コラム

 公開日: 2014-04-20  最終更新日: 2014-05-26

こぼれ話 「はじめの一歩」

私の母は、83歳になるが一人暮らしをしている。
頭はしっかりしているが、体力の方は、胃を全摘したこともあり、めっきり衰え、
運動は、リハビリを兼ねて、週に2回ほど近所に買い物に出かける程度である。
そんな母が、お盆になって急に、
「若住職に挨拶にいきたい」
と言い出したため、私が連れて行く事になった。
リハビリにもなるし、たまには電車もいいだろうと電車で行く事にした。

しかし、乗り換えの横浜駅まで来ると、人通りも多いので、
歩みがのろくてよろける母を一人では歩かせられない。
母が「シャツに捕まらせて」というので、
「いいよ、手をつないで歩こう」といって左手を差し出し、母の手を握った。

一瞬、気恥ずかしさがあったが、
同時に、最後に母の手を握ったのは何時だったのかさっぱり思いだせない自分に無茶苦茶驚いた。
小学校高学年以降に「母の手を握りながら一緒に歩く」などという恥ずかしいことをしたはずがないし、
となると、いったい、最後に手をつないで歩いたのはいつだったんだろう・・・?

寺についてからも、墓までの階段の上り下りも含め、移動の間はずっと母の手を握っていた。
若住職への挨拶を終えて、母の手を握りながら、寺の門の敷居をまたいだときに、急に、
そうかっ!自分は、介護の「はじめの一歩」を明らかに踏み出したんだ
という意識がこみあげてきた。

この記事を書いたプロ

日本大通り法律事務所 [ホームページ]

弁護士 三浦修

神奈川県横浜市中区日本大通18 KRCビル5F [地図]
TEL:045-664-5291

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高齢者・障害者のための成年後見制度の活用に取り組む、日本大通り法律事務所の弁護士、三浦修(みうらおさむ)さん

成年後見制度で、高齢者や障害者の人生と財産を守る弁護士(1/3)

 横浜市の関内駅から徒歩約10分。横浜スタジアムや中華街にも近い便利な立地にある日本大通り法律事務所。ここで高齢者と障害者にかかわる問題に積極的に取り組んでいるのが、弁護士の三浦修さんです。 少子高齢化時代を迎え、一人暮らしや身寄りのな...

三浦修プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

事務所名 : 日本大通り法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市中区日本大通18 KRCビル5F [地図]
TEL : 045-664-5291

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-664-5291

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三浦修(みうらおさむ)

日本大通り法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
解雇について

 解雇についての相談 「あまりにも態度の悪い従業員がいるので、解雇したい。」という経営者からの相談があ...

離婚について

 離婚について 夫婦関係について弁護士に相談する場合、出会いから現在までの流れを時系列で書き出しておく...

年休について

 年休について 年休は、労働者の一方的な請求で当然認められます。例外的に、使用者が、その年休取得が「事...

未払い賃金について

 未払い賃金に関する相談 退職した会社から最後の月給が支払われていないという相談がありました。詳しく...

離婚に関する養育費について

 養育費に関して 元夫が、離婚協議書で約束した養育費の支払いをしてくれないので困っているというケース...

[ 離婚 相談 横浜 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ