コラム

 公開日: 2015-02-19 

お墓をつくろう 塔婆立に金物を使った方がいいの?

塔婆立さまざまなタイプがあります。

すべて石のものもあれば金物オンリータイプも

現在素材としてはステンレスやアルミが金物としては多いです。

鉄製のものはあまり見なくなりました。

錆びるし錆がおちて石にシミをつくるから。

ではステンレスはどうでしょう。

そのものの純度もあるのかもしれませんし溶接のときに何らかの原因で付着して表面に鉄分があったりすると点々と錆びます。
錆びないのが原則ですがそういったものも見受けられるということになります。

ただ、鉄のように大規模には錆びないので染みを作るなどといった状態にはなかなかならないでしょう。

でアルミ。

これもサビとかは無縁かなと思うとそうでもなく、腐食することは十分にある素材だそうです。

細かいところはわかりませんが化学変化によって腐食は起こるそうです。

つまり、どんな素材もいつかは朽ちるのですね。

石素材であっても少しずつ劣化は進みます。

スペースや、全体のイメージなども含め複合的に考えるのも良いかもしれませんね。

ちなみに石素材だけで作るのが一番場所は取ります(笑)

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える5

9つとは言ったもののこの辺からの思考に苦労の爪痕が残っていますね。以下過去記事************...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える4

ややアクセス数が落ち気味のこのシリーズ今日はまだ4日目ですよ。さて恒例の過去記事*********...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える3

3年前アメブロに書いた記事を今の自分と照らし合わせて読み返している「供養=九養」のシリーズ3回目です。ま...

[ 大切なこと ]

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える2

さて3年前の供養=九養の2つ目は何を持ってきていたのでしょう以下原文ハードルを上げてしまった第2回。...

[ 供養あれこれ 横須賀 石屋 ]

「供養」を今一度考える 以前アメブロで書いた記事を見直します。

以前アメブロに「供養」=「九養」で養われるものが九つあるのではそういった記事を書いていたことがあります...

[ 供養あれこれ 横須賀 石屋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ