コラム

 公開日: 2016-02-13 

国産材をどう売るの? 業界イベントでのディスカッションを拝聴して

石材業界の道工具のメーカーなどが集まって開催したストーンアシストというイベントがありました

その場所で国産墓石を今後どう販売していくか的なパネルディスカッションが行われていた。

国産材に力を入れてきている大手墓石販売店の考え方を聞く機会はなかなかない

さてそこではどんな話がなされたのか。

要約すると

研修

そう営業社員一人ひとりが国産材を扱うために産地で採掘・加工などを体験してくるというものだ。

大手だからできるんだよ!と思った石材店さんもあるかもしれない。

でもそもそも中国材を販売することになれすぎてしまって国産材のことを知らないという

平成育ちの石材店は当たり前に多い。

研修という名前になんとなく違和感を感じてうちにはできないではなく、

自分自身も率先して見聞きしていけば必然的に国産の石を扱うことの意味や楽しさが見えてくるとおもう。

と、今日は業界向けにもちょっと発信していますが、

一般の方にも聞いていただきたいのは、石の話をしてくれる、あなたの望む石の提案をしてくれる石材店にぜひめぐりあってくださいということです。

わたしはその部分を大切にしています。

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
お墓の解体、そのお墓の行く先は 横須賀市営墓地他

さて横須賀でも返還という名のお墓の解体がいよいよ始まろうとしています。昨夜石材組合がありましたが各社の...

[ 良くある質問 ]

墓地返還って何するの 横須賀市営墓地他

さて、横須賀市営墓地含めていまお墓の返還は結構多いです。改葬といったり墓じまいといったり表現するのも同...

[ 良くある質問 ]

横須賀市営墓地永代供養と墓地返還工事について

12月5日に開始された墓地保有で今回の永代供養施設に改葬希望のかたの受け付けは初日に定数を越える仮申し込みがあ...

[ 永代供養 神奈川 横須賀 ]

2017年春彼岸までに工事を進めたい方へ お墓工事

大量な輸入材ありきのお墓の石弊社では今年は36%ほど国内産国内加工他インド加工も20%程度ありまし...

[ お墓を作ろう ]

お骨の行く先2016 樹木葬はどんなふうになってきているのか

数年前、都営霊園で騒ぎになった樹林墓というのがありました。抽選の場面がニュースで踊るあのあたりから...

[ お骨の行く先2016 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ