コラム

2016-08-25

カラーセラピーは胡散臭い?怪しい?占いとはどう違う?

人は自分の常識にないものに対して警戒心を持ったり
拒絶を示したりするものです。

わかりやすい例で見てみましょう。
たとえば《携帯電話》。

今でこそ、1人1台持っているのが当たり前の世の中ですが
私の学生時代は
「電話をもっているなんて、あの人大丈夫?」
という感覚でした。

あの頃は、《個人で電話をもっている人》イコール
《会社の社長さん》か《水商売の人》
というイメージだったのです。
(どちらも否定しているわけではありませんよ〜)

そんな感覚だったので、
「一学生が個人で電話をもっている」なんて
「おかしい」ことだったわけです。

まだ《携帯》という言葉すらない時代でした。


このように、自分の日常にないもの・常識の外にあるものと出会うと
人は「アヤシイ」「胡散臭い」「危険」だと感じます。

日本だと、これらに加えて
「宗教」という言葉を使って拒絶する人も加わりますよね。


広く知られるようになった、ボトルを使ったカラーセラピーは
イギリスが発祥です。

欧米では
 「日曜日はカウンセリングの日!」
 「夫婦喧嘩したからちょっとカウンセリング受けてくる」
なんていう会話がごく普通に交わされます。

でも日本では残念ながら、カウンセリングという言葉を聞くと
 「悩んでる人が受けるものでしょ」
 「精神的に病んでる人のためのものよね」
と、「自分とは関係ない!」という遮断の反応が返ってきます。

そしてたまに言われるのが
 「なんか怖い」

何かを暴かれると思うのかな?とも思うし
自己対話に慣れていない人らしい反応だとも思います。


加えてカラーセラピーは
色のキーワードをきっかけにしてセッションを深めていくもの。

セッションのクオリティはセラピスト次第の部分があるので
「当たってる・当たってない」という認識だけで
終わってしまうことがあるわけです。

そのため

 「カラーセラピーは占いのようなもの」

という誤解が生じてしまうのでしょう。

あたりハズレという視点から見てしまえば当然、
「胡散臭い」とか「怪しい」といった認識につながっていきますよね。

だって

 たかだか色占いでその価格?!高くない?!
 全然当たってなかった!

という感想になってしまうから。


たとえば美容院だったら
日常に定着しているもののため
 「この美容師さんは合わない」→「他を探そう」
となります。

でもカラーセラピーはそうじゃない。
初めて触れたものが、その人にとってはすべてになってしまう。
それが「胡散臭い」「あやしい」を助長するわけです。



 『カラーセラピーは占いではありません』


どう違うのか。

占いというのはDestiny(運命論)で、断定的です。
カラーセラピーが占いなら、言い方はきっとこうなります。

 「あなたはこの色を選んだから、こうなりますよ」
 「この色を選んだということは、こういうことです」

対してカラーセラピーはMind(意志)によるもの。
なのでセラピストは断定しないし、アドバイスもしません。
その方の心の中にあるものを引き出すお手伝いをするだけです。

だからセラピストの言い方はこうなります。

 「この色には◯◯というキーワードがあります。
  それを聞いて何か思い浮かぶことはありますか?」
 「この色には△△という意味もありますよ」
 「こんな見方もできるけど、どうですか?」

それをきっかけに会話を深めていくわけです。

キーワードはクライアントさんの環境や状況によって
ポジティブにもネガティブにも捉えることが可能です。
それに対しての体験も、意見や考え方も人それぞれ。

さらに1色に対してもキーワードは山ほどあります。

だから必ずしも「◯◯」というキーワードにピンとくるとは限らないのです。
その方にとっては「△△」や「☆☆」の方がしっくりくるかもしれない。

つまり、断定のしようがないし、決めつけられるわけがない!

だから相手を見て色を見て
クライアントさんのどの波長が色の波長と合ったのかを
観察しながら会話を深めていくわけです。


セッションを通して、クライアントさんはマインドが刺激されます。
意志の変革が起こると、未来はいくらでも変えていける。

それは「あなたの未来はこうなりますよ〜」という
運命論に即した依存的な何かを伝えることとは一線を画します。

心のストレスを軽減し、スピリチュアルな成長を促していく。
つまり自分の生き方をもち、使命や役割に気づいていく。
すると生き方がぶれなくなる。
それはそのまま、心身の健康にもつながっていくのです。

詳しくは、カラーセラピスト養成講座でね。



◆ 次は【カラーセラピーと好きな色。性格分析とユングの投影法】について
 
◆ 確定している「カラーセラピスト養成講座」の開講日程はこちら。
 http://www.color-saion.com/school/schedule.php


ボトルセッション

【診断・セッション・養成講座のお申込み・お問合せはこちらへ】
 ◇ 電話:044-322-0500
 ◇ メールフォーム(パソコンの方)
   メールフォーム(スマホの方)

この記事を書いたプロ

彩音 [ホームページ]

カラーコーディネーター 伊藤裕子

神奈川県川崎市麻生区上麻生6丁目 麻生水処理センター近く [地図]
TEL:044-322-0500

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様・受講生の声

【A・I 様】 30代後半・女性・専門職《 足を運んだきっかけ 》   前々から興味のあったカラーセラピー。   本格的に学んでみたいと思い、セラピストのあり...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
彩音の伊藤裕子さん

自分らしく生きる、「本当の私」を取り戻すカラーセラピー(1/3)

カラーボトルを使ったセッションで自分の心の中にある答えを引きだし、未来へつなげていくカラーセラピー。気づかぬうちに自分自身を偽り、心を疲れさせ、窮屈さを感じながら生きていたとしたら、素の自分の心に向き合いナチュラルに生きるきっかけを得られる...

伊藤裕子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自分らしさ、自分らしい生き方を見つけられるセラピー

会社名 : 彩音
住所 : 神奈川県川崎市麻生区上麻生6丁目 麻生水処理センター近く [地図]
TEL : 044-322-0500

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

044-322-0500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤裕子(いとうひろこ)

彩音

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

通っているうちに自分の考え方が変化して、人間関係が楽になりました!

言葉だけは知っていて、前々から興味のあったカラーセラピー...

A・I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
パーソナルカラー診断とは お客様の声&コラム一覧

【似合う色がわからない。それは似合わない色ばかりを選んでいるからかも。】 http://mbp-kanagawa.com/hiroko-...

[ パーソナルカラー ]

【締め切り間近!】センセーションカラーセラピー養成講座
イメージ

カナダ式 センセーションカラーセラピーカラーセラピスト養成講座【9月開講】締め切り間近です!セ...

[ カラーセラピスト養成講座 ]

子どものサッカーが上達しない理由。潜在意識へのすり込み
イメージ

ある夫婦が、サッカーをする我が子の前で言いました。 「3年もやってるのに、全然リフティングができないん...

[ 子育ての悩み ]

ごめんなさいが言えない子どもをつくる親

お片づけをしていたらバランスボールがぶつかって充電中だった叔父さんの携帯が落ちてしまった! まずい…...

[ 子育ての悩み ]

カラーセラピーに影響を及ぼしたカラーテスト。性格・かかりやすい病気・精神発達の度合いなどを診断
イメージ

カラーセラピスト養成講座ではカラーセラピーの歴史も学んでいきます。古代から現代まで、実は神秘思想・...

[ カラーセラピー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ