コラム

 公開日: 2016-11-20  最終更新日: 2016-11-23

収納に入れるものとは?

収納がいっぱいで部屋にあふれている!!
足の踏み場がだんだんなくなってきている!
捨てればいいのはわかるけれど、なかなか捨てられない。
はじめの一歩は捨てることといっても、ごみ袋片手に部屋をうろうろしても
何を捨てていいのかわからない。

それは、あふれているものこそ使っているものが多いからです。
収納に入っているものがいっぱいで、新しく買ってきたもの使ったものが
いまえずにあふれてしまっているケースが多いのです。

まずはじめにすることは分けるです。
部屋全体があふれている場合は
①物ごとに分けます。
服類、文具類、薬類、紙・書類などでざっくりわけます。
(紙袋など使うとよいでしょう)
②本来しまうべき場所の近くに置きます。
③さらに分類の一つを分けていきます。例えば服類は。
アイテムごと、スカート、パンツ、ニット、ブラウスなどに分けます
④収納スペースを空にします。
今入っているものは一回出してどこに何を置くか決めたらそこに
主に着る物や使っているものだけを入れます。
⑤収納スペースに入りきらず保管するスペースもない
さらに次のような場合は処分を考えましょう

■同じようなアイテムが複数あり使っていないもの
■1年以上着ていない服や使っていない物
■愛着があるといいつつ手入れをしていないもの
(大事なものは最小限に手入れをできる範囲に)
■あることすらを忘れていた物

これらのものは、あるのに買ってしまった。
持っているものが把握できないくらいの量。
愛着と言いつつ大事にしていない。
など忘れてしまっていることが原因です。

本来、収納スペースとは使わないもの、いらないものをしまうところではなく
使うものをしまっておくものです。日ごろからこのことを意識して
物の量を把握しましょう。

この記事を書いたプロ

株式会社横浜セイビ/コピエ [ホームページ]

整理収納アドバイザー 山口美佐緒

神奈川県横浜市戸塚区汲沢町1161-1 石井ビル1F [地図]
TEL:0120-957-757

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社横浜セイビ/コピエの山口美佐緒さん

「片づけられない」を一人で悩まないで!!原因を相談し、片づけをしてもらおう!(1/3)

 物を「片づけられない」で悩む女性の手助けとして、片づけサービスを展開している「コピエ」の統括リーダー・山口美佐緒さん。顧客の「片づけられない」本当の原因や悩みを丁寧に聞きとり、生活スタイルに合わせた片づけを手助け。神奈川を中心に活躍してい...

山口美佐緒プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

片づかない原因をヒアリングし、片づけられる方法を支援

会社名 : 株式会社横浜セイビ/コピエ
住所 : 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町1161-1 石井ビル1F [地図]
TEL : 0120-957-757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-957-757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山口美佐緒(やまぐちみさお)

株式会社横浜セイビ/コピエ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ママのためにお片付けレッスン~子育て中に増えるモノの片づけ方~

小さいお子さんがいる家庭は片付かない!?実はそんなこともありません。夫婦ふたりで暮らしていた時と比べた...

[ セミナー ]

「捨てられない」「着る服がない」という人の洋服見直し術
イメージ

連休真っ最中ですが、体と心を休ませることに使っている方旅行やレジャーを楽しんでいる方、お家のメンテナン...

[ 片づけ ]

今度こそ!片付くための仕組みづくり
イメージ

4月に入って新しい環境に変わったという方も多いのではないでしょうか。「心機一転」「気持ちも新たに」など...

[ 片づけ ]

見せる収納と隠す収納
イメージ

見せる収納か隠す収納か?「出して置くとほこりが・・・」「しまうとわからなくなってしまう・・・」と...

[ 整理収納 ]

片付けで防災のための一歩
イメージ

部屋の片づけで大事なのは、なぜ片づけるのか目的を持つことです。ゴールが明確でないと出してはまた元のところ...

[ 整理収納 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ