コラム

2016-08-03

外壁塗装の断熱塗装をする際のメリット・デメリット!



今回は断熱塗料使って外壁塗装、屋根塗装、内壁塗装塗った時のメリット・デメリットについて書きます。

断熱塗料のですがそれは遮熱塗料同様建物自体を太陽光の熱から守る為の塗料です。よく家を建てたりする時に断熱材などと言う言葉を聞きます。これを塗料に応用したものです。

目次

メリット

1-1断熱効果                                                          1-2結露軽減                                                          1-3遮音、防音                                                           1-4空気質改善

デメリット

2-1塗料の種類が少ない                                                   2-2艶ありが無い                                                        2-3色が限られている                                                     2-4急激な温度変化に弱い                                                 2-5技術が必要

1-1断熱効果について

断熱塗料の最大のメリットは断つ熱と書いてあるように熱を遮り、夏は涼しく、冬は中の熱が外へ逃げないにくくなる為部屋の中が暖かく過ごせるようになります。

断熱塗料自体は太陽光から受ける熱を塗膜ないにある中空バルーンが中へ伝わりにくくしている役割がある事で家の中は涼しくなるし冬は暖かいと言う事になります。

一番有名な断熱塗料であるのが、日進産業さんのガイナと言った断熱塗料です。

ガイナが採用しているセラミックスが球体みたいになっていて中が空洞になっている物で、この空洞になっている所で熱を反射させ、次のセラミックへ熱が空洞を通って伝わります。これを繰り返す事で熱が冷めて行くわけです。

中は涼しくなるし冬は暖かいと言う事になります。

1-2結露軽減

断熱塗料を塗ると熱の移動が無くなります。

普通暖かい熱は冷たい方へ熱が移動する修正があります。この時、熱が移動する際ガラスや内壁に結露が起きてしまいます。仮に断熱塗料を借りに内壁などに塗った時は、冬などは暖房を使うので部屋全体が外気より暖かくなります。この時すでに中の暖かい熱は外の冷たい外気へと移動をしようとするのでこの時に結露が起きてしまいます。断熱塗料を塗る事で熱の移動が少なくなるので、結果結露が軽減する傾向があります。

壁紙が張って有っても壁紙の上から日進産業が出すガイナは塗れるので大きい工事にはなりません。

1-3遮音、防音

断熱塗料ガイナの断熱効果だけでは無く付帯効果ありその一つとして遮音、防音になります。

これも断熱効果をもたらす時に説明のあった採用されているセラミックスによる物で空洞になっている中を音の振動が通りそれを繰り返してるうちに軽減される仕組みになっています。

1-4空気の空気質改善

空気中にあるホコリやなどは静電気で空気中を浮遊している為、壁、天井などに付着します。

タバコの臭いになる成分も煙とともに浮遊しそれが壁、天井について臭いを発生してしまう原因になります。

ショッピングモールの中にある喫煙所なんかの壁などに大量に臭いが染みついてます。

喫煙者が入っても嫌な臭いがするくらいです。

断熱塗料ガイナはそれが壁や天井に着く前にマイナスイオンがタバコの臭いの元などに付着して下に落とす効果がある為、臭いやホコリなどが無くなり空気の環境が良くなる。



外壁塗装で断熱塗料を使用される前に知っておきたいデメリットについてです。

2-1塗料の種類が少ない

断熱塗料のデメリットですが、まず最初に断熱塗料と呼ばれている塗料を販売している企業が少なく塗り替えるとしても他の塗料みたいに豊富な種類の中から選ぶ事が出来ません。

ちなみに断熱塗料とうたっているのは日進産業のガイナとキルコートジャパンのキルコートぐらいです。

2-2艶ありが無い

それに加え断熱塗料と呼ばれている塗料の大半が艶が無いマット仕上げになります。艶がありが好きな方はあまりお勧めできませんが、艶がないマットな仕上げが好きな方や家自体が元々艶のない外壁だったりする方にはお勧めします。家全体が落ち着く印象があります。

2-3色が限られている

色の種類は豊富だが基本的には色が薄い物などが多くどうしても濃い色が選べないと言ったデメリットもあり日の当たり方によっては薄く感じてしまう事もあったりすることと、価格の方も通常のシリコン塗料よりは金額も高価になってしまいますが、フッ素ほどでは無いです。

2-4急激な温度変化に弱い

断熱塗料は太陽光からの熱を中空部分の空気層に溜める性質がある為、熱だまりがおき効率よく熱を排出

きませんし、この中空バルーンは急激な温度変化ににももろく一度壊れてしますと断熱効果は無くなってしまいます。夏の時期などで温められた屋根などにゲリラ豪雨などが降って屋根自体の温度が変化してしまうと壊れやすいと言った特徴があります。
但し室内の内壁などに塗れば急激な温度変化はないので、断熱塗料の効果は発揮してくれると思います。

2-5技術が必要

それと断熱塗料は基本的にある程度の塗膜の厚さが付かなければ断熱効果も軽減してしまいます。それに使われているセラミックスが中空バルーンで、セラミックスの大きさがでかい為、表面がザラザラした感じになってしまいます。普通の塗料みたいにツルっとした感じはありません。

こないだ内壁を断熱塗料で塗りましたが、とても乾くのが早く素早く均等に塗って来ないと結構ムラになりやすい感じがしましたのである程度の技術が必要になって来ます。ぜひ断熱塗料を検討されている方は業者さんの技術の良し悪しではせっかく塗ってもムラムラになってしまっては汚く見えてしまうので慎重に決めなければなりません。

まとめ

塗料の良い所・悪い所はすべての塗料に共通します。材料を選ぶ時は、しっかりメリット・デメリットを把握してから自分の求めている物を選びましょう。

分からなければ業者に聞いて見てちゃんと説明できるかを見るのも失敗しない塗り替えが出来るコツにもなります。

この記事を書いたプロ

有限会社ニュータイト工業 [[[ホームページ http://www.newtight.com ]]]

職人 村越洋

神奈川県平塚市公所431-3 [地図]
TEL:0120-774-313

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
有限会社ニュータイト工業の村越洋さん

お客様の大切な家を塗装で守る。親子3代、家族経営の塗装店(1/3)

幼い頃より平塚に住み、塗装職人だった父の背中を見て育ち、ごく自然に後を継いだ「有限会社ニュータイト工業」代表取締役の村越洋さん。尊敬する父の元で17歳から修業し、塗装一筋30年以上、地元平塚を中心に活躍しています。村越さんのモットーは「お客...

村越洋プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

丁寧確実施工、手厚いアフターフォロー、家族経営の技術礼儀継承

会社名 : 有限会社ニュータイト工業
住所 : 神奈川県平塚市公所431-3 [地図]
TEL : 0120-774-313

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-774-313

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越洋(むらこしひろし)

有限会社ニュータイト工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
外壁塗装のトラブル

今回は、外壁塗装のトラブルと回避方法を紹介します。実は、外壁工事事態のトラブルに加え、破損や傷によるト...

外壁塗装工事ってどのくらいかかるの?

住宅の外壁塗装は5年から10年に1回の頻度で行う必要のある工事です。 塗装が劣化したままの状態ですと、美観上の...

お部屋の温度を下げるには!

住まいを快適なものにするために気にしておきたいことといえば室温です。 室温によって過ごしやすさというのはか...

正しいハシゴの使い方!

はしごは各家庭にもある場合が多いですが、実際に使う場面と言えば家の中で電気を取り替えたりする場合や背よりも...

屋根塗装について!

屋根塗装にでも大切な物!以前屋根塗装でお客様から言われた事なのですが、「屋根塗装を考えているのだけど足...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ