コラム

 公開日: 2016-02-07 

老後の生活に備える貧困リスク

ファイナンシャルプラン相談で老後の生活費相談を受けたことがある。

“生活困窮者自立支援法“これは生活保護の要件を満たしているわけではないが経済的に困り生活を維持することができなくなるおそれのある生活困窮者を支援するために制定されたもので、国や自治体でも支援制度の充実が図られている。

しかし、30代には老後の事は実感としてない!子育てに手いっぱいで老後の心配は後回し!という気持ちが本音だろう。また単身者の場合は男性に比べ女性のほうが比較的早い段階から老後の準備をしているという傾向がある。単身男性はこの準備不足で定年退職後の急な生活の変化に対応出来ずにうつ病になりマンションを売却し賃貸生活となり益々不安が大きくなり心身の健康状態が崩れ60代でマンションを売却し残債の余剰金で介護ホーム入ってしまったというケースがあった。(単身で厚生年金を毎月14万円受給しているが、住宅ローン残債が残っており生活費として使えるのは約5万円程度!となりやむを得ないと考え売却してしまったケースである)

40・50代で増加する老後の不安(貧困リスク)は正規労働者で安定した収入があり将来の公的年金も比較的手厚い企業に勤める人々も経済的不安を強く感じている。

40代後半になると年収は頭打ちとなるため、思うほどの年金額にはならない。この年金で生活していけるのか?・・・今後の見通しは年金額の引き下げや受給開始年齢の引き上げが想定される。よって、退職後から年金受取時までの生活費用を少なくとも確保する必要がある。

これらの対策として、自身の定年時の退職金の額を把握し、中途退職した場合の年金は受け取れるのか会社の規定を再確認しておくべきであろう。場合によっては、後数年で定年退職なのにやむを得ない事情により退職せざるを得なくなった場合の退職金はゼロ!(定年まで勤務の場合は退職金が受給できるが)という企業も実在する。通常、企業は将来支払が発生する各社員への年金予算を別会計で貯蓄・運用している。この運用方法を担当部署に確認しておくのも良いだろう。

対策の一例として、早期退職して退職金を受け取り定年後の減収による準備を早期に行うという思い切った方向転換もあるだろう。(Iターン・Uターンを活用するなど)しかし、現実は現在の年収を維持するため定年まで勤務し、退職後の再就職の見通しを付ける。どちらにしてもいずれは年収が確実に下がる。充分な預貯金の準備がなければ、働き続けなければならない。また60代以降も心身ともに健康であれば働き続けたいと考える人は少なくない。

また、退職後の準備として勤務しながら年齢に関係なく取得できる資格の専門学校に通うという人もいる。具体的には、税理士・行政書士・介護福祉士・社会保険労務士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーなどが多いがこれらを収入に繋げるには、これまでの経験・知識・人脈が役に立つ。また、このような準備から継続雇用・転職あるいは起業などの選択肢が広がる。

 少しでも早い段階で将来の自分自身と真剣に向き合って見る。生涯は計画通りにはいかないものであるが、将来への希望を持ち不安を解決できる糸口も見えよう。

この記事を書いたプロ

オフィス二階堂 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 二階堂敬子

神奈川県川崎市 東京事務所もございますので、お気軽にお問い合わせください [地図]
TEL:03-6277-9818

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
住宅ローンと保険の両方に精通したモーゲージプランナー、二階堂敬子(にかいどうけいこ)さん

生涯設計を考えた不動産提案を行うファイナンシャルプランナー(1/3)

 「不動産の購入では、残念なことに間違った考え方をしている人が見受けられます」と語るのは、オフィス二階堂の二階堂敬子さん。生涯設計を考えた不動産提案を行うファイナンシャルプランナーです。 「不動産の選定においては、まず現在の自分に金融機...

二階堂敬子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産売買に係る様々な心配を窓口一つで解決します

事務所名 : オフィス二階堂
住所 : 神奈川県川崎市 [地図]
東京事務所もございますので、お気軽にお問い合わせください
TEL : 03-6277-9818

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6277-9818

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

二階堂敬子(にかいどうけいこ)

オフィス二階堂

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
■相続手続き中に新たな相続が起きてもあわてない!「数次相続」
イメージ

■相続手続き中に新たな相続が起きてもあわてない!「数次相続」相続手続き中に、相続人の誰かが亡くなり二次相...

[ ]

■投資物件はどのように管理して行けば良いか。
イメージ

投資物件は、年々増加している。特に、築年数が経過した20㎡~30㎡前後の物件が目立つ。物によっては、築年数...

[ 不動産市場 ]

■住宅ローン減税における不動産の面積と耐震基準について
イメージ

住宅ローン減税を利用する時は確認しよう!(面積と耐震性)◇面積の要件は50㎡以上 これは、不動産登記...

[ 住宅ローン減税 ]

■住宅ローンの一律化で審査が緩和されるか!
イメージ

◆住宅ローンの審査は、数年毎に変化しています。  オプションサービスについては、月単位で変わります。一...

[ 住宅ローン ]

■築数十年経過した戸建ての不安
イメージ

■築数十年経過した戸建ての不安建て替えか、売却かを検討していたが、子供の家族と二世帯住宅を新築し同居した。...

[ 不動産の隠れた心配 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ