コラム

2014-08-27

様々な理念に触れてみて・・・

スタッフがサラリーマン化してしまう・・・


事業所運営コンサルタントの松崎 匡です。

仕事柄、様々な福祉事業所経営者の方、スタッフの方からお話を伺う機会があります。

経営者の方にも様々な考え方があり、そのどれもが非常に賛同できることが多く、刺激になります。

福祉事業所の法人理念というのは「それが働く人にきちんと伝わって」ナンボのもの・・・
と私は思っています。
理念に掲げる文言は広く解釈できるものが当然多くなるので、結構抽象的な文言に
ならざるを得ないと思います。

私が助言させていただいている経営者の方には
「抽象的な表現の理念だからこそ、経営者の方の具体的なビジョンをスタッフに伝えること」
が大切だとお伝えしています。

経営者の方の理念に基づく具体的な言葉がきちんと伝わっているかいないかで
その後の事業所運営、地域での評価が決まってくると私は思います。

経営者の方の理念が伝わっているかいないかは、そこで働くスタッフの方の様子を見れば
こんなに違うのか・・・とびっくりするくらい差があります。

特にカリスマ性が必要ではなく、大切なのは「本気」の度合いだと感じています。

経営する側は当然利益を追求しようとすると思うのですが、働くスタッフにそれが
どういう風に映っているのか?を考えない経営者の運営する施設は、どんどん
「腐って」しまうことが多いように感じます。

もっとわかりやすくいうと・・・(これを言ってしまうと反感買ってしまうのですが)
「金儲けが何よりも優先していることがスタッフに見透かされている」事業所は
スタッフと話をすればすぐにわかります。
口先では「利用者のため」などと言っていても、その言葉にリアリティーがないため、
本来ならばイキイキと働いていなければいけないはずのスタッフがどんどん
「サラリーマン化」してしまって、あきらめのオーラが出まくっているんですよね・・・

働くスタッフの方を見ていても
「そんなに頑張っても報われないから、他のことに力を入れたら?」
「何かを変えようと思っても、ここでは大切な事に気付かない人しか今後入ってこないから
変な意地を張って頑張っても、頑張れば頑張るほど金儲けに利用されるだけだよ」
と思わず助言したくなったりします。頑張るところを間違っているよ・・・なんて感じです。

逆に、先日下見に伺った施設の施設長さんとお話ししたのですが、
その施設長さんの「思い」にリアリティーがあるため、お話しているだけで
「俺、ここで働きたい」と私の心が動くのを実感しました。
本物の思いがある方と出会えると、本当にうれしく思えますし、当然経営者ですから
シビアな話もありますが、その手の話も共通理解の上で話せるので質と運営の
バランスを考えながら、それでも理念を守りたいという前提で解決策を見つけていくわけですから
とても前向きで良い話ができます。

これから、福祉事業所の人材不足は深刻化していくと思います。
そんな中で、サラリーマン化せざるを得ない事業所で「仕方なく」働いている、あるいは
リアリティーのない口先だけの理念に踊らされて、それすら気付かない人ばかりの
スタッフ集団の事業所。
それとは逆に、経営者の理念がきちんとイメージできているスタッフ集団、あるいはそれを
「目指す」ことを実感できているスタッフ集団。

どんどん2極化していくのではないでしょうか?
そして、利用者もその違いに気付くようになっていくのではないか?
いや、そうなっていかなければならない業界だと私は考えます。

そういう時代がやってくると思って、今からどうしたらよいか?
これからどうしていこうか?と考えている方の力になりたいと思い、私は
この仕事をしています。

この記事を書いたプロ

合同会社M&Yファクトリー [ホームページ]

介護福祉士 松崎匡

神奈川県相模原市中央区相模原5-11-1-210 [地図]
TEL:042-711-7378

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービスメニュー
松崎の似顔絵

介護事業所向け・新規事業所開設に向けたコンサルティング・小規模事業所向け人材確保アドバイス・中核人材の育成・利用者確保に向けた営業ツールの開発、営業方法...

 
このプロの紹介記事
合同会社M&Yファクトリーの代表 松崎匡さん

福祉業界の人材不足を解消。採用と人材定着をサポートするコンサルティング(1/3)

 離職率が高く、低賃金が叫ばれる福祉業界。高齢化社会を迎えるに当たり、人手が必要にも関わらず、各事業所は人材不足という問題に直面しています。「合同会社M&amp;Yファクトリー」の代表を務める松崎匡さんは、福祉事業所のアドバイザー・コンサルタントと...

松崎匡プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

福祉業界の採用と人材定着をサポートするコンサルティング

会社名 : 合同会社M&Yファクトリー
住所 : 神奈川県相模原市中央区相模原5-11-1-210 [地図]
TEL : 042-711-7378

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-711-7378

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松崎匡(まつざきただし)

合同会社M&Yファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
日経BP社様のサイトでインタビュー記事が掲載されました。

入院中の6月に外出許可をもらい、日経BP社様の「がんと共に働く」をテーマにしたサイトの取材を受けていました。...

[ がん闘病記 ]

近況報告

 なかなか思うようにはいかないもので・・・(汗) ずいぶんご無沙汰してしまいました。5月に再入院して、...

[ がん闘病記 ]

新たな挑戦を手記にしてみました(長文注意!)
イメージ

3月に体験したことをごくごく一部の方に読んでいただいたのですが・・・せっかくだから、恥ずかしいですが公開し...

[ がん闘病記 ]

今後の展開を考えて・・・事業所回りのまとめ

 何だかある業界に似てきていないかな???  今後の介護業界にどのような革新的なアプローチが出来るか?...

[ 福祉情勢 ]

やっと一時復帰出来ました

 入院している間に・・・  4月の頭に入院したのですが、初めて使う抗がん剤のため副作用がきつくてやっと体...

[ がん闘病記 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ