コラム一覧

1件~15件(1,601件)

過去の15件

小さな石材店ができる事 勉強に行きました名古屋

昨日は一日名古屋でも外を歩いたのは併せて15分くらいしかないか?午前中は面談打ち合わせで、ドトールに。。。(地下鉄の出口から一番近い空いていた店)そして午後はセミナー参加(地下鉄駅の真上)でセミナー前にそのビルの中で「きしめん」(笑)小さな石屋ながらのコンパクトな... 続きを読む

今、感じていること

2017-05-23

お墓のみとり あなたの死後一定期間墓守します

いよいよ今週から参加希望の事業者説明を開始来月19日にはサービス開始できるように準備も進めています。お墓のみとりって?墓じまいのは必要性のあるあなたが、亡くなったあと納骨墓地管理といった墓守を一定期間行い、期間満了後に墓じまいをする仕組みです。ご家族と少しでも一緒... 続きを読む

お墓のみとり

2017-05-22

石の使い方をもっと提案しなくちゃね! 横須賀 石の加工

 お客様の中でお医者様はいませんか? こんな場面直接見たり聞いたり、もしくはテレビで見たりなんてことありますよね。今回弊社のFacebookページで読者の中で書道家の方はいらっしゃいませんか?という呼びかけをしてみました。稲井石という板材が弊社にあり活用法をちょっ... 続きを読む

大切なこと

2017-05-21

ハッピーエンドフェスタin渋川に今年も

終活という言葉にはやはり取り組むというイメージがあり言葉は一般化したけどどこか壁がある。その中でハッピーエンドと銘打ったイベントは地域の祭りと根差した。中身は一緒なのかも知れないが気持ちの前向き感が違うのだと感じる。今年で5回目他の場所でやっていたこの名前... 続きを読む

今、感じていること

2017-05-20

手元供養 注意が必要? 横須賀 手元供養

とてもしっかりとしたまとまった記事があったのでまずシェアします墓地研究会結構、手元供養はいろんな要素を含んでいますね。実際に弊社のお客さまでも自宅(ご実家)の庭に骨壺のまま半年間埋めていたという方がいました。お墓を作るまでの期間、そうしていたというのですが、... 続きを読む

お骨の行く先

2017-05-19

建設フェスタ 今年も横須賀石材工業組合にて出店します

毎年恒例となっている石材組合としての出店建設フェスタ今年は6月4日です。いつもと同じソレイユの丘で開催なんと今年はカレーフェスタとバッティングかなりの人を奪われそうです。カレーフェスタは6月3日4日に三笠公園で行われるので是非3日にカレーフェスティバル... 続きを読む

セミナー・イベント情報 横須賀

2017-05-18

一生の話 おとといの記事の補足 横須賀の石屋の独り言

おとといの記事はこちら人の一生は今生きている半分と、亡くなってからの半分(後生)をたして一生となるという日本の民俗学的な考えからすると例えば33回忌まで供養をして家族をまもってくれる存在になるということ。これがもう家族はあなた一人しかいないから「墓じまい」を先行... 続きを読む

大切なこと

2017-05-17

樹木葬 あれこれ 横須賀

最近話題の樹木葬あなたはどんなものを想像しますか?テーマの樹木がある樹木に囲まれているあなただけの樹木があるおそらく消費者の目線はそちらに向きがちです。イメージ先行では足元を見てみると(いわゆるお骨を入れるスパース)家族収納型(複数体4体ぐら... 続きを読む

お骨の行く先

2017-05-16

遺骨を納めることが大事か?石のお墓が大事か?

遺骨を納めることが大事か、石のお墓が大事か?これって似ていてまるで違います。納める事だけを目的としていればお墓とは名前がついていても誰が入っているかもわかないものまで介在します。では石のお墓は?もちろん遺骨を納める場所ですが、石のお墓は人それぞれの先祖をお祀り... 続きを読む

大切なこと

2017-05-15

お墓のみとり 石材業以外の方への説明会は6月12日以降に設定します。 ただし・・・

お墓のみとりの説明会石材業は2回、東京と高松で開催しますが他の業種は?という問い合わせが来ておりますので。現状石材業の方は可なり広範囲での問い合わせが来ておりますが、士業などの問い合わせは関東圏関西圏のみからの問い合わせとなっておりそれほど多くはありません。設定... 続きを読む

お墓のみとり

2017-05-14

日本石材工業新聞コラム まちの石屋だからできる 

本年1月より業界紙日本石材工業新聞のコラム まちの石屋だからできる当然といえば当然ですが、業界内で反響もあります。そもそも地域にのみ活動拠点のある石屋があれこれとやるというのはどうなの?でも、何かできそうなこともあるんじゃないか?という視点で見てくれている方... 続きを読む

大切なこと

2017-05-13

お墓のみとり 第1回事業者説明会 満席のお知らせ

イメージ

5月26日に設定しましたお墓のみとりの事業者説明会20席募集のところ定員オーバーのぎりぎりまで入れまして24席が満席となりました。少子高齢多死社会の現代の墓守サービスに注目が集まっているようです。メディアの方の入れるスペースを若干用意しています。08055268343 大橋... 続きを読む

お墓のみとり

2017-05-12

教えてあげるとこどもはちゃんとできる

箸とお茶碗とお椀の置き方って知っていますか。和の国、日本の文化です。こちらの記事を参考にそうなんです。箸は先が左向きお茶碗は向かって左、お椀が右が正解です。案外、ファーストフードの牛丼屋さんなんかはしっかり出してきます。意味が解らなくてもマニュ... 続きを読む

ぜひここを確認してみてください。

2017-05-11

墓誌が必要な状態に 

イメージ

先祖代々のお墓既に戒名などを追加彫りするスペースなしもしくは石が劣化して彫れる状態ではない。そんな時にお役立ちなのは墓誌の追加今のお墓は小規模化してそれも許されるスペースがなかったりします。墓誌ならいけるという方ご連絡ください。弊社豊富に墓誌は持っ... 続きを読む

お墓を作ろう

2017-05-10

Pet墓の取り扱い始めています 横須賀

イメージ

本日もPetcoti について少々形に関してはどのくらいあるのか?外に置けるの、室内向きなの?という話声が聞こえてきたので。まずカタチですが現在弊社でサンプルとして持っているのが5種類それ以外に3種類ほどでているかと。石材の種類もあるのでそれを変えればパターンはさ... 続きを読む

ペットのお墓

2017-05-09

1件~15件(1,601件)

過去の15件

RSS
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
小さな石材店ができる事 勉強に行きました名古屋

昨日は一日名古屋でも外を歩いたのは併せて15分くらいしかないか?午前中は面談打ち合わせで、ドトールに...

[ 今、感じていること ]

お墓のみとり あなたの死後一定期間墓守します

いよいよ今週から参加希望の事業者説明を開始来月19日にはサービス開始できるように準備も進めています。お...

[ お墓のみとり ]

石の使い方をもっと提案しなくちゃね! 横須賀 石の加工

 お客様の中でお医者様はいませんか? こんな場面直接見たり聞いたり、もしくはテレビで見たりなんてことあ...

[ 大切なこと ]

ハッピーエンドフェスタin渋川に今年も

終活という言葉にはやはり取り組むというイメージがあり言葉は一般化したけどどこか壁がある。その中でハ...

[ 今、感じていること ]

手元供養 注意が必要? 横須賀 手元供養

とてもしっかりとしたまとまった記事があったのでまずシェアします墓地研究会結構、手元供養はいろんな要...

[ お骨の行く先 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ