コラム

2011-09-11

住宅リフォームを成功させるコツ ステップ・1

住宅リフォームをしたいけれど、どのように業者さん(以下、依頼先)に依頼すれば上手く行くのか、なかなか難しいことかもしれません。でもきちんと準備をして対応すれば希望通りのリフォームが出来るコツ、があります。
コラムでは、ステップに沿ってそれぞれのコツをお伝えします。

先ずA4サイズ(出来れば)のノートを1冊ご用意ください。そして、それぞれの段階で文字にしてみることで、漠然としている考えや状況が整理でき、記録としても残るのです。

ステップ・1(準備段階)

(1)リフォームの目的を明確にしましょう。

不満なことや困っていることについて書き出します。
(たとえば)
・ 内装が傷んできた
・ 台所やお風呂の使いにくい
・ 地震が心配
・ 夏暑く冬寒く、結露で困っている

次にその問題について具体的な希望を書いてみます。
・ 壁や天井、床などの模様替えをしたい。床はフローリング。
・ キッチンや浴室、トイレなどの水廻りを新しくしたい
・ 地震が心配で耐震補強したい
・ 断熱性を良くして、リビングに床暖房を入れたい。 等

後のステップで述べますが、予算と希望が必ずしも合致するわけではないので
具体的な希望については優先順位をあらかじめ決めておくことも重要です。

(2)予算を明確にしておきます。

依頼先には予算を明確に伝えましょう。そのためにはノートにもはっきりと予算を書いておくことが大切です。
良心的な業者(依頼先)は、駆け引き無しに施主の本音を聞き出し、出来る範囲で最高のサービスを提供したいと考えていますので、予算もあらかじめ明確にしておくことがトラブルを防ぐためには重要です。

但し、リフォームの場合は解体してみないとわからない事が多いので、解体後の追加費用が発生した場合について、依頼先にあらかじめ確認しておいてください。

また、耐震工事やバリアフリー工事の場合は、公的な補助が出る場合がありますので、補助金の窓口とよく相談してどの程度補助金が出るのかを確認して、予算に組み込んでおくことも忘れずに。(もちろん業者さん(依頼先)に調べてもらうことも可能です)

(3)工事条件を確認しておく。

・住みながらの工事か
・ 仮住まいをする必要があるか
・ マンションの場合はあらかじめ管理組合に相談しておく。 等

施主が住みながら工事を行う場合、工期が通常よりも長くなります。また、工事範囲に水廻りが含まれる場合は、それが使えない期間についても考えておく必要があり、場合により短期間の仮住まいを余儀なくされることがあります。また、貴重品については、施主・業者(依頼先)の双方が気持ちよく工事に関われるようどこかに預けておくなどの対策を取りましょう。

(4)イメージや希望を業者に伝える方法を工夫します。

いくら話し合いをしても、口頭だけではイメージや希望が十分に伝わるとは限りません。また「言った、言わない」のようはトラブルを防ぐためにもこれまでの(1)〜(3)について確実に伝えることが重要です。出来ればリフォームのためのノートを1冊用意して、すべての情報を書き込むようにしましょう。

また、イメージについても依頼先と共有できるようノートに雑誌の切り抜き写真を貼り付けて視覚に訴えることも必要です。
そして見積り時や契約、着工、中間の支払いなど区切りのいいところでノートのカラーコピーをとり、依頼先に渡しておけば良いのです。

次回はステップ・2 依頼先の選び方 についてお伝えします。

オープンシステムでの家づくり勉強会
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/260/

宅地選びに関する無料相談
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/261/

ソーラーハウス見学会
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/262/

この記事を書いたプロ

株式会社みさき建築研究所 [ホームページ]

一級建築士 御前好史

神奈川県川崎市中原区下小田中1-13-20-103 [地図]
TEL:044-753-0273

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
サービス・料金

・設計事務所に依頼する場合、どのような進め方になるのか次のページにまとめました。オープンシステムでのフローが中心ですが一般的な設計監理でもほぼ同じとお考え...

 
このプロの紹介記事
オープンシステムで価格の見える住まいづくり

コストダウンして品質の良い住まいづくり(1/3)

 「コストをはっきりさせることが重要です。明確に出します」ときっぱり言い切る御前さん。 バブルが終わってから独立した一級建築士です。JR南武線・武蔵中原駅から6分ほどにある株式会社みさき建築研究所で熱く語りました。 住宅をつくる際の適正...

御前好史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計事務所がデザインと品質の高い住宅を提供します

会社名 : 株式会社みさき建築研究所
住所 : 神奈川県川崎市中原区下小田中1-13-20-103 [地図]
TEL : 044-753-0273

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

044-753-0273

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

御前好史(みさきよしふみ)

株式会社みさき建築研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
パッシブソーラーの仕組み
ソーラーハウス

パッシブソーラーハウスとは太陽の熱をそのまま利用して冬の暖房に利用するシステムで、太陽光発電のように光...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

夏も快適なパッシブソーラー
summer

前のコラムでは冬のことを主にお知らせしましたが実はこのシステム、夏も結構快適なのです。夏の日が落ち...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

パッシブソーラーの基礎周りはこのように行います
基礎天端リスト

パッシブソーラーの工事で重要なポイントは「気密」と「断熱」屋根で加熱された空気を床下に送る仕組みのなかで...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

屋根に空気を取り入れる
屋根詳細

屋根の軒先から空気を取り入れる為の動力はダクト内のファンによりますが、実際どこからどのように流れて、加...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

ダクトはこのように、手作りで
グラスウールダクト

加熱された空気はダクトを通り床下に送り込まれます。当然ですが、断熱性能が無いと、途中で熱が逃げてしまい...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ