近くの羽田空港の着陸用の滑走路下で外のデッキへ

羽田沖

飛行機をましたから眺めるスリリングなスポット。
波はあるのになんとなくみなさんこの体験に揺れへの意識もなくなっていたようです。
これも上手な演出だなと感じました。
ほんとに5分おきにすぐ真上を通っていきます。

間もなく散骨

そして、少し場所をずらしいよいよ散骨スポットへ。
船の後部デッキにて
喪主がご遺骨(水溶性の紙に包まれた食塩・体験用)を運び参列者一人ひとりに手渡します。

散骨のシーンはまた明日

横浜横須賀の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで大橋石材


終活するならまず整えようは整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
そろそろ今年の振り返り 2017その5

お墓のみとりを始めるにあたり手を合わす場所をなくさないという1つのテーマに対し、実際既にお墓を壊すこ...

[ 大橋石材 重大ニュース ]

そろそろ今年の振り返り 2018その4

さて今年のメディアへの露出をまとめてみます。まずはコラムも書いておりましたテッパンの日本石材工業新聞...

[ 大橋石材 重大ニュース ]

日曜礼拝 じゃなくて日曜工場 明日も

四週連続日曜日は工場明日もお墓の彫刻ガンバンベ!年内あと4件

[ お墓を作ろう ]

そろそろ今年の振り返り 2018その3

やはりここでも記事が一番多かったであろうお墓のみとりⓇ実は一番最初に記事になったのは去年の9月最初は...

[ お墓のみとり ]

そろそろ今年の振り返り その2

日本石材工業新聞この1月からずっと月に1回コラムを書いてきました。本日12月分を納品しました。まちの石屋...

[ 記事掲載 石材 職人 神奈川 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ