プロTOP:小林都プロのご紹介

感性を豊かにする花と曼荼羅のエネルギーを融合したアレンジメント(1/3)

小林都 こばやしみやこ

チャクラカラーをベースに自分自身を表現するフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント教室「心ときめくフラワー教室 Atelier Bouquet 385」を主宰する小林都さん。数々の資格を持ち、講師として活躍していますが、いま一番力を入れているのが、「曼荼羅フラワー」というアレンジメントです。「マンダラ(曼荼羅)」とは、サンスクリット語で「円」「輪(チャクラ)」などを意味する言葉。仏教、特に密教では、究極の真理や悟りを表すものとして、仏や菩薩(ぼさつ)を配置した象徴的なマンダラが描かれています。

 小林さんとマンダラの出会いは、約5年前。「ヨガのワークショップで、スクリーンに大きく映し出されたマンダラの点描画を見た瞬間、いきなり自分の中に『マンダラフラワー』のイメージが出てきたのです。その後、“チャクラカラー”を意識したフラワーアレンジメントを始めました」。チャクラとは、心身のバランスを整える7つのエネルギーポイントで、第1チャクラは赤、第2チャクラはオレンジなど、それぞれ共鳴する色があります。「花には、人間の五感に働きかけ、感性を豊かにする力があります。そしてマンダラには宇宙的なエネルギーがあり、その中に無限の可能性を見ることができます。この2つを融合したら、新しい自分を発見して、人生を自由に創造することができるようになるのでは?と感じたのです」

曼荼羅フラワーは美や技術を追求するものではなく、自分自身を表現するものです。「自分で花を選び、自由に配置しながら、想像を膨らませていきます。羽や船のような形に仕上げる子どももいれば、ベルサイユ宮殿を思わせる豪華なアレンジを楽しむ人もいます」

<次ページへ続く>

【次ページ】 心のままに自由に花をアレンジして、自分の限界を超える

最近投稿されたコラムを読む
自由記入欄(1)
マンダラのステンドグラス

元々、好奇心旺盛で、何でも感じたことはやってみたいし行ってみたい…と、じっとしてはいられないところがあります。なので、これまでの人生を振り返って見ても後悔し...

自由記入欄(2)
アーティフィシャルフラワーのバスケットアレンジ

主婦でも、月1回くらいは自分の好きなことをする時間があっても良いですよね。お花が好きな方、もの作りが好きな方、手作りでプレゼントを・・・フラワーアレンジ...

小林都プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

本来の自分に深い気付きと無限の可能性を感じるフラワーレッスン

会社名 : 創作曼荼羅フラワー教室 Atelier Bouquet385
住所 : 神奈川県鎌倉市 [地図]
TEL : 080-3531-0338

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-3531-0338

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林都(こばやしみやこ)

創作曼荼羅フラワー教室 Atelier Bouquet385

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
2月22日【幸せ曼荼羅フラワー体験教室】参加者には無料で子育て人間関係等無料相談お受け致します。
イメージ

突然ですが、幸せってなんだろう?と、考えてみたことはありませんか?日々、こんなことあんなことなどやり...

[ 講座のご案内 ]

2月22日(水)3月15日(水)あなたの宇宙を創造できる曼荼羅フラワー体験教室開催!
イメージ

2月3日の節分を境に変化を感じている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?波動がどんどん上がって...

[ 講座のご案内 ]

マンツーマンレッスンはマイペースなのに上達も早く楽しみながらレッスンができます♪
イメージ

毎月1回のペースでレッスンに来られるHちゃん元々とても手先が器用でその上センスも良いので同席されているお...

[ プリザーブドフラワー教室 ]

無意識に幾何学的な配列で曼荼羅フラワーのようなデザインになってしまうのは・・・?
イメージ

寒い日が続くと体は強ばってしまうので温かいドリンクなどを飲むことで自然にバランス調整をしています。心も、...

[ バランスを整える ]

2月22日(水)鎌倉古民家燕カフェさんにて【曼荼羅フラワー】体験教室開催いたします。
イメージ

昨年出展依頼のあった第25回国際平和美術展は、毎年海外の色々な国で開催されていて今年はインドということで...

[ 講座のご案内 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ