コラム

 公開日: 2016-05-28 

改めまして「整活」セミナー始めます 告知を含む

第1回整活セミナーはここから

ところで「整活」って何?ですよね。

終活に関するイベントを様々手掛けてきて感じていたことがあります。

それは参加者はもちろん終活に興味はあるのですが、イベントに来てみるとあまりに莫大にやることが眼前に提示されている。

もしくは予想外にやることが多くてどうしていいかわからずストップしてしまう人が多いこと。

エンディングノートしかりで買っては見たものの、また書き方セミナーに参加したものの書き上げているといひとは、非常に少ない。

この理由を突き止めていくと答はたった一つ

出てくる課題一つ一つに向き合う覚悟と何から始めていいか整理できていないからなのだと。

あれ2つでした(笑)

向き合う覚悟はイコール=わたしも必ず死ぬということ。

誰かが亡くなった時でさえ理解して飲み込むのに時間がかかります、それ以上に自分が死ぬとは思っていないこと。

あと10分後に亡くなることだってあるということをいくらいつか死ぬとはわかっていても10分後には死ぬこともあると思っていないということ。

もう一つはでは本気で自分の死に向き合った時、何から始めるべきか順序はエンディングノートの進むままではないということ。

一見整理をしながら進んでいるようなエンディングノートも制作した方の意図が入っておりその順序はいつも一緒ではないということ。

つまり整理する「脳」をまずは鍛えようということで第1回は整理収納アドバイザーにお願いしました。

普段の暮らしで整理する癖をつけることは物事の順序建てを考えるうえで有効ではないかと感じたからです。

第2回以降は私自身が思うところの順序が見えてくると思います。

まだ告知ページはできていませんが、テーマは「遺言」となります。

なぜ「遺言」が整活という突っ込みもあるかと思いますが、先に述べたように自らに「死」を一度理解する上では、エンディングノートより遺言だと思うからです。

それ以上の想いはまた後日語りたいと思います。

まずは気になりましたらご参加ください。

現在募集口数の半分が埋まりました。

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える9

アメブロからの過去記事持ち込み企画「供養」シリーズのラストです。まずは過去に何を書いていたか見てみま...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える8

さて問題の第8話記事をみて・・・・・とにかく過去記事************************...

[ 供養あれこれ 横須賀 石屋 ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える7

さて振り返り記事シリーズも7回目昨日は「感じる」ことが出てきました。3年前どう考えていたのでしょう?...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える6

6話目です。あえて次を見ないで毎日昔の記事と向き合っていますがこの辺ほんとに無理に考えていたのでしょうね...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える5

9つとは言ったもののこの辺からの思考に苦労の爪痕が残っていますね。以下過去記事************...

[ 大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ