コラム

 公開日: 2017-05-14 

なんとかしたい!-捨てたいけれど捨てられない洋服-



もう、着なくなって、
今やタンスの肥やしになってるだけとは、わかっていても、
捨てられない洋服って、ありますよね?
その理由として、
自分が大事にしてきた洋服をゴミにしてしまうのは・・・。
と思われているお客様が多いです。
例えば、亡くなられた奥様の洋服を
このまま置いておいても、着る人もいないし、
ただ、古びていくだけなので、なんとかしたいけれど、
処分するとなると、ゴミに出すことになるので、
そこに抵抗があるとおっしゃられます。
確かに 自分が思い入れのあるモノが、
ゴミ扱いされるとなると、気分的に良くありません。
そんな場合は、バザーや洋服交換会に出して、
欲しいと思われる方に活用してもらったり、
寄付をすることで、世界の子供にワクチンを贈ったりする、
社会貢献、国際協力、海外支援という方法もあります。
このような所を利用すると、
「処分=ゴミとして捨てる」という概念から、、
自分には、もう着られないけれど、大切な洋服が、
どこかで、誰かの役に立っていると思え、
処分する際の気持ちも変わって、
タンスの肥やしの量も減る方が多いです。
ネットで検索すると、沢山ありますので、
ご自分にあった所を探してみてください。

【参考リンク】
●洋服交換
  xChange http://letsxchange.jp/
●寄付・社会貢献・国際支援 他
  公益財団法人 日本キリスト教婦人矯風会  http://kyofukai.jp/
  わかちあいプロジェクト  http://www.wakachiai.com/clothes/
  フクサポ https://fukusapo.com/
  古着deワクチン http://furugidevaccine.etsl.jp/

この記事を書いたプロ

comfy living [ホームページ]

講師 弘瀨美加

神奈川県横浜市青葉区美しが丘 [地図]
TEL:080-5653-8424

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
弘瀬様プロフィール写真

高齢者の心身の衰えに配慮した整理収納方法を用いて安心で安全な住環境をサポート(1/3)

 「整理収納というと、必要なモノとそうでないモノを分けて家の中をすっきりさせることをイメージしますが、私が行っているサービスは自立支援や介護予防につながることを主としています」 こう語るのは、高齢者の心身の衰えに対応した整理収納方法で安心...

弘瀨美加プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

高齢者が安全で快適に暮らせるための整理収納方法をアドバイス

屋号 : comfy living
住所 : 神奈川県横浜市青葉区美しが丘 [地図]
TEL : 080-5653-8424

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5653-8424

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

弘瀨美加(ひろせみか)

comfy living

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
公式テキストを一般販売
イメージ

高齢者の整理収納サポーター養成講座〈基礎研修〉公式テキスト『地域で支える高齢期の整理収納・自宅でいき...

[ 介護予防 ]

かながわ未病改善協力団体に承認されました
イメージ

神奈川県では、健康寿命延伸に向けて「未病を治すかながわ宣言」(平成26年1月)を公表し、「食・運動・...

お部屋を整えてアクティブにコミュニケーション
イメージ

高齢者のコミュニケーション不足は、脳の活動を低下させて、体の老化の進行やうつ状態を引きおこす原因...

[ 介護予防 ]

スリッパからルームシューズで転倒予防
イメージ

東京都生活文化局「ヒヤリ・ハット調査『シニア世代における衣服・履物の危険』報告書」によると、(2014...

[ 介護予防 ]

家具の見直しで安全な暮らし
イメージ

シニア世代になると、家具に手をついて体重をかけることが増える方が多くなってきます。平成24年2...

[ 高齢者の整理収納 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ