コラム

2015-09-25

相続対策を考えなければならない人はどういう人でしょうか?

おはようございます。
【相続と老後資金準備】専門FPの長谷川 泰且です。

先日、ある障害者施設の代表者の方から依頼を受けました。内容は、「障害を持った人たちに、将来の年金制度の話をして欲しい」という内容でした。もちろんコラムに掲載することも快く了解頂いています。

今までは社会福祉に関して全く不勉強であったのですが、今回自分なりに少し理解できたことがありますのでご紹介できればと思います。



障害を持った方もさまざまです。先天性だったり事故での後遺症だったり、回復する可能性が高かったり低かったり。私には専門的な事を言う資格はありませんが、ご本人はもちろん親御さんや兄弟姉妹など家族が例外なく望むのは間違いなく「ご本人の幸せ」です。そして幸せにも色々な形があります。病状や症状が回復する幸せもあれば、例え現状のままでも何か打ち込めるものを見つけて生きがいを持つという幸せもあります。そして、ご本人が老後を迎えた時に不自由のない暮らしができるというのも「幸せ」の一つの形ですね。

私は、今回のご依頼に関しては「ご本人が幸せな老後生活を送ることができるような」お話をしようと考えています。症状云々という話は専門家のお医者様にお任せするとして、例え現状のまま老後生活を迎えたと仮定しても「幸せ」な生活を送る事ができるようにする為の「お金」の話。その為に、将来の年金制度について理解して頂く事はとても大切な事です。

そして、ご本人に将来の年金の話をするのはもちろん大切な事ですが同じくらい大切なのは「家族の理解と協力」です。当然ご本人にはできる事とできない事があるという大前提で考えると、むしろ「家族の理解と協力」の方が大切かもしれません。

障害を持った方に限らず、例えば「ひきこもりのお子様」も同じです。本人と周りの人が力を合わせて社会復帰を目指すのはもちろんですが、「もし社会復帰が叶わない状態で老後を迎えた時」の事もしっかり考えた生活設計が必要だと言えるでしょう。

障害を持った方やひきこもりのお子さんは国民年金保険料などを払っていないケースもあるようですので、やはり年金対策は必要でしょう。また親御さんが亡くなった後の生活基盤、例えば住む家はどうするか、年金を補完する収入はどうするか、など【お金の問題】としてきちんと準備しておく事が大切だと思います。

「ニートやフリーター」のお子様の場合も、ご本人や親御さんにとっては同じ思いかもしれませんね。



結論として、相続対策は決してお金持ちだけの問題ではないという事です。資産の大小に関係なく、家族に幸せになってほしいという願いがあれば、その想いを形にするのが【相続対策】だと思います。すべての人にとって「相続対策」が必要だと言っても、言い過ぎではありません。

【相続対策】と言うと、「お金持ちが考える話でしょう。」とか「税金がかかるぐらい資産を持っている人の問題でしょう。」あるいは「うちは、子供が全員仲がいいから大丈夫。」と思いがちです。しかし、そもそも資産の大小と家族の「幸せ」は全然次元の異なる話です。

大切な家族の幸せを望まない人はこの世にいません。そして、家族の幸せを困難にするであろう障壁が一つでもあるのであれば、それは「対策」の必要性を意味していると思います。本当にそう思います。

この記事を書いたプロ

くらしのデザイン研究所 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 長谷川泰且

神奈川県相模原市南区鵜野森1-32-21-205 [地図]
TEL:090-5120-6299

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
費用について

費用の全体像は事務所HPをご覧ください。➡http://kurashinodesign.web.fc2.com/cost.htmlファイナンシャルプランナーへお金の相談をするときは、原則有料相談にな...

特色について

全体像は事務所HPをご覧ください。➡http://kurashinodesign.web.fc2.com/index.html■特色は4つあります。  ❶ 相続対策/老後生活資金準備対策の専門ファイナ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長谷川泰且 はせがわやすあき

「相続対策」「リタイア後資金」の両輪で豊かな人生を支えるFP(1/3)

 相続対策や老後資金を丁寧に相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーがいます。長谷川泰且さんは、節税対策が主流の相続対策の現状を懸念しています。「現在、相続税のかからない人は、約90%以上いると言われています。相続対策の主流が節税だとす...

長谷川泰且プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

誰もが迎える相続と老後資金を本人と家族が満足するように解決

会社名 : くらしのデザイン研究所
住所 : 神奈川県相模原市南区鵜野森1-32-21-205 [地図]
TEL : 090-5120-6299

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5120-6299

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川泰且(はせがわやすあき)

くらしのデザイン研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

以前加入したっきりで内容が分からなかった医療保険が理解できました!

主人が、会社の健康診断で「糖尿病」の疑いを指摘され、その...

K・N
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言書を残した方が良いのか、残さない方が良いのか?

毎日暑いですね。暑いうえに、オリンピックや甲子園も見たい・・・やる事は多くて疲れちゃいますね。熱中症や夏バ...

[ 相続 ]

賃貸経営における「2019年問題」とは何でしょうか?
イメージ

皆さん、「2019年問題」という言葉を聞いたことはありますか?この「2019年問題」とは、住宅需要の低下...

[ 不動産賃貸 ]

法人設立のメリット・デメリット

税金対策抜きに不動産投資で利益は得られないと言われるほど、不動産投資と税金は切っても切れない関係です。加え...

[ 法人 ]

「円満相続」について
イメージ

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの長谷川泰且です。今日は「相続」についてコラムします。私は、①...

[ 相続 ]

軽費老人ホームとはどんな施設でしょうか。
イメージ

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの長谷川泰且です。今回は、「軽費老人ホーム」について分かりやすく...

[ ライフプラン ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ