コラム

 公開日: 2015-03-20 

お墓をつくろう 国別色分類 中国2

今日は昨日の予告通り中国産の赤・ピンク・グレー・黒について

中国の場合赤というのがまず、赤というほど濃くないというのが実態です

中国マホガニー 最近でも入荷はしますが以前ほどの赤い発色が少なくなりました。赤ですと言い切れないのが弱み
三侠紅     こちらはマホガニーほど石目は細かくはなく、赤を薄めた感じでピンクに近づいて行っている感じのする石。以前は青雲紅という石と分けられていて石の色合いが若干違っていましたが、今はどちらの名前でも一緒のような感があります。

ピンク系  
G663 こちらがピンク系の代表的な石。霊園で桃色というかピンク色を見つけると対外この石です。最近は採掘が止まっているとのこと。今後値上がりしていくと思います。
G635 663よりも石目の大きな石です。色合いとしてはそれほど変わらない印象

グレー系
河北山崎 一時期霊園の墓石の石種ランキングでずっと上位を確保するも、採掘が不安定になり価格高騰、石目が2種類ありその時取れている石という流れになり、最近ではやや落ち目になってきている。現在はまた原石を持っている商社も増えてきている。現在の石を取り寄せていないので私的には勧めていません。
中国山﨑 こちらも国産の山崎石に似ている石として一時期人気がありましたが原石が枯渇して今では大きなものが取れなくなり、小物類の加工などしか流通していないといったところです

黒系 
山西黒 中国産の黒御影としてとても人気がありましたが、原石によっては錆のつよいものもあり茶色く変色するなど結構トラブルもあった石でしたが、現在は錆の出やすい石だけになってしまったのかいつの間にかほぼ見受けられなくなりました。

北大青 黒系の石ではありますがはっきりとした柄があります。値上がりはしていますが現在のところ安定している石の一つです。黒手青手の2種類あり、販社によっては北大黒という名前で分けて販売しているところもあります。青の方がどちらかというと明るいイメージがあります。

以上、代表的な中国石でした。

明日はインドに行ってみよう!

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ことしの到達目標月間30000PV まだ未達 チャンスはラスト一か月
イメージ

私が記事を書いているページでは一番堅調に伸びているこのマイベストプロですが今年の目標は一度でも30...

[ 大切なこと ]

お骨の行く先2016 お墓が建たなくなっている?それでも選ばれる霊園とはいったい?

先週大阪に行って民間霊園も見学してきました。とても人気があるということでそのなぜを探りに。2件の霊園...

[ お骨の行く先2016 ]

お骨の行く先2016 多死社会と人口減少

日本の人口減少は昨年より始まっている。今後も減っていくのは間違いないそして何より年間の死亡人口は約1...

[ お骨の行く先2016 ]

低燃費住宅ですみかについて考える お墓もすみか

さて現世のすみかである家と来世の家である墓そこにヒントはないのだろうか?住宅業界の機能性の評価...

[ 大切なこと ]

お骨の行く先2016 樹木葬はどう?

お骨の行く先のひとつとして注目される樹木葬実態はまだまだ謎に包まれています。樹木ありきでの埋蔵手段...

[ お骨の行く先2016 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ