コラム

2014-04-10

結果に捉われない目標設定

私は以前のコラムで「結果に捉われるとミスを生む」ということを述べ、普段のレッスンでも常にそのことをお伝えしています。
ある時、お客様からこんな質問を頂戴しました。

『私は95を切ることを目標にしています。しかし結果を気にしてはいけないのなら、スコアを目標にしない方が良いのでしょうか?』

確かにスコアは結果ですので、結果に捉われないイコール、スコアに捉われないと思われがちです。
では、どう考えればよいのでしょうか?

■ソチオリンピックに学ぶ

その前に、結果を意識し、結果に捉われる「結果エントリー」がいかにパフォーマンスを落とすことになるのかを、まだ記憶に新しい、ソチオリンピックを例に考えてみましょう。

まずは、女子スキージャンプの高梨沙羅選手。まだ17歳という年齢とまじめ過ぎる性格からか「結果を出さねば‥」という重圧から、明らかにパフォーマンスが落ちていました。

男子フィギュアスケートの羽生結弦選手は金メダルこそ取りましたが、二日目のフリーでは転倒を繰り返し、明らかにパフォーマンスが落ちていました。初日のショートプログラムで最高得点を出したことから結果に執着してしまったのでしょう。
ライバルのパトリック・チャン選手も結果エントリーで心が乱れ、転倒を繰り返したので結果的に羽生選手が金を取りましたが、チャン選手が最高の演技を見せていたら分かりませんでした。

女子フィギュアの浅田真央選手も、金メダルを取らなければと結果エントリーに陥り、SPではまさかの結果となりました。ところが、結果を手放した途端、フリーでは最高の演技を見せてくれました。

結果エントリーがいかにパフォーマンスを下げるかがお解かりいただけると思います。

■目標を細分化する

さて、話を本題に戻します。私は、先程質問をされた方とヒヤリングを続けました。
「今のゴルフがどう変われば95が切れると思いますか?」
「セカンドショットのチョロがなくなれば切れると思います」と、その方は答えます。

この方は、平均100前後で回られているので、6打縮まれば目標の95が切れます。1ラウンドで6打ですので、3ホールで1打減らせば良いことになります。
ヒヤリングを続けると、この方はセカンドショットの2回に1回はチョロなどのミスをしていることが分かりました。そして、このミスを3回に1回ぐらいに減らせれば、3ホールで1打は減らせることが分かりました。

つまり、この方が掲げるべき目標は、『現在は2回に1回の割合ででているセカンドショットのチョロを、3回に1回に減らす』となります。

「では、どんなときにセカンドショットでミスが出ているのでしょうか?」と、私は続けます。
しばらく考えてから、その方は「飛ばそうとリキんだときや、気になる事があって集中できないとき、それから‥あれこれスイングのことを考えているときかな‥」と答えてくれました。

そうです!この方の場合、ミスの殆どの原因がメンタルだったのです。であれば、ただ練習場で闇雲にボールを打っていても問題解決にはなりません。
ラウンド中の正しい思考パターンを知り、実践することが、目標達成に向けてすべきことなのです。

結果は「マルチファクトリアル(多因子)」です。自分の力ではコントロールのしようのない要素が絡み合って決まります。
結果に捉われず、今すべきことを明確にし、そのことに全力投球することが大切なわけです。

----*----*----*----
【著書紹介】
「仕事がデキる人はなぜ、ゴルフがうまいのか?」

▽著書の詳しい内容とご購入はこちら▽
http://www.publabo.co.jp/golf/

▽アマゾンで購入する方はこちら▽
アマゾン購入ページへ

----*----*----*----
▽小森のレッスン・講演に興味のある方はこちら▽
http://www.golf-house.jp/

この記事を書いたプロ

有限会社ゴルフハウス湘南 [ホームページ]

スポーツインストラクター 小森剛

神奈川県藤沢市川名123-1 [地図]
TEL:0466-29-9025

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
イメージ

私はゴルフインストラクターです。しかし、2005年、所属するゴルフスクール運営会社の社長が辞めることとなり、突然、経営を任されることになりました。そのときから...

 
このプロの紹介記事
「ゴルフハウス湘南」で代表取締役社長、ゴルフインストラクターをつとめる小森 剛さん

ゴルフを媒体にして、より多くの人を心身ともに健康へ(1/3)

 横浜や鎌倉、藤沢などでゴルフスクールを運営する“ゴルフハウス湘南”。その代表として、ゴルフインストラクターとして活躍する小森剛さん。最新運動プログラムを取り入れたレッスン方法は、ほかのゴルフスクールと比べて進化系とも言える素晴らしいもので...

小森剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ゴルフレッスンのみならず、講演会や執筆など幅広い活動が強み!

会社名 : 有限会社ゴルフハウス湘南
住所 : 神奈川県藤沢市川名123-1 [地図]
TEL : 0466-29-9025

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0466-29-9025

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小森剛(こもりつよし)

有限会社ゴルフハウス湘南

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ゴルフコースで突然当たらなくなったときの思考法
イメージ

たまには多少のミスはあるものの、いつものように順調なプレーが続いているときに突然のチョロ。慌てて次のショ...

[ ゴルフ上達法 ]

ゴルフ上達のコツは気持ち良く振ること
イメージ

「スイングのポイントは・・肩を回して腰を回して・・手首の角度があぁだこうだ・・」「ついに開眼した!このチ...

[ ゴルフ上達法 ]

自ら作りだす自信で、ゴルフのミスは激減する
イメージ

「池越えのショートホール。池が気になるなぁ・・大丈夫かなぁ・・・」「ここは距離があるからしっかり飛ばさな...

[ ゴルフでメンタル力アップ ]

「週刊ゴルフダイジェスト」(1/28号)に掲載されました
イメージ

先日、週刊ゴルフダイジェストさんの取材を受けました。「ボールを打たずに上達する凄い練習法がる!」と題し、ゴ...

[ ゴルフ上達法 ]

本を出版しました
イメージ

この度、私は『仕事がデキる人はなぜ、ゴルフがうまいのか?』という本を出版しました。ゴルフ指導者が本を出すと...

[ ゴルフでビジネス力アップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ