コラム

 公開日: 2012-05-12  最終更新日: 2014-07-17

4/28アーテリジェントヒルズ 「ゴールデンウィーク直前!シューズセラピー」

六本木アカデミーヒルズのアーテリジェントヒルズで靴の中にインソールを入れる講義をさせていただきました。


概要は以下の通りです。

日時
2012年04月28日 (土) 10:00—12:00

内容
デザインが気に入って靴を履いたはいいけれど、疲れるなんてこと、ありませんか?それは、靴の中であなたの足が前に滑らないように頑張って疲れている証拠。あなたの足の特徴を把握して、足に合った中敷き(オリジナルインソール)をご自身で作ってみませんか?自分の足に合った中敷きを靴に入れるのもあなたをいたわる大事なセルフケアです。シューズセラピーと言って、靴が「足のソファ」になりホッと癒される経験を是非ご体験下さい。ゴールデンウィーク前にインソールの入ったあなただけの靴を作って、楽しくお出かけしてみませんか?

<当日の講座内容>

1. 靴の中にインソールを入れる目的 (10分)
  ・インソールの目的
  ・インソールの注意点
  ・足のチェック
  ・インソールの素材

2. インソールを施せない靴があります (15分)
  ・これまでお断りしたシューズ

3. インソール講義 (20分)
 ・履いていない時以外はずっと履いているんだから勿体ないでしょう
  ・どんな靴のトラブル?
  ・原因は何?
  ・インソールによるフットケアは?
  ・主にインソールを作成するのに適していると思われる方

4. インソールの実技に使う部分インソールの説明 (5分)

5. インソール実技 (70分)
  ・教材を使いながら、あなたの靴にインソールを入れていきます


受講料(税込) 3,000円
教材費(税込) 1,500円
(DSIS 3軸アーチパッド 2mmプレーンシート)

ご用意いただくもの インソールを入れる靴1足(予備でもう一足あると望ましい)、カッターをお持ちください。
注意事項 靴によってはインソールを入れられない場合もあります。
下記をご参照ください。
インソールを施せない靴の例
http://goope.jp/goope/4902/120214094359w2tn.pdf
インソールを入れるのに適した靴の例
http://goope.jp/goope/4902/1202141553559psk.pdf

提供スクール 美脚マエストラ
http://asukasystem.co.jp/
会場 六本木アカデミーヒルズ49(六本木ヒルズ森タワー49階)
概要は以上です。



お手持ちの靴を別に持ってきていただき、自分の足にあったインソールを作成して入れてもらいました。
皆様、お手持ちの靴はインソールを入れる事ができる靴で問題はありませんでした。



登録参加人数は25名
実際お越しいただきました参加人数は16名でした。
アンケートを頂きました人数は12名でした。

参加頂いた方のアンケートでは
講座を受講されていかがでしたか?の問いに
「大満足」とお答えいただきました方が8名
「満足」とお答えいただきました方が4名

受講された講座のご意見をお聞かせ下さいの問いには
・足の健康の理屈、靴が痛い理屈がよくわかった(41歳以上女性)
・自宅でも出来そうなケアが、とてもよかったです(41歳以上女性)
・楽しかったです 大満足です。
・履きづらかった靴が履きやすくなって嬉しいです。(41歳以上女性)
・満足!(36歳~40歳女性)
・大変だと言う事がわかった!楽しかった。色々勉強になったので家に帰り、他の靴もためしてみたい(41歳以上女性)
・役に立ちました。(41歳以上女性)
・大変(作業)でしたが、楽しかったです。(41歳以上女性)
・履けなくなっていた靴がまた履けるようになったので満足です。(36歳~40歳女性)
でした。



靴では、皆様靴に興味しんしんの方ばかりで、今まで取材に行ったカルッツェリアホソノさんの靴であったり、これから紹介するサロン・ド・ワシントンの靴をお持ちの方もいらっしゃいました。今回インソールがかなりしっかりしている千趣会のパンプスを皆様にお見せしました。
好きな靴、ちょっとあたるけれどまた履きたいという事でお持ちいただくきっかけになった靴も多かったです。

色々な靴ブランドを取材して本当に本当に良かったです。

ただ、皆様足に合った靴をお召しかと言うとなかなか自分に合った靴の選び方をわかっていない方も多かったです。
自分の足より大きい靴、外反母趾なのに、母趾球にスロートが当たる様な靴をお選びしていたり、細い足なのに、幅の広い靴をお選びであったり、幅の広い足なのに、細いラインの靴をお選びいただいていたりです。
靴ブランドの得意分野はある程度あって、たとえば、甲が薄い足向き、甲が厚い人向き、外反母趾の得意な靴ブランド、内反小趾の得意なブランド、オブリークトゥ、幅の細い足向きを扱っているブランド、足にタコやうおのめができやすいかたむきの靴、カカトが小さくて靴が脱げやすい方、カカトが大きい方向きなど靴ブランドの得意分野はあると思いますので、もっと勉強してお伝えできたらいいなと思いました。
ご参加くださった方、本当にありがとうございました。

次回は6/3です。
6/3六本木ヒルズアーテリジェントスクール 足・靴・歩行から「魅せる足」へ ~トータルフットケアサロンがお贈りする魅せる足の作り方の秘訣~
http://mbp-kanagawa.com/asukata/seminar/368/

是非、こちらもご参加ください♪

この記事を書いたプロ

サロン・ド・コンソラーレ [ホームページ]

エステティシャン 飛鳥田由理

神奈川県相模原市南区 [地図]
TEL:070-2173-1747

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
美脚のスペシャリスト
イメージ

【キスされたくなる足に】どこにあるのかわからない美脚専門サロンサロン・ド・コンソラーレは夜のお客様を歓迎します。夜限定として、角質ケアが4500円の...

メディア実績
イメージ

美脚マエストラのサロンが町田駅前に移転しました。10月6日にフジテレビのノンストップ内いいものプレミアムで美脚マエストラプロデュースの下半身を引き締めるトー...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
足専門サロン「サロン・ド・コンソラーレ」美脚マエストラ 飛鳥田由理

女性の脚は艶やかに美しくなる 「ピアノウォーク」をすべての女性に(1/3)

 きれいなラインの脚、「わたしには縁がないわ」と思っている女性はいませんか。諦めることはありません。誰でもその人が持つ、最高に美しい脚線美を手に入れることができます。美脚マエストラの飛鳥田由理さんは、これまで5万人以上の女性に、「触りたくな...

飛鳥田由理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足・脚・歩行から「魅せる脚」へ 美脚マエストラ 飛鳥田由理

店名 : サロン・ド・コンソラーレ
住所 : 神奈川県相模原市南区 [地図]
TEL : 070-2173-1747

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

070-2173-1747

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飛鳥田由理(あすかたゆり)

サロン・ド・コンソラーレ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

いい感じです。また、行きますね。

こんばんわ、飛鳥田さん。今日はありがとうございました。 ...

サロンのお客様
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(18

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
フジテレビ ノンストップ内いいものセレクションに出演します。
イメージ

美脚マエストラのサロンが町田駅前に移転しました。10月6日にフジテレビのノンストップ内いいものプレミアムで...

[ 美脚マエストラ飛鳥田由理 ]

クラヴィエ ピアノウォークヒールバレエ 【ショップチャンネル】
イメージ

美脚サロン“サロン・ド・コンソラーレ”主宰の美脚マエストロ飛鳥田由理(あすかた ゆり)氏がプロデュースした...

[ 美脚にかかせない靴 ]

クラヴィエ ピアノウォーク ヒールバレエ【ディノス】
イメージ

 商品説明 まるで足指で奏でる!?ピアノウォーク美脚マエストラが考案、足・靴・歩行から魅せる脚へ。♪3...

[ 美脚にかかせない靴 ]

日テレのズームイン!!サタデーに美脚のスペシャリストとして出演します。

日本テレビ「ズームイン!!サタデー」(以下、日テレ「ズムサタに」省略)に美脚特集でサロンに取材が入りました...

[ 美脚マエストラ飛鳥田由理 ]

クラヴィエ ピアノウォーク ヒールバレエ【セシール】
イメージ

 商品説明 セシールおすすめのクラヴィエ ピアノウォークヒールバレエです。脚長に見せ、脱ぎたくない程心地よ...

[ 美脚にかかせない靴 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ