コラム

 公開日: 2018-06-15  最終更新日: 2018-06-18

40歳からの薬膳 ①体を温める食べ物とは?


薬膳とは中医学をもとにした「食養生法」

「薬膳」と聞いて、みなさまは何をイメージされますか?

何か薬が入ったお料理のこと?
クコの実が入っているお料理?でしょうか。

薬膳とは、簡単に言えば
「中医学を基礎にした、身体の不調や体質を改善するためのお料理」のことです。

比較的軽い不調であれば、強い作用を持つ「薬」よりも、
穏やかな作用の「身近な食べ物」の方が、むしろ体には合っています。

スーパーの食べ物と言えど、薬と同じようにそれぞれに薬効(薬よりは穏やかな作用)があり、
使うべき場面で使えば、ちゃんと役立つ力をもっているのです。

40代からの健康は「プチ不調」を見逃さないこと

30代までは大きな不調は感じなかったのに、40歳を迎えると色々な変化に気づきます。
体が疲れやすくなった、お肌の調子が以前とは違う、肌や髪が乾燥する、体が火照るなど…
人それぞれの“かたち”としてでてきます。

「病気ではないけれど、実は気になる不調がある」という状態を、中医学では「未病」と呼びます。
今起こっている症状は、体内のバランスの崩れを表す“サイン”というわけです。


ところが症状が軽い、いわゆる“プチ不調”の場合は、病院に行くほどでもないので、
案外そのままにしている…ということも多いのではないでしょうか?

そしてそのまま時が過ぎ、やがて本格的な症状が出てくる…というパターンです。

できれば、体がサインを出した「初期段階」で手を打てると、結果はもっと変わってくるはずです。

こんな時、薬膳の知恵が大きな助けになります。
これから薬膳の基本的な考え方を紹介していきますので、よかったらひとつの参考にしてください。

【重い不調の場合は…】
薬が必要になるケースも多いため、医師や専門家へ受診することをおすすめします。
そのうえで、治療方針に合った「薬膳」で食養生してください。そうすると、治りも早くなります。

食べ物の性質① 「温めるもの」と「冷やすもの」がある

薬膳では五性(四気)というモノサシがあり、すべての食べ物を「熱性」「温性」「平性」「涼性」「寒性」で分けています。

「熱性」「温性」は体を温めるもの、「涼性」「寒性」は体を冷やすもの、「平性」はどちらでもないものです。
薬膳では食べる人の状態によって、これらの性質を使い分けます。

冷えている人は温性と熱性を多めに、
火照りがある人は寒性と涼性を多めに、
平性はどちらのタイプにも合う。
というのが、基本的なロジックです。

温熱性の食べもの

例えば、下の写真は温熱性の食べ物です。
これらは体を「温める」食べ物であり、「機能を活性化する」方向の食べ物ものとしてイメージしてみてください。

他には、鶏肉 羊肉 海老 もち米 栗 くるみ にんにく 山椒 ヨモギ 
紅茶 シナモン 酒 ワイン 焼酎 酢 黒砂糖なども「温熱性」です。

冷えている人は、基本的にはこれらの食べ物が合っています。

【注】あなたの「冷え」は、そもそも何が原因?

ただし「冷え」ということで言えば、原因はいくつかあり、それは人によって異なります。
原因によっては「温熱性の食材」だけでは解決しないこともあります。

例えば、血の絶対量や血の巡りに問題がある場合は、単に「温熱性の食材」を食べるだけでは冷えを解消することは難しいと思います。

もちろん、温熱性の食材を知ることは大切なのですが、
冷えが半ば体質化している場合は「なぜ冷えるに至ったか?」を考えることが、本当の冷え対策の第一歩となります。

この記事を書いたプロ

薬膳教室 胡桃の庭 [ホームページ]

料理研究家 大根田笑子

神奈川県横浜市青葉区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
薬膳講座一覧
薬膳茶

薬膳教室「胡桃の庭」では、食による体質改善を目指す方、資格取得をお考えの方などのための薬膳講座を通年開講しています。講座やお料理会は、横浜市青葉区の「ア...

教室案内
薬膳料理会

【幅広い年代の方のための薬膳教室】薬膳教室「胡桃の庭」は文部科学省所管一般財団法人生涯学習開発財団会員団体および日本中医食養学会の登録機関として、県内外...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
日々の食事で体質改善するための薬膳を伝える国際中医薬膳師 	大根田笑子さん

薬膳で自分の体を健やかに。人生を楽しむための食養生のすすめ(1/3)

 「薬膳では、万人が健康になる絶対的な食べ物は存在しないと考えています。初めの講義で生徒さんにお話しすると、驚かれる方も少なからずいらっしゃいます。『この症状にはこれ』という答えを欲しい場合は、がっかりされるかもしれませんね」 こんな風...

大根田笑子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

身近な食べもので体調をととのえる方法を分かりやすく伝える

屋号 : 薬膳教室 胡桃の庭
住所 : 神奈川県横浜市青葉区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

大根田笑子(おおねだえみこ)

薬膳教室 胡桃の庭

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「そういうことだったのね!」と思える瞬間が増えてきて心底嬉しいです

気血津液の「血」が何たるものなのか、ゾクゾクするほど理解...

A・G
  • 女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
その「健康情報」が、すべての人に当てはまるとは限らない。
イメージ

カラダに良さそうなものを食べているのに、なぜかあまり体調がよくならない…。玄米が良い生姜で治るトマト...

[ ゼロからはじめる薬膳入門 ]

40歳からの薬膳 ③使い勝手の良い「平性」の食べ物とは?
イメージ

こんにちは。暑い日が続いております~さて、今日は「平性」の食べ物を紹介します。 平性の食べものとは? ...

[ 40歳からの薬膳 ]

40歳からの薬膳 ②体の熱をしずめる食べ物とは?
イメージ

前回「温熱性」の食べ物を紹介しましたが、今日は「寒涼性」の食べ物を紹介します。 寒涼性の食べもの 例え...

[ 40歳からの薬膳 ]

健康食探しという“沼”から脱出する②
イメージ

前回の続きです。 ○○に良いという甘言に惑わされない 「冷えは○○で治る」「○○を一日○g食べると美肌に...

[ ゼロからはじめる薬膳入門 ]

健康食探しという“沼”から脱出する①
イメージ

こんにちは。薬膳師の大根田です。今日は薬膳の入門講座などでよく話題になる、「健康情報」について書きたいと...

[ ゼロからはじめる薬膳入門 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ