コラム

 公開日: 2014-06-11 

墓守って何だろう

墓守という言葉があります。

いくつかの意味があるのかと思います。

親族でお墓を継承した人。

委託されてお墓を管理維持している人。

墓地全体を管理してお墓を守っている人。

この辺が基本的な部分。

石材店もその中で活躍しています。

でも石材店の立場から見ればもう一つの墓守があるのかな?

そうお墓を建てさせていただいた方たちとつながりお墓のメンテナンスなどを含め一緒に見守っていくこと。

たいていの人はお墓との関係は、非日常に近いところにあります。

もちろん毎日お参りに行かれる方もおりますが。

ですから、お墓を建てて20年が経ってもそれほどお墓には足を運んでおらず、久しぶりに行くとお墓が突然変化したように見える方も多いのです。

こんなにコケはついていなかった!
目地が取れている!

過去にですが、うちの隣に許可なくお墓がたったと通路はうちのものだという方もありました。

経年変化するのは当たり前なのですが、非日常となっている方には突然変化したように思われるようです。

そのようなことを含め、墓地墓域の変化にはじまりお客様のお墓の変化もこれからはよりしっかり見ていくのも仕事なのだと感じています。

売りっぱなしといわれないように、石屋だから。

この記事を書いたプロ

株式会社大橋石材店 [ホームページ]

葬儀 大橋理宏

神奈川県横須賀市平作1-12-10 工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11 [地図]
TEL:046-852-3970

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
お墓関連 終活関連の本はいろいろ弊社にあります 。そしてその変化が気になる。

そもそも6年前から動いている終活としての動きに伴い専門家や売れている本は何を語っているのかという部分もあ...

[ 終活・エンディング 横須賀 ]

整えライフセミナー過去講師の書籍 一部販売しております。
イメージ

弊社では「整えライフセミナー」として昨年よりセミナー事業を行っています。今まで6名の方に登壇いただき...

[ 取引先 ]

同業たらればオヤジ 横須賀の石屋の独り言

質問するこっちが悪いのか、答えるあなたが悪いのか?最近は同業の方に質問を投げることがあります。業界...

[ 大切なこと ]

セミナーをするとお客様に出会える

最近また御呼ばれで消費者向けセミナーに伺うようになりました。石材店が講師とわかっていてもお客様とは出会...

[ 大切なこと ]

お墓のセミナーの依頼があり打ち合わせをしました。 

以前横須賀で新聞の専売所をやっていた方が現在横浜でやっており、その方からの依頼でお客様向け終活セミ...

[ お墓コンサルタント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ