コラム一覧

1件~15件(46件)

過去の15件

「相続に強い」とは?

司法書士に限らず、相続業務をメインとしている弁護士や行政書士、税理士等が宣伝文句に使用している「相続に強い」と言うキャッチコピーがあります。そもそも、何をもって「強い」のか疑問に感じられた事はありませんか?今回のコラムはその「相続に強い」とは一体何なのか?と言った事を... 続きを読む

2016-12-06

相続登記の前に住所変更登記が必要な場合

「相続による名義変更だけを行えば良い」と思っていたら思わぬ落とし穴があったケースです。(でも、司法書士にとって見れば当たり前の論点ですが。)詳しくはこちら。相続登記の前に住所変更登記が必要な場合 続きを読む

2016-11-16

実家を相続したくない場合(換価分割)

不動産を売却し、その売却金を分配する遺産分割の方法です。買い手が付きそうな不動産であれば、こう言った方法もあります。詳しくはこちら。実家を相続したくない場合(換価分割) 続きを読む

2016-11-10

なぜ相続手続きは難しいのか?

「相続手続きは簡単ですか?難しいですか?」と良くご質問を受けることがあります。相続手続きは広範囲で、簡単なものから難しいものまであります。そのため、一概にどちらかとは言えない難しい分野です。ただし、一つだけ言えるのは「時間が予想以上にかかる」と言うことです。詳... 続きを読む

2016-11-07

結果的に相続人が一人になった時に、途中の相続登記を省略できるか?

これも良くある事例です。ご相談者の方としてみれば、「どうせ最終的に相続人は自分一人になるのだから、今すぐに遺産分割協議なんてしなくても良いでしょ?その方が相続登記に必要な登録免許税の節約にもなるし。」と思われていたのですが、結果的にその思惑がはずれてしまった事案で... 続きを読む

2016-10-25

相続で良くある、後から〇〇

相続手続きが終わって一段落していたところに、後から色々なトラブルが出てくる事があります。今回は、本当はあってほしくはない後からトラブルの対応方法を簡単にですがまとめてみました。詳しくはこちら相続で良くある、後から〇〇 続きを読む

2016-10-20

相続人になった場合に注意すべきこと

いままでコラムの中でお伝えしてきた事かもしれませんが、「相続人になったら」と言う視点で、その時に注意すべき事をまとめてみました。相続が発生すると、精神的、肉体的に疲弊し、冷静な判断ができない事もありますが、ふと立ち止まる事も時には必要かと思います。相続人になった場... 続きを読む

2016-10-18

自筆証書遺言作成のポイント

遺言の作成に関しては、多くの専門家が公正証書遺言の作成をお勧めしているかと思いますが、今回は様々な事情から、公正証書遺言ではなく、自筆証書遺言を作成されたい方に対してそのポイントを記載してみました。自筆証書遺言は手軽に作成できるのが利点ですが、無効な遺言になったり、... 続きを読む

2016-10-12

相続登記を司法書士に依頼した方が良い場合

相続登記を司法書士にご依頼された方が良いケースをまとめてみました。逆に言ってしまえば、下記に該当しない簡単なケースであれば(時間と労力をかけて)ご自分でも相続登記を行う事は可能です。しかし、一点だけ注意点があります。それは、「登記申請書の記載を間違っていても、誰も指... 続きを読む

2016-10-10

遺産分割協議で借金を放棄したけど・・・。

「亡父の財産も、借金も全て長男が相続する遺産分割協議を行ったにも関わらず、私のところに督促がくるのですが、何故ですか?」と言うご質問を受ける事がたまにあります。相談者にしてみれば、「遺産分割協議したのに!」と思われるかもしれませんが、債権者が督促をしてくるには、こん... 続きを読む

2016-10-07

亡くなった方の遺言書を発見した場合

『遺言書』と書かれた封筒を発見したら、気持ちとしてすぐに開封したくなるかもしれませんが、すぐに開封してはダメです。ちゃんと所定の手続きを踏む必要があります。詳しくはこちら。亡くなった方の遺言書を発見した場合 続きを読む

2016-10-05

相続人の中に未成年者がいる場合

「相続人が私以外未成年者です。子供に多額の財産を残しても仕方がないので、遺産を全て私が相続する遺産分割協議を行いたいのですが」と言ったご相談も良く承ります。未成年者にも相続分がありますので、上記のような遺産分割協議は中々難しいのですが、それ以前に、相続人が未成年者の... 続きを読む

2016-10-03

相続放棄を行う前に今一度考えるべき事

相続放棄は要件さえ整えば、ある意味簡単にできるのですが、その効果は非常に強力であり、また撤回できないと言った注意点もあります。詳しくはこちら。相続放棄を行う前に今一度考えるべき事 続きを読む

2016-09-28

遺産分割協議がまとまらない場合

遺産分割協議が相続人間でまとまらない場合、もしくは最初から紛争状態にある場合は、ADRや遺産分割調停等の手続きで問題を解決していく事になると思います。ただし、それには費用(弁護士さんを代理人とした場合)や多くの時間を必要としますので、もめない為の事前対策が何よりも大事に... 続きを読む

2016-09-26

相続による不動産の名義変更が不可能になった事例

遺産分割協議を行い協議書を作成したにも関わらず、不動産の名義変更を行わなかった結果、相続登記が不可能になった事例です。相続登記を行わずそのまま放置しておくと、想定外の事が発生し、相続人に不利益が出ると言う具体例です。詳しくはこちら。相続による不動産の名義変更が... 続きを読む

2016-09-23

1件~15件(46件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
 
このプロの紹介記事
司法書士甲斐智也事務所の甲斐智也さん

相続はお任せください。手続きを代理し、トータルサポートします(1/3)

「相続に関する手続きや話し合いは、相続人の人たちにとって、本当に大変なことです」と言うのは、相続問題に力を入れている「司法書士甲斐智也事務所」の甲斐智也さん。「家族がなくなり、お通夜、告別式、初七日、四十九日、と気の休まる間もなく様々なこと...

甲斐智也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続人調査から遺産名義変更まで手続を代理、相続問題を解決する

会社名 : 司法書士甲斐智也事務所
住所 : 神奈川県横浜市泉区中田北1-1-38 シティパル泉202号 [地図]
TEL : 045-392-3570

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-392-3570

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

甲斐智也(かいともや)

司法書士甲斐智也事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
相続登記を司法書士に依頼した方が良い場合

相続登記を司法書士にご依頼された方が良いケースをまとめてみました。逆に言ってしまえば、下記に該当しない簡...

「相続に強い」とは?

司法書士に限らず、相続業務をメインとしている弁護士や行政書士、税理士等が宣伝文句に使用している「相続に強...

相続登記の前に住所変更登記が必要な場合

「相続による名義変更だけを行えば良い」と思っていたら思わぬ落とし穴があったケースです。(でも、司法書士...

実家を相続したくない場合(換価分割)

不動産を売却し、その売却金を分配する遺産分割の方法です。買い手が付きそうな不動産であれば、こう言った方法...

なぜ相続手続きは難しいのか?

「相続手続きは簡単ですか?難しいですか?」と良くご質問を受けることがあります。相続手続きは広範囲で、簡...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ