コラム

2014-04-04

家づくり・オープンシステムのデメリット

オープンシステムのメリットについてはこれまでお知らせしてきましたが、
もちろん良いところばかりではありません。

デメリットまたは予め理解しておく内容もあります。
これらは、オープンシステムを行ってきた中で設計者自ら気付いた事や、
実際に施主から頂いた質問とクレームの中からお伝えするべき重要な内容です。


<設計期間について>
設計期間としては、打ち合わせ、基本設計、積算、実施設計、見積り、着工準備まで
設計事務所の仕事は多岐にわたります。その為5〜6ヶ月かかってしまうのが現状です。

打ち合わせと平行して行う設計内容を現場に反映させるためには、
十分な図面を用意しなければならないからです。
これは別のコラムでお伝えしました。
http://mbp-kanagawa.com/misaki/column/3749/
家の完成を急ぎたい場合は相応しくない方式なのかもしれません。


<工事工期>
工務店が一括で請け負う場合よりも1〜2ヶ月、場合によりそれ以上工事期間がかかる事があります。
設計期間同様、完成を急ぐ場合にはお勧め出来ません。

また工期は設計事務所は必ずしも約束出来る立場でない、こともご理解下さい。
天候不順や何らかの事情で工期が遅れる場合もあります。

但しローンの制約上やお子様の入学などのため完成期限に制約がある場合は、
余裕のあるスケジュールで進めさせていただきます。


<工事費用>
一括で請け負う場合よりも15〜20%程度はコストダウン出来ることを確信していますが、
ハウスメーカーや工務店、ビルダーと同じ間取り、同じ仕様の比較はしない事にしています。
設計事務所としてのプライドを持ってオリジナルな家づくりを標榜しているからです。

工事見積りには、「工事予備費」を必ず計上させていただきます。
見積りに予測出来なかった追加費用や小さな見積り落とし対策として準備しておきます。
そして工事予備費から支払う裁量を設計事務所に与えていただきたいのです。


<見積り方法>
複数業者による競争入札を前提としていますが、私の事務所では工事の中で
重要な部分を担う業者については特命としています。
これは瑕疵をなるべく避けるためです。

その他の業種については、建設地や難易度に応じて複数の業者に入札参加を働きかけています。
またサッシや建材などのようにどの業者でも製品や施工にあまり差が出ない、
と思われる業種についてもなるべく競争入札の形を取ってきました。

しかし、10年以上この方法を続けてくると、
業者の技量と見積もり金額がおおよそわかってきましたので、
結果的には多くの業種の顔ぶれが固定化しているのも事実です。


<サービスについて>
ハウスメーカーの様に営業から工事まで担当者が付く一貫したサービスはありません。
建物に関わる大部分はフォローしますが、税金や融資、仮住まい、
引っ越し手続きなどは施主自ら行っていただきます。
(火災保険・登記(表示および保存)についてはご紹介します)

また、仕様を決める場合は、モデルハウスが無いため、
事務所主催のオープンハウスや住宅設備メーカーのショールームを見学していただく他に、
設計事務所でのカタログやサンプル確認が主となります。


<トラブルがあった場合>
設計事務所と施工業者でそれぞれ法律上の責任を負う範囲が異なります。
設計事務所 = 請負業者のように理解されると、そもそもこの方式は成り立たちません。

工事箇所に不具合があった場合、設計事務所はクレームの窓口であっても、
最終的には工事を請け負った施工業者がその責任を負うことになります。

なぜなら各施工業者は独立した元請けの立場であるからです。
但しその不具合が設計監理に原因がある場合には設計事務所の責任となります。

これらの事は、設計監理契約(業務委託契約)を結ぶ前に
チェックリストを準備して詳しく説明します。

以上の仕組みををご理解の上、オープンシステムをお考え下さい。

------------------------------------
みさき建築研究所
http://www.misakiarch.com/

みさき建築研究所ブログ「家づくりなんてカンタンだ!」
http://blog.goo.ne.jp/yma-house

オープンシステムでの家づくり勉強会
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/260/

宅地選びに関する無料相談
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/261/

ソーラーハウス見学会
http://mbp-kanagawa.com/misaki/seminar/262/



この記事を書いたプロ

株式会社みさき建築研究所 [ホームページ]

一級建築士 御前好史

神奈川県川崎市中原区下小田中1-13-20-103 [地図]
TEL:044-753-0273

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・料金

・設計事務所に依頼する場合、どのような進め方になるのか次のページにまとめました。オープンシステムでのフローが中心ですが一般的な設計監理でもほぼ同じとお考え...

 
このプロの紹介記事
オープンシステムで価格の見える住まいづくり

コストダウンして品質の良い住まいづくり(1/3)

 「コストをはっきりさせることが重要です。明確に出します」ときっぱり言い切る御前さん。 バブルが終わってから独立した一級建築士です。JR南武線・武蔵中原駅から6分ほどにある株式会社みさき建築研究所で熱く語りました。 住宅をつくる際の適正...

御前好史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計事務所がデザインと品質の高い住宅を提供します

会社名 : 株式会社みさき建築研究所
住所 : 神奈川県川崎市中原区下小田中1-13-20-103 [地図]
TEL : 044-753-0273

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

044-753-0273

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

御前好史(みさきよしふみ)

株式会社みさき建築研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
パッシブソーラーの仕組み
ソーラーハウス

パッシブソーラーハウスとは太陽の熱をそのまま利用して冬の暖房に利用するシステムで、太陽光発電のように光...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

夏も快適なパッシブソーラー
summer

前のコラムでは冬のことを主にお知らせしましたが実はこのシステム、夏も結構快適なのです。夏の日が落ち...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

パッシブソーラーの基礎周りはこのように行います
基礎天端リスト

パッシブソーラーの工事で重要なポイントは「気密」と「断熱」屋根で加熱された空気を床下に送る仕組みのなかで...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

屋根に空気を取り入れる
屋根詳細

屋根の軒先から空気を取り入れる為の動力はダクト内のファンによりますが、実際どこからどのように流れて、加...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

ダクトはこのように、手作りで
グラスウールダクト

加熱された空気はダクトを通り床下に送り込まれます。当然ですが、断熱性能が無いと、途中で熱が逃げてしまい...

[ 自然エネルギー利用・ソーラーハウスの生活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ