コラム

2013-04-19

スマートデバイスのビジネス活用

業務改善コンサルタントの光本です。スマートデバイスのビジネス利用に関するこれまでの2回のコラムでは、大きな捉え方で、なぜスマートデバイスの業務利用に取り組んでいかなければならないのか、その意義は?といった疑問に対して私なりの見解を書きました。

■スマートデバイスの業務利用(その1)
■スマートデバイスの業務利用(その2)

今日は、スマートデバイスをビジネスで利用するにあたって、必ずといっていいほど質問されることに触れたいと思います。

スマートデバイスのビジネス活用

スマートデバイス(ここではタブレットとして)のビジネス利用に取り組もうという企業から、必ず最初に質問されることは、
「iPadとAndroidタブレットとで、どちらを導入するのが良いですか?」
という質問です。

普通にプレイベートで使うぶんには、まあ同じようなことができるし、好みで決めればいいのでは?ということになるのですが、ビジネス利用となると少し冷静に考えなければなりません。

「見た目は似ているが、中身が違う」ということで、ややこしい。業務に役立つソフト(俗にアプリという)を作ろうと思うと全く違うプログラム言語で開発しなければならない、要は、iPad用に作ったアプリは、Androidタブレットでは動かない!両方作るとコストが2倍(2倍は言いすぎか?)

昔、パソコンが普及し始めた時と似ています。Apple社のMac(Macintosh)とMicrosoft社のWindows、どっちのパソコンがいいか?動くソフトもそれぞれで全く違う、それぞれの互換性なしということで、しばらく悩んだものです。

専門家の意見もいろいろ分かれるのかもしれません。
現時点でビジネス利用ということで選択するなら、どちらがいいでしょうか?
現時点でAndroidを選択する場合には、ウィルス対策や勝手にアプリをダウンロードしないようにといった社員教育での規則徹底など、しっかりとした管理がより強く求められると思うので、iPadの方が無難かなと思いますが、ただ、これは「現時点での」ということであって、当然、時間の経過と共にAndroidにも様々な対策が打たれていき、結果、費用面を考慮すると断然Androidが良いということになるのかもしれません。

私でもどちらかに決めて、どちらかでしか動かないアプリを大量に開発しよう、という投資判断をすることには躊躇してしまいそうです。自分でもそうなのですから、皆さんも躊躇されるでしょうね。
(一般消費者向けのアプリなら一般消費者の端末を決めることはできませんので、最初からそれぞれ両方向けにアプリを開発するしかありませんが。。。)

そういったこともいろいろ考え合わせると、いつデバイス(端末)を買い替えても、iPadでもAndroidでもWindowsでも、「それぞれの環境で動く業務アプリ」を自動的に再作成できるような仕組みがあったら、それほど気にせずに今の状況で「とりあえず」選択できるのではないか?
一度に両方のアプリを作ることができれば開発費用も半分ですむんじゃないか?

そこで、「開発しないIT」=ノンプログラミング、「持たないIT」=クラウドサービス、をスローガンに事業を行っている弊社では、上記のようなiPadでもAndroidでもWindowsでも、それぞれの環境で動く業務アプリをプログラムを書くことなく自動作成できるクラウドサービスの提供を開始しました。

■ドラッグアンドドロップだけでスマホアプリを簡単作成
 革新的なiOS、Androidアプリ制作プラットフォーム【 excla (エクスクラ)】
 http://www.excla.net
 私たちのアプリは 私たちの手で

ご興味のある方は、お気軽にお問合せください。

--
================================================================
プログラム不要のクラウドWebデータベース
自社独自の業務システムを簡単な設定だけで構築
【クラウド業務システム】
http://hdb.intermesse.co.jp
工程管理、販売管理、顧客管理、人事管理・・・などで利用
================================================================
ドラッグアンドドロップだけでスマホアプリを簡単作成
革新的なiOS、Androidアプリ制作プラットフォーム
【 excla (エクスクラ)】
http://www.excla.net
私たちのアプリは 私たちの手で
================================================================
業務改善に役立つ身近なITツール
【エクセル開発倶楽部】
http://www.excel-club.com
ちょっとしたエクセル開発にも付加価値を
================================================================
株式会社 インターメッセ  光本 茂樹
e-mail : mitsumoto@intermesse.co.jp
URL : http://www.intermesse.co.jp
================================================================

月刊メルマガ 「ITを知ればもっと業務改善デキる」


★月刊でメルマガを配信しております★
本サイトでのコラムとは少し違う角度から毎月お届けしておりますので、
是非、ご購読ください。
読者登録はこちらから

この記事を書いたプロ

株式会社インターメッセ [ホームページ]

中小企業診断士 光本茂樹

神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-4 第6セキビル7F [地図]
TEL:045-949-5699

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務改善メニュー

■見える化/見せる化サービス業務を改善するにあたっては、現行業務の問題や状況を「見える」ようにした上で、改善施策を導き出し、その改善活動の実行経過をどのよ...

 
このプロの紹介記事
IT・業務改善コンサルタントの光本茂樹さん

ITを活用した業務改善支援で、企業経営を成功へと導く(1/3)

 ITを活用した業務改善コンサルティングを提供している「株式会社インターメッセ」。代表取締役社長の光本茂樹さんは、数多くの企業の業務改善を支援しています。その特徴は、経営とITという二つの領域に精通している点。双方のコンサルタントとしての豊...

光本茂樹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ITを活用して、業務改善が連鎖していく仕組みづくりをお手伝い

会社名 : 株式会社インターメッセ
住所 : 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-4 第6セキビル7F [地図]
TEL : 045-949-5699

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-949-5699

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

光本茂樹(みつもとしげき)

株式会社インターメッセ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
パブリッククラウドの普及でPaaSが再びホットに?
イメージ

最近、日経コンピュータ(日経BP社)を読んでいて、アマゾンやマイクロソフトなどPaaS(※)を戦略の要にしているベンダ...

[ クラウド ]

【業務システム:外部委託】ソフト開発業者への要望の伝え方
イメージ

業務改善コンサルタントの光本です。ソフト開発業者へシステム開発を依頼したものの、何をどのように伝えれば...

[ 業務改善 ]

現場改善アプリのバージョンアップでPDCAサイクルがさらに強化
イメージ

業務改善コンサルタントの光本です。今年3月に弊社の新しいクラウドサービスとしてリリースした現場改善アプリTrac...

[ スマホ・タブレット ]

成長ベンチャー(中堅)企業の業務システムに求められること
イメージ

業務改善コンサルタントの光本です。最近、成長ベンチャー(中堅)企業様の業務システム構築に関する導入支援のご...

[ 業務改善 ]

新クラウドサービス:現場改善アプリ 【Tracking@Job】で、PDCAマネジメントを強化
イメージ

業務改善コンサルタントの光本です。今年最初となるご案内は、弊社が満を持して投入する新サービスのご紹介です。...

[ スマホ・タブレット ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ