コラム

 公開日: 2016-09-10 

私が決めていいことなの? お墓のみとり

よくあるご相談です。

自分の実家のお墓と主人の実家のお墓両方守っています。

でも主人もなくなってしまい・・・

お墓を守っていくことはかないそうもない・・・

墓じまいっていうのがあるけれど主人の実家のお墓を私の判断で壊してよいものやら・・・

この場合一番最初に確認すべきはご実家のお墓という部分では「本家」であること

ご兄弟がある中でたまたまお墓を守る継承をしていたということであれば、必ず分家となるご兄弟にも確認してください。

なぜなら継承はしなくともご家族であってお参りしているお墓ですから。

まずそこが一番大事になります。

もしかしたら分家の方もまだお墓は持っておらず、しかもご先祖のお墓、守らずとも大事にしている場合があります。

相談をすることによってご主人は兄弟だから入れておいてもいいけどあなたはダメ!と引き受けるがあなたのことは引き受けないといった義兄弟もあったりします。

もし言われてショックもしれませんが想定していてください。

あなたがご主人の遺骨と一緒に眠りたいということであればあなたが墓地の契約者である段階で改葬の許可を取ってご遺骨を取り出しておいた方がよいかもしれません。

そのうえで前に進みだすことが必要かと思います。

まるく収まった場合はそれが一番良いことですが起こりうることは考えておくことがくじけずに進むことができるかと。

また、身内と言われる方がいない場合はあなたの責任でしかお墓に対する処理はできません。

今すぐがきつければ、法的根拠のある契約によってあなたの死後にその処理を負かすことが可能です。

弊社で考えるお墓のみとりはそのような悩みを持った方に利用できるものとして現在企画を進めています。

一人ひとりの墓じまい、すべてがパターンは違います。

少しでもあなたの希望に沿った形を作り上げようとしていますのでご相談ください。

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える9

アメブロからの過去記事持ち込み企画「供養」シリーズのラストです。まずは過去に何を書いていたか見てみま...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える8

さて問題の第8話記事をみて・・・・・とにかく過去記事************************...

[ 供養あれこれ 横須賀 石屋 ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える7

さて振り返り記事シリーズも7回目昨日は「感じる」ことが出てきました。3年前どう考えていたのでしょう?...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える6

6話目です。あえて次を見ないで毎日昔の記事と向き合っていますがこの辺ほんとに無理に考えていたのでしょうね...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える5

9つとは言ったもののこの辺からの思考に苦労の爪痕が残っていますね。以下過去記事************...

[ 大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ