コラム一覧

1件~15件(19件)

過去の15件

秋は蜂などの害虫に庭や身近な自然緑地でも注意が必要です。

イメージ

 秋の行楽シーズンに潜む危険!最恐生物・スズメバチに注意 写真は蜂の巣ですおそらくはアシナガ蜂の巣と思われますいよいよ楽しい行楽シーズンまっさかり。しかし油断できないのが、日本最恐の野生生物 とも呼ばれるスズメバチ! 通常は手を出さなければ刺されることはあり... 続きを読む

2016-09-12

植物にとっての体感気温、適正な環境とは?

 人間と同じく、植物にも適正な環境が必要です。 当たり前ではございますが、人間と違うのは、植物は暑いときに暑いと言えないことですよね。以前に南国の植物なのに夏に弱る花が、、、と相談を受けました。真夏の気温で考えますと、東京や神奈川県横浜市と沖縄や赤道に近い地域で... 続きを読む

2016-07-19

造園エクステリア、垣根工事

イメージ

 生の竹は人工素材にはない味があります 約半年近く前に施工いたしました、生の竹素材の垣根です。コラムの投稿がかなり遅れてしまいましたが、最近の猛暑で再度生素材の良さを再認識いたしました。最近は金属のフェンスや竹に似せたプラスチック製の垣根が増えてきておりますが、... 続きを読む

2016-07-15

庭の手入れ。真夏は水やりにも注意が必要です。

イメージ

 単純な水やりにも真夏の日差しには注意が必要です。 写真の植物はイワタバコです。真夏の厳しい日差しや高温になる環境で水やりをしますと、イワタバコのように葉が薄く柔らかい植物には、写真のような被害が出やすくなります。真夏の水やりはなるべく早朝か気温が下がる夕方... 続きを読む

2016-07-06

庭の手入れ。熱中症対策2 いよいよ夏本番ですね

イメージ

 もう梅雨あけでしょうか!? 七月に入り梅雨の途中のはずが、本日7月1日猛烈な暑さでしたね!皆様、体調は保てていますでしょうか?週間天気予報を先ほど確認しましたところ、梅雨があけたのか?と考えてしまう、天候と気温が数日間続く予報になっていました。本日も弊社では... 続きを読む

2016-07-01

消毒など害虫や病気の対策

イメージ

 春から初夏にかけて 気温の上昇に伴い、植物の成長スピードが加速する時期ですが、それと同時に植物の病気の発生、害虫も発生しやすくなります。上の写真のように消毒殺虫の機材で、薬物散布するなどの対応策を実施しておりますが、一年を通して考えますと、相当な頻度での作業が... 続きを読む

2016-06-22

熱中症対策 庭など外での作業は気をつけましょう。

イメージ

 真夏直前の今が危険です! もうすぐ夏本番ですね。皆様、体調にはくれぐれもお気をつけください。熱中症ですが、8月よりも今から7月が熱中症は最多発生時期だそうです。つまり体が暑さに慣れる前、梅雨の切れ間の急激な気温上昇や、梅雨が終わる直後に急に来る真夏日が最も... 続きを読む

2016-06-20

今が旬のアジサイ! 素敵な花にはお手入れも必要です

イメージ

 今が旬のアジサイ!梅雨の季節も爽やかな気分にさせてくれますね もうすぐ暑い夏になりますね。梅雨の季節ではありますが、アジサイの見頃という楽しみ方もございます。アジサイの景色といえば、全国にいくつかある中でも、神奈川では鎌倉のアジサイ寺、明月院様が有名ですね。あの... 続きを読む

2016-06-13

枯山水という造園

イメージ

 ヒノキの林に静けさのある枯山水を造りました 枯山水とは水のかわりに砂利や庭石などを使い水の流れを表す造園技術です。庭石のコケを利用して涼やかな空間を表現しています。 散策路のある庭 上の枯山水の庭に散策路を付け加えてあります。弊社では、お客様... 続きを読む

2016-06-04

コニファーの剪定手入れの方法

イメージ

 植物の習性 コニファー系や黒松など、その習性によってはあまりにも長期間にわたり、剪定や刈込などの手入れをしないままの植木は、庭師の実力に関係なく、手入れをしても、おおざっぱにでも元のサイズ、元の形に戻せなくなる事があります。例えばコニファーに共通している特徴とし... 続きを読む

2016-06-01

庭木のトラブル、被害状況を判断

イメージ

 弱った植木も試行錯誤し名木へよみがえらせました。 こちらの黒松は四十数年前に台風で一度根元から倒れてしまい、当時のお寺のご住職様も伐採してしまいましょうか、とあきらめかけたそうです。 その時に若かりし、弊社の安藤和史がダメで元々なら植木として生き返らせてみましょう... 続きを読む

2016-05-28

土砂崩れ災害の危険がある竹害という公害

イメージ

 のどかな景色に見えますが  竹が生息している山の土地をおもちの方はご存知の方も多いでしょうが、竹害とは、竹の成長スピードの速さ、繁殖の速さが他の木々に比べて、非常にはやい事が原因で、周りの近くにある木々に日光があたらないことから周りの木を枯らせてしまい、結果的に... 続きを読む

2016-05-26

草木の成長期に手間のかかる草刈

イメージ

 草刈シーズン 今年も暑い季節になってまいりましたね。夏はもうすぐということでしょうか。これから本格的に草木がのびる季節です。この写真のように年一、二回、四月五月頃と九月十月頃にスッキリと作業できましたら、見ていても、暑い夏に涼し気な光景が楽しめます。また、弊社としま... 続きを読む

2016-05-24

信用できる造園業社を安心して選ぶには。

イメージ

 造園業者の選び方 現在のような時代ですから、造園業者に限らず様々な依頼相手選びは難しいですし、不安も多いことと思います。「造園工事は初めてだから後悔しないようにしたい」とお考えの方のために、造園工事で気をつけたい失敗エピソードをご紹介させていただきます。失敗エピソー... 続きを読む

2016-05-21

草刈や伐採。しばらく放置された場所には必要です

イメージ

作業前作業後 長年放置された場所 今年の冬場に長年放置された急斜面の場所を数日間かけて、整地工事しました。諦めていた危険な場所もご相談ください。また公道に面していて危険など、一定の条件を満たす現場の場合、行政から補助金が支給される場合もございます。一度ご確... 続きを読む

2016-05-19

1件~15件(19件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
有限会社藤美園の安藤和史さん

実績45年!匠の技と感性をもつ庭師!造園・管理・外溝などお任せ下さい(1/3)

横浜市に匠の技をもつ庭師がいます。有限会社藤美園 創業者の安藤和史さんです。修業時代から約45年、今も変わらず実直に仕事に取り組んでいます。幼い頃から家の裏山で遊び、気が付いた時には自然が大好きになっていたという安藤さん。「植物をいじ...

安藤和史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

華道で養った感性と日本古来の技を生かした造園・庭園管理・外構

会社名 : 有限会社藤美園
住所 : 神奈川県横浜市金沢区富岡西3-19-12 [地図]
TEL : 080-7813-1234

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7813-1234

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安藤和史(あんどうかずし)

有限会社藤美園

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
秋は蜂などの害虫に庭や身近な自然緑地でも注意が必要です。
イメージ

 秋の行楽シーズンに潜む危険!最恐生物・スズメバチに注意 写真は蜂の巣ですおそらくはアシナガ蜂の巣と...

植物にとっての体感気温、適正な環境とは?

 人間と同じく、植物にも適正な環境が必要です。 当たり前ではございますが、人間と違うのは、植物は暑いと...

造園エクステリア、垣根工事
イメージ

 生の竹は人工素材にはない味があります 約半年近く前に施工いたしました、生の竹素材の垣根です。コラム...

庭の手入れ。真夏は水やりにも注意が必要です。
イメージ

 単純な水やりにも真夏の日差しには注意が必要です。 写真の植物はイワタバコです。真夏の厳しい日...

庭の手入れ。熱中症対策2 いよいよ夏本番ですね
イメージ

 もう梅雨あけでしょうか!? 七月に入り梅雨の途中のはずが、本日7月1日猛烈な暑さでしたね!皆様、...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ