コラム

 公開日: 2016-02-18 

これからの寺院のお墓スタイル考察

檀家制度があって、家族のお墓があった

お寺との関係檀家制度に縛られたくなくて家族のお墓を建てた(霊園)。

この辺のずれが多分ポイント

お寺さんにて先祖代々のお墓を護ることを習慣としてきたが

人の行き来や住む場所が変わる、子どもは都心に向かって帰ってくることもなさそう

そんな人の移動も含め一つ土地のお墓に縛られることがちょっと難しくなってきたのと並行して

民間霊園なるものが増え始め

こどもたちは家族の墓と称して、先祖代々とは別に新しい所帯のお墓をつくり始めた。

しかし先祖代々のお墓はどうするか、親が亡くなるまではそこにおいておいていつか改葬しよう

そんな流れがある。

でも今までの宗旨宗派などにこだわり寺院に墓地を求める方ももちろんいる

それは檀家という部分を含めて考える人と、とにかくその宗派でなくてはという人がいる。

この人たちが変な話、寺院墓地を求めることをあきらめることに直面したら。。。。

つまりこれからのお墓はこうした部分を軸に動き出すのだろう。

もちろん他の葬送方法お骨の行方は置いておいて、お墓という考えだけで行けば

個人のお墓、夫婦のお墓、核家族だけのお墓など細分化された墓地とお墓の提案があってしかるべきで、

檀家においてもお寺さんとの関係性とその宗派との複合的なフォローができる関係性がますます必要になると思う。

解決すべきは移動するのが当たり前の社会でお墓だけが定着できるのか?ということにある

宗派そのもので檀家を支えるような仕組み。

以前にも書いたが「移檀」なども含めて

お寺と墓地と檀家と生活基盤を見つめたうえで成り立つお墓スタイルが必要になると思う。

ちょっと想いのままを書いてみました。

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
お骨の行く先2016 海への散骨は今どうなんだろう?

さてさて今年は海洋散骨はどうだったのでしょう。私自身はお客様からの問い合わせでご紹介したのは1件だけでし...

[ お骨の行く先2016 ]

ことしの到達目標月間30000PV まだ未達 チャンスはラスト一か月
イメージ

私が記事を書いているページでは一番堅調に伸びているこのマイベストプロですが今年の目標は一度でも30...

[ 大切なこと ]

お骨の行く先2016 お墓が建たなくなっている?それでも選ばれる霊園とはいったい?

先週大阪に行って民間霊園も見学してきました。とても人気があるということでそのなぜを探りに。2件の霊園...

[ お骨の行く先2016 ]

お骨の行く先2016 多死社会と人口減少

日本の人口減少は昨年より始まっている。今後も減っていくのは間違いないそして何より年間の死亡人口は約1...

[ お骨の行く先2016 ]

低燃費住宅ですみかについて考える お墓もすみか

さて現世のすみかである家と来世の家である墓そこにヒントはないのだろうか?住宅業界の機能性の評価...

[ 大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ