コラム

2015-08-23

個人事業主のみなさまへ、法人化のはなし①「法人化したほうがいいのか?」

こんにちは、相模原のFP 長谷川 泰且 です。

みなさまの中には、個人で事業をしている方も多いかと思います。
今回のコラムは『法人化』を考えておられる方々へ、参考になりそうなお話を少しだけさせて頂きます。

ちなみにこのお話は、ご紹介で知り合ったある二級建築士の方からのご相談にお答えした内容です。
その二級建築士の方は、いまは一人で仕事を引き受けているいわゆる「ひとり親方」ですが、何とか売り上げも増えてきたので、『法人化』を検討したいとの事でした。
ただ、「いま、法人にしたほうがいいのかなあ、どうかなあ。」という抽象的なニーズでしたので私の方で一般論をお答えしたんです。

具体的な手続き方法や費用に関しては会計士や税理士、または司法書士の先生方のお世話にならないといけません。
私のコラムは、ごくごく一般的なアドバイスとして参考にしてくださいね。

法人企業のメリット

二級建築士の方がいちばん聞きたかった事でした。

■取引先や金融機関に対する『信用度』が高い
財務状況や経営状況が明確にされるため、社会的信用度が高くなります。

■法人企業ならではの『優遇税制』が受けられる
①所得分散<法人所得と個人の給与所得に分散>
法人企業が社長に役員報酬を支払うことで法人所得と社長の給与所得とに分散させることができ、それぞれの所得が減少するために課税所得を抑えることができます。
また、法人企業が支払う役員報酬は損金算入でき、社長が受け取る役員報酬は給与所得控除が活用できます。

②青色欠損金の繰り越し
青色申告をしていれば、赤字決算(欠損金)が発生した場合でも「9年間」は翌期に繰り越しができます。

③退職金の支払い
法人企業は社長に退職金を支払うことができます。
社長が受け取った退職金には、「退職所得控除」「1/2課税」「分離課税」のメリットがあります。

■株式会社は責任が『有限』です
個人の責任は会社への出資額の範囲内のみとなります。

■事業の『継続性』がある
社長が代わっても会社は法律的には同一なので、事業としての継続性や安定性があります。

法人企業のデメリット

もちろん、『デメリット』もあります!

■会社設立時の初期費用(資本金や登記費用)が必要である
■「定款」を作成しなければならない
■会社運営維持のための費用(法人住民税など)
■法人税の均等割(赤字でも年間7万円は納める)
■社会保険料などの負担が必要になる
■定期的に役員登記などの対応が必要
■交際費などが一部または全額が損金とならない(個人事業者は全額が必要経費になる)
■社長の給料は1年間変更できない

などいろいろあります。

いまは会社法も変わり、「資本金も1円から可能」になりました。また登記も最短1週間程度、数万円もあればオンラインで可能になっています。
しかし現実には「1円」で会社運営ができるはずもないですし、格安料金で登記はできてもその後さまざまなコストがかかってきます。
情報におどらされることなく、きちんと事前相談してから方向性を決めるようにしましょう。

次回は法人化したあとに経営者の方々が取り組む項目についてコラム掲載させていただきます。
私が実際の経営者の方々に協力していただいた「アンケート」結果に基づいていますので、すごく現実的で興味深い内容になると思いますので、ぜひ楽しみにしておいてください。

ありがとうございました。

http://mbp-kanagawa.com/fp-hasegawa/

この記事を書いたプロ

くらしのデザイン研究所 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 長谷川泰且

神奈川県相模原市南区鵜野森1-32-21-205 [地図]
TEL:090-5120-6299

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
費用について

費用の全体像は事務所HPをご覧ください。➡http://kurashinodesign.web.fc2.com/cost.htmlファイナンシャルプランナーへお金の相談をするときは、原則有料相談にな...

特色について

全体像は事務所HPをご覧ください。➡http://kurashinodesign.web.fc2.com/index.html■特色は4つあります。  ❶ 相続対策/老後生活資金準備対策の専門ファイナ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長谷川泰且 はせがわやすあき

「相続対策」「リタイア後資金」の両輪で豊かな人生を支えるFP(1/3)

 相続対策や老後資金を丁寧に相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーがいます。長谷川泰且さんは、節税対策が主流の相続対策の現状を懸念しています。「現在、相続税のかからない人は、約90%以上いると言われています。相続対策の主流が節税だとす...

長谷川泰且プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

誰もが迎える相続と老後資金を本人と家族が満足するように解決

会社名 : くらしのデザイン研究所
住所 : 神奈川県相模原市南区鵜野森1-32-21-205 [地図]
TEL : 090-5120-6299

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5120-6299

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川泰且(はせがわやすあき)

くらしのデザイン研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

以前加入したっきりで内容が分からなかった医療保険が理解できました!

主人が、会社の健康診断で「糖尿病」の疑いを指摘され、その...

K・N
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言書を残した方が良いのか、残さない方が良いのか?

毎日暑いですね。暑いうえに、オリンピックや甲子園も見たい・・・やる事は多くて疲れちゃいますね。熱中症や夏バ...

[ 相続 ]

賃貸経営における「2019年問題」とは何でしょうか?
イメージ

皆さん、「2019年問題」という言葉を聞いたことはありますか?この「2019年問題」とは、住宅需要の低下...

[ 不動産賃貸 ]

法人設立のメリット・デメリット

税金対策抜きに不動産投資で利益は得られないと言われるほど、不動産投資と税金は切っても切れない関係です。加え...

[ 法人 ]

「円満相続」について
イメージ

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの長谷川泰且です。今日は「相続」についてコラムします。私は、①...

[ 相続 ]

軽費老人ホームとはどんな施設でしょうか。
イメージ

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの長谷川泰且です。今回は、「軽費老人ホーム」について分かりやすく...

[ ライフプラン ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ