コラム

 公開日: 2017-08-26  最終更新日: 2017-08-27

エンディング産業展 客観的に見た総括

いつもは来場者としてウロウロと歩きいろんな情報や人と話すのですが

何分今回は出展という事もあり、あまり客観的に見ることができなかった。

がしかし、Facebookのタイムラインは何と今回は思い切りそれぞれの評論にあふれているではないですか。

書かれている方の情報でいくつか特徴的に皆が感じていることは

めあたらしいものはそれほどなく、ただただ目を引くものなどが増えた。

相変わらず旧態依然として石屋さんはまだ石を売ろうとしているというような意見もそれなりに目立つ。

ここすごくわかる気もするけど引っかかりました。

石屋が石を売らないで見本市に何をだすの?



変な話石を売らなかったら石屋が出るところでもましてや冠の「ストーンショー」そのものがおかしいじゃない・・・

などなど突っ込みながら見ていました。

フューネラルビジネスフェアだと毎回冠のテーマがあるけどこちらにはなかったような気がします。

石を売ることが悪ではない


石を売ることそのものは悪ではないと思う。ただそのスタイルのお墓を買うには消費者が何をどう動けば買えるのかという提案もなく、小売りが扱うにしても、ハードだけの提案でソフトがないから、誰がどうやってこれを売り、それを使うのかはわからない。

登場人物は見えているのに解決策というかそれを使う人、使っていける人に響いてこないから見てもらえないんじゃないかと。

昨年のエンディング産業展の終わった後の記事で来年は「ストーンショー」が同時開催されるのに私は触れました。

大きなブースを会場のあちこちに作りお墓を並べる、そこだけ人通りが少なくなっていた。

「看板」をもらう事で一か所にまとめられ、人があまり行かないエリアを明確にされてしまっただけではないだろうかと。

その予想は結構あたっていたようで、ストーンショー方面はメディアすらあまり多くは入ってきてはいなかった。

お墓のみとりなんて時代逆行だ と言われた


時代に逆行する動きだと否定された

ただ否定されたことではっきり見えたことがある。

身寄りもなく「そろそろ片付けなさい」と言われ泣く泣くお墓をしまう方もいる。

その、お墓を大切にしている人、胸を痛めながら墓じまいをする人にうちの「お墓のみとり」だったら届けば、響けばいいだけ。

壊してしまったものはもとには戻らない、それこそ逆行できないのだ。

ちょっとうちの所の事を出してしまったが、要は、今消費者が必要としている解決策を表に出せばいいのに、そういったことは表には出さずに自分だけの仕事としてやろうとする。

もしくはその策を持っていない方も多くいたような気がする。

今年やっておくべきテーマは

テーマを持ってやるのであれば今回の出展は「解決」「異業種連携」があったと思う。

異業種連携なんて書くとわかりにくいが、要は自分の専門をちゃんとわかって、専門家としてお互い最高の仕事をして協力しあえれば良い。

もっと言えば同業も連携して、お互いを活用すればいいのだけど

まあ、おそらくちゃんと歩けませんでしたが、自己主張が強く、自分以外の所はわからないという事が多かったのかなと思います。
一つ一つ誰がその課題の専門家かわかっていればよくてきちんと送り出してあげられればいいのに

なんて思っています。

実施に説明を受けて歩いていないので正解はわかりませんが、毎日の開場前に人がいないブースを眺めながら感じたのは繋がりたいと思える出展者が少ないな~という事もありました。

ひとつ間違うと供養業界のエンディングが見えてきそう

まずは「生きている間は今まで手を合わせてきたお墓を壊したくない」という人に「お墓のみとり」としては声を掛けていかなくてはですね。

ちょっとまとまりのない話になってしまいました。

横浜横須賀の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで大橋石材


終活するならまず整えようは整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
お墓のみとりの案内活動 東京西部で活動してきました

今日は加盟店になっています石材店と今後検討をしたいという霊園にお邪魔してきました。霊園では普段なか...

[ お墓のみとり ]

いよいよ今週からカウントダウン 現場工事

さて、今年の工事の整理をしていました。民家のコンクリート工事 2件お墓の新規工事8件(カロートまででき...

[ お墓を作ろう ]

お墓女子って知っています?

お墓女子大阪の大阪石材工業さんに所属する女子社員から始まったのですが、とても良い活動だなと注目していま...

[ 大切なこと ]

週末は字彫り 営業 図面の作成

最近はなかなか平日に作業が進まないので、だからと言って自分が担当すべきことは終わらさないとね。という...

[ 大切なこと ]

記事掲載 エルダリープレス12月号 お墓のみとりについて
イメージ

シニアの快適生活を支える月刊紙「エルダリープレス」の12月号Web版はこちらからに今回はお墓のみとりの件...

[ 記事掲載 石材 職人 神奈川 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ