コラム

2012-04-10

家づくり・スケジュールについて

家が完成するまでどれくらいかかるのですか?とよく質問を受けます。
答えは、初めての打ち合わせから約1年後家が完成している、
とイメージしてほしいということです。

このコラムでは具体的な工程についてお知らせしようと思います。
みさき建築研究所サイトでも表にしてお知らせしていますのでご覧下さい。

スケジュール表はこちら → http://www.misakiarch.com/flow/index.html

初期段階
最初にお会いしていろいろ話を伺います。家づくりに対する希望や資金計画などをお聞きする以外に、敷地の調査を行います。出来れば2〜3回このプロセスを経て方向を決めます。

そのあと敷地に対して基本的な計画案を見ていただきます。ここはまだ坪単価から計算できる大まかな費用を伝える段階です。

基本設計
いよいよ具体的な間取りを打ち合わせる段階です。図面としては100分の1又は50分の1程度の平面図・断面図、100分の1立面図、模型、パースなど場合に応じて準備しますが、計画の善し悪しを決めるのがこの段階です。

そのためなるべく時間をかけて施主との認識を共有出来る様にしなければなりません。その中で確実に押さえておかなければならないのが「工事費用」です。ハウスメーカーのような基本仕様とオプションの組み合わせはありませんので、総額でどれだけかかるのかを押さえておく必要があります。そのためこの段階で見積りを出すようにしているのです。

具体的には、直近の単価と数量で出したコスト以外に、見積もり可能な工事はなるべく業者から取るようにしてまとめます。

そして、計画案と費用が明らかになり、施主とみさき建築研究所の間で信頼関係が構築出来たと思われる段階で設計監理契約を結びます。

実施設計
間取りとデザイン、見積りに合意してもらうと、次は具体的な実施設計に移ります。この段階では具体的な仕様について打ち合わせを進めてゆきます。

このプロセスでは基本設計からの費用増減もわかるようにしてゆきます。まとめ上げたあと、本見積りを行います。まとまったところで予算との調整をして、工事費用を固めます。

但し、不測の事態に備えて予備費を計上しておきます。これは工事費の3〜5%程度ですが、実際にかからなかった分は施主が支払う必要が無い費用です。

工務店一括請負ではこの費用は経費の中に計上されているのです。このいわば保険としての費用は決して施主に還元されるものではありません。分離発注(オープンシステム)のメリットは実はこの部分にもあるのです。

工事請負契約書
建築確認申請が合格し、仕様と予算がまとまりましたら、次はいよいよ工事請負契約です。
何しろ20前後の契約数(木造住宅の場合)となりますので、契約書作成だけでも大変な作業です。

20社を2部、合計40部の契約書は圧巻です。平積みで15〜20cm程度に!
契約書はすべて設計事務所で用意します。

工事契約会
契約書に調印するために会場を借りることが多く、公共の施設を施主に手配までお願いします。難しい場合には設計事務所で数回に分けて調印を行うこともありました。

この契約会では、各業者と施主の挨拶から始まり、その後一社ずつ調印してゆきます。重要なのは施主が施工者と実際に顔を合わせることだと思います。どのような業者さんが家づくりに参加するのか、実際に会って確認するのが一番良いことだと思います。業者の立場からも同じ事が言えるでしょう。

地鎮祭
契約が終了して、いよいよ着工です。更地の状態であれば、基礎工事の前に地鎮祭を行うことが多いです。工務店一括請負の場合には工務店が地鎮祭の準備を行いますが、分離発注の場合は設計事務所が手配することになります。

着工
初期段階からここまで概ね5〜6ヶ月の日数をお願いしています。さらに工事に5〜6ヶ月程度かけて丁寧に工事を進めてゆきます。学校入学の関係などでお急ぎの場合は別途相談させていただきますが、設計の期間を合理化して短縮する事になります。工事期間は短縮するのは得策ではありません。

次回からは、それぞれの工程が具体的にどのようなものか、コラムでお知らせしてゆきます。

みさき建築研究所
http://www.misakiarch.com/
info@misakiarch.com

オープンシステムでの家づくり勉強会
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/260/

宅地選びに関する無料相談
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/261/

ソーラーハウス見学会
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/262/

この記事を書いたプロ

株式会社みさき建築研究所 [ホームページ]

一級建築士 御前好史

神奈川県川崎市中原区下小田中1-13-20-103 [地図]
TEL:044-753-0273

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・料金

・設計事務所に依頼する場合、どのような進め方になるのか次のページにまとめました。オープンシステムでのフローが中心ですが一般的な設計監理でもほぼ同じとお考え...

 
このプロの紹介記事
オープンシステムで価格の見える住まいづくり

コストダウンして品質の良い住まいづくり(1/3)

 「コストをはっきりさせることが重要です。明確に出します」ときっぱり言い切る御前さん。 バブルが終わってから独立した一級建築士です。JR南武線・武蔵中原駅から6分ほどにある株式会社みさき建築研究所で熱く語りました。 住宅をつくる際の適正...

御前好史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計事務所がデザインと品質の高い住宅を提供します

会社名 : 株式会社みさき建築研究所
住所 : 神奈川県川崎市中原区下小田中1-13-20-103 [地図]
TEL : 044-753-0273

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

044-753-0273

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

御前好史(みさきよしふみ)

株式会社みさき建築研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
パッシブソーラーの仕組み
ソーラーハウス

パッシブソーラーハウスとは太陽の熱をそのまま利用して冬の暖房に利用するシステムで、太陽光発電のように光...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

夏も快適なパッシブソーラー
summer

前のコラムでは冬のことを主にお知らせしましたが実はこのシステム、夏も結構快適なのです。夏の日が落ち...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

パッシブソーラーの基礎周りはこのように行います
基礎天端リスト

パッシブソーラーの工事で重要なポイントは「気密」と「断熱」屋根で加熱された空気を床下に送る仕組みのなかで...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

屋根に空気を取り入れる
屋根詳細

屋根の軒先から空気を取り入れる為の動力はダクト内のファンによりますが、実際どこからどのように流れて、加...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

ダクトはこのように、手作りで
グラスウールダクト

加熱された空気はダクトを通り床下に送り込まれます。当然ですが、断熱性能が無いと、途中で熱が逃げてしまい...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ