コラム

2016-02-20

老後の生活資金の運用について

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの長谷川です。
今回は「老後の生活資金の運用について」コラムしたいと思います。何故ならば、「運用」について真剣に考えるときが来たと考えられるからです。
先日、政府・日本銀行が「マイナス金利」の導入を発表し大きな話題になりましたね。皆様は「マイナス金利」というと何を想像するでしょうか?

マイナス金利とは?

「マイナス金利」とは簡単に言うと「金融機関が日本銀行にお金を預けるときに手数料をとられるようになる」という事です。一般的にはお金を預けたら多少でも金利が付きますよね。その金利が1円も付かないどころか逆に手数料(金利)をとられるという意味で「マイナス」なのです。あくまで金融機関と日本銀行との間の話ですので、皆様が金融機関に預けている預金金利がマイナスになるという事ではありません。
政府・日本銀行の思惑としては「日本銀行に預けるお金に対して手数料をとるようになれば、金融機関は日本銀行に預けるお金を減らして企業に対する融資や投資・運用を増やすだろう。それが日本経済の活性化につながる。」という事であると考えられます。しかし実態はどうでしょうか?
融資や投資・運用には必ずリスクがつきものです。日本銀行に預けるお金がそのままリスク資産に向かうとは考えづらいですし、もしかしたら手数料を払ってでも日本銀行にお金を預けておいた方が安全であると考える金融機関もあるのではないでしょうか。
大事な事は、「マイナス金利」=デフレ経済であるという点です。

原理・原則を知るという事。

教科書的に言えば、デフレ経済のもとでは株価や地価は下落します。また、世界中の投資家が日本から資金を引き揚げる事で為替が円安になる可能性もあります。つまり一般的にはデフレ経済に陥った国の金利や株価・地価・通貨などあらゆるものが「安く」なります。
もちろん、現在の金融情勢は様々な要因や国際情勢、需給関係が複雑に絡み合って動きますので必ずしも教科書通りになるとは限らないでしょう。しかしながら原理・原則を知るという事はとても大事な事です。

もう一つの原理・原則。

また、経済は生き物です。私たちが風邪をひいたら医者に行き、薬を飲んだり注射をしたり、また安静にしてとにかく身体を正常な状態に戻そうとしますよね。経済も同じです。デフレ経済に陥ったらさまざまな処方を行うことで正常な状態に戻そうとします。その処方箋の一つが「マイナス金利」なのですが、さまざまな処方箋がその国の経済を立て直して株価や地価・通貨なども正常な状態に戻るようになります。これが「循環=サイクル」です。

運用の3原則を再確認しましょう

ところで皆様は、運用の3原則をご存知でしょうか?
①長期投資 
②分散投資 
③積み立て投資
の3つですね。
①と②は読んで字の如しですが、③は「一度に大きな金額を投資しない。毎月とか毎年とか、とにかく定期的に等金額投資をする」という事です。1年後の株価よりも1か月後の株価、1ヵ月後の株価よりも明日の株価を予想するのが難しいと言われます。短期的な予想ほど当たり外れが大きいので、「とにかく上がっても下がっても定期的に投資する」という事が大事な事なのです。
例えば今後、株価が下がるようなことがあった場合には、保有している株式を売却するのではなく同じ銘柄でも別の銘柄でも構いませんので、とにかく「新たな投資」を検討してください。もしくは上がっても下がっても買い増しを行うことで、全体量を増やしていく事をお勧めします。目先の上下に惑わされることなく、今こそ運用を検討する時期が来たと考えています。

運用の目的を忘れずに。

1年後に大きく利益を上げたい場合には、大きく下がったところで大きく投資するか、勢いよく上がったところで便乗して大きく投資するかしかないでしょう。しかしながら5年後、10年後、あるいは20年後の生活資金の運用を考えるときはとにかく投資の3原則をしっかり守る事。また証券会社や銀行の言いなりではなく、ある程度自分自身のしっかりとした信念を貫くことをお勧めします。

最後に。

つらつらと書きました。思う事をそのままに近い形で文章にしましたので、非常に読みづらい箇所が多かっただろうと思います。最後までお読みくださった方々に感謝いたします。

ありがとうございました。

この記事を書いたプロ

くらしのデザイン研究所 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 長谷川泰且

神奈川県相模原市南区鵜野森1-32-21-205 [地図]
TEL:090-5120-6299

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
費用について

費用の全体像は事務所HPをご覧ください。➡http://kurashinodesign.web.fc2.com/cost.htmlファイナンシャルプランナーへお金の相談をするときは、原則有料相談にな...

特色について

全体像は事務所HPをご覧ください。➡http://kurashinodesign.web.fc2.com/index.html■特色は4つあります。  ❶ 相続対策/老後生活資金準備対策の専門ファイナ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長谷川泰且 はせがわやすあき

「相続対策」「リタイア後資金」の両輪で豊かな人生を支えるFP(1/3)

 相続対策や老後資金を丁寧に相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーがいます。長谷川泰且さんは、節税対策が主流の相続対策の現状を懸念しています。「現在、相続税のかからない人は、約90%以上いると言われています。相続対策の主流が節税だとす...

長谷川泰且プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

誰もが迎える相続と老後資金を本人と家族が満足するように解決

会社名 : くらしのデザイン研究所
住所 : 神奈川県相模原市南区鵜野森1-32-21-205 [地図]
TEL : 090-5120-6299

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5120-6299

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川泰且(はせがわやすあき)

くらしのデザイン研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

従業員の退職金の準備に協力してもらいました!

現在、IT系企業を経営しています。大手企業が参入していな...

N・I
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言書を残した方が良いのか、残さない方が良いのか?

毎日暑いですね。暑いうえに、オリンピックや甲子園も見たい・・・やる事は多くて疲れちゃいますね。熱中症や夏バ...

[ 相続 ]

賃貸経営における「2019年問題」とは何でしょうか?
イメージ

皆さん、「2019年問題」という言葉を聞いたことはありますか?この「2019年問題」とは、住宅需要の低下...

[ 不動産賃貸 ]

法人設立のメリット・デメリット

税金対策抜きに不動産投資で利益は得られないと言われるほど、不動産投資と税金は切っても切れない関係です。加え...

[ 法人 ]

「円満相続」について
イメージ

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの長谷川泰且です。今日は「相続」についてコラムします。私は、①...

[ 相続 ]

軽費老人ホームとはどんな施設でしょうか。
イメージ

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの長谷川泰且です。今回は、「軽費老人ホーム」について分かりやすく...

[ ライフプラン ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ