コラム

2015-06-24

ポジティブ・シンキングというけれど‥

ゴルフの上達は、スイング技術だけを向上させても実現させることはできません。
ゴルフの上達には、動きやすいカラダ、スムーズに動かせる「カラダ」が必要です。
また、己の能力を、どんな状況でも十二分に発揮させる「ココロ」が必要です。
このコラムでは、ココロ、つまり「メンタル力」を向上させるポイントをお伝えします。

●いつも「ごきげん」なら良いのだけれど‥

人間のココロには2つの状態があります。
「ごきげん」なココロの状態と、「ふきげん」なココロの状態です。

「応用スポーツ心理学」という学問があります。
スポーツ心理学を、あらゆる分野に応用しようとするものです。

ごきげんな状態は、応用スポーツ心理学では「フロー」といい、ふきげんな状態を「ノンフロー」といいます。
フローは人間の機能を高め、物事のパフォーマンスを高めます。
一方、ノンフローは人間の機能を低下させ、パフォーマンスの低下を招きます。

では、皆さんはどんな時に「ごきげん」になり、どんな時に「ふきげん」になるのでしょうか?

「ナイスショットが打てたとき」
「100が切れたとき」
「ロングパットが決まったとき」
「ゴルフ場のフロントの女性が綺麗だったとき」
「いい天気のとき」
「夕飯のおかずが好きなハンバーグだったとき」・・・

いつでもフローでいることができれば理想なのですが、それは難しいでしょう。
なぜなら、先程のような、ココロをフローにする状況ばかりが起こるわけではないからです

「ゴルフの日が雨だった」
「OBを打ってしまった」
「スリーパットした」
「皆の見ている前でチョロした」・・・などなど

人は事あるごとに、ココロをノンフローにしてしまいます。
ココロをノンフローにしてしまう出来事は、枚挙にいとまがないのです。

●ポジティブ・シンキングはシンドイ?

「ポジティブ・シンキング」という言葉があります。
何が起こってもポジティブに考え、ココロをノンフローにしないようにしようという考え方です。

物事を前向きに、そして肯定的に捉えようとするのは必要だと思いますし、すばらしい考え方だと思います。
しかし、OBを打ったのに、心の底からポジティブでいられるでしょうか?
大事なパットを外しても尚、心からポジティブでいられる人が、果してどれだけいるでしょうか?

ポジティブ・シンキングは、川の流れに逆らい、無理矢理泳いでいるようで、とてもシンドイ事のように思うのです。

大切なことは、無理してポジティブを装うのではなく、一旦はノンフローに陥りながらも、そこからココロをフローに転化させる術を身につけることです。

ココロをフロー化させるのは、第二の脳と呼ばれる「ライフスキル脳」です。
このライフスキル脳を磨けば、例えOBを打ってココロがノンフローになったとしても、それを引きずらず、次のショットではココロを「ごきげん」にし、最高のパフォーマンスを引き出すことができるようになるのです。

では、ライフスキル脳はどうすれば磨くことができるのでしょうか?
それは次回からお話していきたいと思います。

----*----*----*----
【著書紹介】
「仕事がデキる人はなぜ、ゴルフがうまいのか?」

▽著書の詳しい内容とご購入はこちら▽
http://www.publabo.co.jp/golf/

▽アマゾンで購入する方はこちら▽
アマゾン購入ページへ

----*----*----*----
▽小森のレッスンに興味のある方はこちら▽
横浜・立場スクール
藤沢・川名スクール
藤沢・湘南台スクール

----*----*----*----
▽取材や講演のご依頼はこちら▽
http://www.golf-house.jp/index.html

----*----*----*----
▽ゴルフスクールのご支援、インストラクターの指導・育成に興味のある方はこちら▽
http://www.golf-house.jp/recruit.html

この記事を書いたプロ

有限会社ゴルフハウス湘南 [ホームページ]

スポーツインストラクター 小森剛

神奈川県藤沢市川名123-1 [地図]
TEL:0466-29-9025

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
イメージ

私はゴルフインストラクターです。しかし、2005年、所属するゴルフスクール運営会社の社長が辞めることとなり、突然、経営を任されることになりました。そのときから...

 
このプロの紹介記事
「ゴルフハウス湘南」で代表取締役社長、ゴルフインストラクターをつとめる小森 剛さん

ゴルフを媒体にして、より多くの人を心身ともに健康へ(1/3)

 横浜や鎌倉、藤沢などでゴルフスクールを運営する“ゴルフハウス湘南”。その代表として、ゴルフインストラクターとして活躍する小森剛さん。最新運動プログラムを取り入れたレッスン方法は、ほかのゴルフスクールと比べて進化系とも言える素晴らしいもので...

小森剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ゴルフレッスンのみならず、講演会や執筆など幅広い活動が強み!

会社名 : 有限会社ゴルフハウス湘南
住所 : 神奈川県藤沢市川名123-1 [地図]
TEL : 0466-29-9025

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0466-29-9025

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小森剛(こもりつよし)

有限会社ゴルフハウス湘南

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ゴルフコースで突然当たらなくなったときの思考法
イメージ

たまには多少のミスはあるものの、いつものように順調なプレーが続いているときに突然のチョロ。慌てて次のショ...

[ ゴルフ上達法 ]

ゴルフ上達のコツは気持ち良く振ること
イメージ

「スイングのポイントは・・肩を回して腰を回して・・手首の角度があぁだこうだ・・」「ついに開眼した!このチ...

[ ゴルフ上達法 ]

自ら作りだす自信で、ゴルフのミスは激減する
イメージ

「池越えのショートホール。池が気になるなぁ・・大丈夫かなぁ・・・」「ここは距離があるからしっかり飛ばさな...

[ ゴルフでメンタル力アップ ]

「週刊ゴルフダイジェスト」(1/28号)に掲載されました
イメージ

先日、週刊ゴルフダイジェストさんの取材を受けました。「ボールを打たずに上達する凄い練習法がる!」と題し、ゴ...

[ ゴルフ上達法 ]

本を出版しました
イメージ

この度、私は『仕事がデキる人はなぜ、ゴルフがうまいのか?』という本を出版しました。ゴルフ指導者が本を出すと...

[ ゴルフでビジネス力アップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ