コラム

 公開日: 2016-02-08 

家族のお墓だけど同じカロート内には入りたくないという選択

よく奥様が先代の夫婦と同じお墓になんか入りたくない!

といわれることがあります。

私は実家の両親と入りたい!

さてその選択は少し前でしたら何を言っているのかというところでしたが、それがもとで熟年離婚まで考えてしまうような人もいるというご時世になりました。

その辺はいろいろとできないこともないのかな?というところにまで来ていますが

では男性が、ご自身の家族とは絶対に入りたくないといわれた場合どうするのか。

あくまでも同じ墓地内で解決を図る方向は小手先の部分ではありますが工夫はできます。

カロートの二分割といったこと。

並列で作るか直列(縦列)に作るかは墓地のスペース次第ということになりますが、直列の場合は墓石が共同使用になります。

そこをどう考えるかですね。

広い墓地であればもう一基、敷地内に建ててしまえば丸く収まりますが

それでも無理といった場合はお墓を別の場所に作らなければということになります。

どちらにしても、そのあとの方がどのようにお墓の面倒を見ていくか?というのが一番大事です。

横浜横須賀の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで大橋石材


終活するならまず整えようは整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
今年初九州(笑)博多は遠かった

お墓のみとりの説明会に博多に台風の影響で欠航という事態からの三時間遅れで行動しています。この後...

[ お墓のみとり ]

福岡 福山 大阪に立ち寄ります

今回はお墓のみとり九州説明会24日鳴本石材秋の展示会25日 大阪は午前10時まで滞在していますのでそのタ...

[ お墓のみとり ]

台風が来そうです 台風一過はお墓参り

特に沿岸部の皆さんにお知らせです台風は潮風を運んできます。クルマや家の窓ガラスも潮まみれになります...

[ レッツ!お墓まいり! ]

お墓はやっぱり深刻な悩み お墓のみとり

今日はすでにお墓を片付けることを決意している方とのお話し片付けることはできるがご自身のことがなかなか決...

[ お墓のみとり ]

お墓のみとり こんなプランも リ墓ーン

お墓のみとりのテーマは手を合わす場所をなくさない。だからもしもお墓をどうしても生きている間にしまわなけ...

[ リ墓―ン お墓のリメイク・再生・手元供養 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ