コラム

 公開日: 2016-09-08 

「お墓のみとり」というサービスを始めます。 

いま、「看取り」は時代のキーワード

もちろんそれは「人」の部分なのですが。

それに合わせ、身寄りのない方などの「看取り」の中で関連して問題になるお墓の部分に関して始めてみようということにしました。

「お墓のみとり」

みなさんはどう思うかはまだわかりませんが弊社の一つのサービスの決意として商標登録の出願もしました。

「墓じまい」と何が違うか

単純に「墓じまい」のタイミングを本人の死後に契約をもって行うサービスとなります。

同じお墓に一緒に入りたくないという人もいますが大半は一緒に入りたい

でも最後の一人の方は、生きている間に「墓じまい」をしてしまえば、本来の意味でのお墓に一緒にがかないません。

1年から7年程度の時間的猶予を契約することによって、第3者(主に士業の方)と石材店が墓守として管理し、経過したものに関して責任をもって墓じまいするサービスです。

いつかはしなくてはいけない墓じまいですが、死後にということがなかなかできない現状を打破できる仕組みになればと思います。

いくつかの仕組みや契約の形を総称して「お墓のみとり」として今後お伝えしていきます。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ラジオ出演 四国の墓女と一緒に

先週までのお墓についての3回分が終了し今週からは2回にわたり今治のお墓女子二人と、今治のFM バリバリラジ...

[ 取材をしてみよう ]

拡がりは徐々に お墓のみとり

じわじわとですが加盟していただける方々増えています。そして仕事としてのお墓のみとりで対応できそうな方が...

[ お墓のみとり ]

読めない名字

たまに全く解読不明な名字との出会いがお墓にあります。お墓に彫ってある家名を見て興味がお墓だからずっ...

[ お墓を作ろう ]

講師活動 7月後半8月

7月20日 東京都江東区住吉 「ブルーオーシャンカフェ」14時~お墓のみとりとお墓のこと7月29日 横浜市金...

[ セミナー・イベント情報 横須賀 ]

あなたの家の家紋。どこかに残っていますか リ墓―ン

手を合わす場所をなくさないのが「お墓のみとりⓇ」なら手を合わしてきたものをなくさないのが「リ墓―ン」...

[ お墓のみとり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ