コラム

 公開日: 2016-08-31 

ごめんなさいが言えない子どもをつくる親

お片づけをしていたらバランスボールがぶつかって
充電中だった叔父さんの携帯が落ちてしまった!

 まずい…

心配そうに携帯を拾う6歳のKoちゃん。
大丈夫そうだと確認して、落ちないように床の隅っこに置く。


本当に「マズイ…」と思ったとき
(特に自分の落ち度だったとわかっているとき)
子どもは瞬時に謝れなくなることがあります。

表情がこわばって
頭の中はどうしようでいっぱい。


 壊れちゃったらどうしよう

 怒られたらどうしよう

 許してくれなかったらどうしよう


謝るのに勇気がいるのは
大人でも経験があるでしょ?



それでも「ごめんね…」と呟いたKoちゃんに
叔父のKは言いました。


 「いいよ。
  言ってくれてありがとう」


*******************


子どもがちゃんと「ごめんなさい」と謝ったら
大人も「いいよ」と許す。

その連鎖がないと
子どもは謝ることができなくなります。


自分が悪いと思ったから「ごめんなさい」と言ったのに

 その後も怒られる。
 「どうするの、これっ!?」

 文句を言われる。
 「まったくあんたって子は…」
 「これじゃあ◯◯じゃないの!」

 過去のことを持ち出される。
 「まったくいつもいつも…」
 「この間もあなたは…」


すると子どもたちは
「ごめんなさい」の意味が見出せなくなってしまいます。


 謝っても怒られるのなら、謝りたくなんかない!


大人だって、同じでしょ?


もしも子どもの「ごめんなさい」が
《とりあえず言っておけばいい》という口先だけで
何度も同じことを繰り返すのなら
向き合い方を変える必要があります。

これはまた、別の話です。


でもKoちゃんのような場合は、「いいよ」と許して終わり!
それがポイント。

しかも叔父のKはさらに
Koちゃんが謝ったことに対して
「ありがとう」という言葉で認めています。


 わざとじゃないけど、悪いことをしてしまった


それは誰にだって経験があるでしょう?

そのときに、謝ることを放棄してはいけないのと同じくらい
「ごめんなさい」を受け入れることが重要なわけです。



子育てしていると思い通りにならないことはたくさんあるでしょう。

でも
こういう小さな積み重ねが
その子のコアを育てるから。


もしも
 「子どもがごめんなさいを言えない」
と悩んでいるのなら。

 「あやまりなさい!」

と言う前に、ごめんなさいの先にあるものを
きちんとやりとりできているかを
見直してみてもいいかもしれません。



◆ もしかして子どもへの声かけが間違ってたかも…と思ったら一緒に見直してみよう
  CASE1. → 個人セッションに申し込む
  CASE2. → 講演を依頼する

【診断・セッション・カラーセラピスト養成講座のお申込み・お問合せはこちら】
 ◇ 電話:044-322-0500
 ◇ メールフォーム:パソコンスマホ

この記事を書いたプロ

彩音 [ホームページ]

カラーコーディネーター 伊藤裕子

神奈川県川崎市麻生区上麻生6丁目 麻生水処理センター近く [地図]
TEL:044-322-0500

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様・受講生の声

【A・I 様】 30代後半・女性・専門職《 足を運んだきっかけ 》   前々から興味のあったカラーセラピー。   本格的に学んでみたいと思い、セラピストのあり...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
彩音の伊藤裕子さん

自分らしく生きる、「本当の私」を取り戻すカラーセラピー(1/3)

カラーボトルを使ったセッションで自分の心の中にある答えを引きだし、未来へつなげていくカラーセラピー。気づかぬうちに自分自身を偽り、心を疲れさせ、窮屈さを感じながら生きていたとしたら、素の自分の心に向き合いナチュラルに生きるきっかけを得られる...

伊藤裕子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自分らしさ、自分らしい生き方を見つけられるセラピー

会社名 : 彩音
住所 : 神奈川県川崎市麻生区上麻生6丁目 麻生水処理センター近く [地図]
TEL : 044-322-0500

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

044-322-0500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤裕子(いとうひろこ)

彩音

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

通っているうちに自分の考え方が変化して、人間関係が楽になりました!

言葉だけは知っていて、前々から興味のあったカラーセラピー...

A・I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
パーソナルカラー診断とは お客様の声&コラム一覧

【似合う色がわからない。それは似合わない色ばかりを選んでいるからかも。】 http://mbp-kanagawa.com/hiroko-...

[ パーソナルカラー ]

いい夫婦でいる秘訣 4~ 離婚のススメ
イメージ

一世代・二世代前とは異なり離婚が珍しいものではなくなった昨今。とはいえ、結婚するときは「一生この人...

[ 夫婦のはなし ]

いい夫婦でいる秘訣 3~「いい嫁」になろうとしない
イメージ

「嫁」って何でしょう?「うちの嫁さんが…」と言う男の人に違和感を感じたのは学生時代のことでした。...

[ 夫婦のはなし ]

いい夫婦でいる秘訣 2 〜 小さくキュンキュンする。
イメージ

20年くらい前に、「彼氏」を「彼氏」というイントネーションで言うようになりましたよね。と、文字で書い...

[ 夫婦のはなし ]

いい夫婦でいる秘訣 1 〜 男性がときめく家庭をつくる
イメージ

「20年も仲良しでいられる秘訣を教えて!」とたまに聞かれます。秘訣なんてあるのかなぁ?と考えて、即...

[ 夫婦のはなし ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ