コラム

2016-08-10

消滅時効の援用は、内容証明郵便でおこなうべきか?

相続のご相談で、亡くなった方の借金についてもご相談を承る事があります。
中には、最終支払日から何年も経過しており、消滅時効を主張する事が
できるケースもあるのですが、ここで良く問題になるのは、
「消滅時効援用は、内容証明郵便でおこなうべきか?」と言う点です。

法律上は消滅時効援用の意思表示は、内容証明郵便ですべき、と
言った条件はありませんので、債権者に電話をかけ、口頭で行っても
何ら問題はありません。

そのため、この手の相談を受けた場合、
「消費者金融に電話すれば良いのですよ」
「簡単なのだから、ご自分でやられてはどうですか?」と、
回答する法律家も少なくなく、相談者が困ってしまう事もあります。

確かに、口頭でも良いのですが、後から問題を蒸し返されないように、
ちゃんと証拠を残す為には、やはり内容証明郵便(配達証明付)で
行う事をお勧めします。

特に大手ではない、聞いた事がない消費者金融ですと、対応に問題がある
会社も多く、口頭で消滅時効の延長をしても、後から「そんな事は聞いていない」と
白を切る可能性が高いです。

スッキリとさせたい場合は、きちんと証拠を残しましょう。

この記事を書いたプロ

司法書士甲斐智也事務所 [ホームページ]

司法書士 甲斐智也

神奈川県横浜市泉区中田北1-1-38 シティパル泉202号 [地図]
TEL:045-392-3570

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
司法書士甲斐智也事務所の甲斐智也さん

相続はお任せください。手続きを代理し、トータルサポートします(1/3)

「相続に関する手続きや話し合いは、相続人の人たちにとって、本当に大変なことです」と言うのは、相続問題に力を入れている「司法書士甲斐智也事務所」の甲斐智也さん。「家族がなくなり、お通夜、告別式、初七日、四十九日、と気の休まる間もなく様々なこと...

甲斐智也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続人調査から遺産名義変更まで手続を代理、相続問題を解決する

会社名 : 司法書士甲斐智也事務所
住所 : 神奈川県横浜市泉区中田北1-1-38 シティパル泉202号 [地図]
TEL : 045-392-3570

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-392-3570

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

甲斐智也(かいともや)

司法書士甲斐智也事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
相続による不動産の名義変更が不可能になった事例

遺産分割協議を行い協議書を作成したにも関わらず、不動産の名義変更を行わなかった結果、相続登記が不可能に...

相続放棄をしない方が良い場合(相続編)

【事例】1か月前に父が亡くなったのですが、先日とある消費者金融から父親名義での約100万円の借金の督促が...

共有名義で相続した場合

様々な事情があって遺産を共有名義で相続した場合のお話です。民法には、共有物に関する様々なルールが定めら...

司法書士と揉めない為に(相続編)

「司法書士に相続手続きを依頼したが、トラブルになってしまった。」このようなお話を耳にする事があります。今...

遺言と遺産分割に関するQ&A

遺言と遺産分割に関する良くあるご質問をまとめてみました。詳しくはこちら。遺言と遺産分割に関するQ&A

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ