コラム

 公開日: 2017-04-09 

手術後も考えた病室の整理収納



手術のため病院に入院され、
手術後、身体が自由にならない間も
自分のことは自分で出来るように
自ら工夫をされ、
病室のモノの整理収納したA様の実例です。

1704092

食事グッズ 日用品 などを
それぞれグルーピングしてカゴの中に。

1704093

ベッドのサイドガードには、
この方のお姉様が作くられた
両サイドに ポッケが沢山付いていて 
ミニハンカチ ポケットティッシュ リップクリームなど
色々な七つ道具が入れられている
お助け物の入院グッズを取り付けて
よく使うモノを収納。

1704095
ベッドの横にある食台の引き出しには、
お薬を1回分量にして種類別に収納。

この他にも、
備えつけのクローゼットの下には、
看護師さんに着替えさせて頂く時を考えて
パジャマと下着類をセットにして収納。
何処に何があるのか すぐに解るように 
看護師さんへの心遣いをされていました。

入院時 何処に何を置くかと言う事は とても重要なこと
と、A様は、おっしゃいます。
この言葉には、看護師さんへお心配りもありますが、
A様が、手術後、少しでも早く、
自分のことは自分でできるよう 自立しよう
という強い意志もあるように思えました。
それに整理収納というスキルが役立っていることに
とても嬉しく思いました。

入院すると、多くの場合は、
その病気を治すために、安静を保つことになります。
これは、やむを得ないことなのですが、
生活不活発病(廃用症候群)の大きな原因になり、
病気は治ったけれど、寝たきりになってしまった
というような事態になるケースが、
若い方に比べて、高齢の方に多いと言われています。
そうならないためには、
安静の期間がすぎたら、医師に相談しながら、
自分で出来ることは自分でするということは大切なことです。
出し入れしやすく使いやすいモノの配置で、
A様のように前向きなお気持ちになられる方が、
少しでも増えるといいなと思います。

この記事を書いたプロ

comfy living [ホームページ]

講師 弘瀨美加

神奈川県横浜市青葉区美しが丘 [地図]
TEL:080-5653-8424

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

79

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
弘瀬様プロフィール写真

高齢者の心身の衰えに配慮した整理収納方法を用いて安心で安全な住環境をサポート(1/3)

 「整理収納というと、必要なモノとそうでないモノを分けて家の中をすっきりさせることをイメージしますが、私が行っているサービスは自立支援や介護予防につながることを主としています」 こう語るのは、高齢者の心身の衰えに対応した整理収納方法で安心...

弘瀨美加プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

高齢者が安全で快適に暮らせるための整理収納方法をアドバイス

屋号 : comfy living
住所 : 神奈川県横浜市青葉区美しが丘 [地図]
TEL : 080-5653-8424

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5653-8424

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

弘瀨美加(ひろせみか)

comfy living

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
『高齢期のわくわく片づけ講座』 主催者様募集
イメージ

『暮らしの大人塾』第1弾として、高齢者の住環境サポーターが、もっと身軽に暮らしたい…とは思うけれど、...

[ イベント・セミナー ]

公式テキストを一般販売
イメージ

高齢者の整理収納サポーター養成講座〈基礎研修〉公式テキスト『地域で支える高齢期の整理収納・自宅でいき...

[ 介護予防 ]

ハーバリウムでオイルランプ
イメージ

今、話題の水の様な液体の中で揺らめくお花が観賞できるハーバリウム。水の様な液体はオイルで、専用のモノ...

[ ルームスタイリスト ]

高齢者に優しいキッチン
イメージ

立って作業する事が多いキッチンでの調理。高齢になると、膝や腰に痛みが出たりと調理の作業が大変に思わ...

[ 高齢者の整理収納 ]

コーヒーショップでハートウォーム
イメージ

友人と打合せを兼ねてコーヒーショップへ行きました。あれこれ、話をしている途中、友人が、『見てられな...

[ 雑記 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ