コラム

 公開日: 2016-02-23 

お墓用語の基礎知識 改葬についてその2

昨日は改葬という言葉に注目してみました。

お墓からご遺骨を取り出し、新たな場所に納めること(葬ること)ということでした。

その説明の中で出てきたキーワード

「埋蔵」「収蔵」という言葉

実はこれとセットで「埋葬」という言葉があります

さてこの3つの言葉

ご遺骨をどうするのかというところがポイントです。

まずは「埋葬」

そう呼んで字のごとくなのですが埋めて葬るということ。

ここでポイントは死体のまま埋めて葬るものと考えてください、つまり「土葬」といわれるものがわかりやすいかもしれません。

そして似ているけれどちょっと違うのが「埋蔵」

墳墓いわゆるお墓の中に火葬したいわゆる「焼骨」を納めることと考えてください。

イメージとしては普通にお墓というものに遺骨を納めるのが「埋蔵」です。

合祀型の集合墓などもこちらの部類になると思います。

そして3つ目、今度は蔵が一緒です。

「収蔵」

某元テニスプレーヤーと同じ読み方で、遺骨の行先として今もっとも熱い(マスコミ的に)納骨手段です。

建物型の納骨堂など、遺骨をロッカーなどで安置する仕組みのものに収める、いわゆる単体のお墓(家族墓)以外にお骨を収めて安置しているものを収蔵と呼びます。

広い目で見れば自宅の押し入れに安置していても収蔵なのかもしれません。

で、見ていくといわゆる合祀合葬以外の散骨はどこにも属しません。

改葬の途中から流れが変わっているものであり、法的にまだ正確な判断のない部分です。

現状公序良俗に反しない限りは問題はありませんが。

明日は何度か触れていますが改葬に関する手続きについて書いてみます。

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
整えライフセミナーいよいよ今週7日に開催です。

さて、業界内で少し話題になってきた整えライフセミナー。今回は第五回葬儀社選びのポイントと慌てない心...

[ セミナー・イベント情報 横須賀 ]

お骨の行く先2016 海への散骨は今どうなんだろう?

さてさて今年は海洋散骨はどうだったのでしょう。私自身はお客様からの問い合わせでご紹介したのは1件だけでし...

[ お骨の行く先2016 ]

ことしの到達目標月間30000PV まだ未達 チャンスはラスト一か月
イメージ

私が記事を書いているページでは一番堅調に伸びているこのマイベストプロですが今年の目標は一度でも30...

[ 大切なこと ]

お骨の行く先2016 お墓が建たなくなっている?それでも選ばれる霊園とはいったい?

先週大阪に行って民間霊園も見学してきました。とても人気があるということでそのなぜを探りに。2件の霊園...

[ お骨の行く先2016 ]

お骨の行く先2016 多死社会と人口減少

日本の人口減少は昨年より始まっている。今後も減っていくのは間違いないそして何より年間の死亡人口は約1...

[ お骨の行く先2016 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ