コラム

 公開日: 2016-11-17 

家具固定、金具ネジ止めの際の注意点②

前回に続き家具や家電の転倒防止対策をする際の注意点
今回は「金具・ネジ止め」について




突っ張り棒に次いで多く使用されているのがL字金具など金具類を使ったネジ止めです。

壁と家具にネジを打ち込む事から一見強そうに見えますが、
壁のどこに打ち込むかによって効果に大きな差があります。

突っ張り棒を天井に突っ張る際の注意点(前回コラム)と同様に壁も1センチ前後の薄い石膏ボードの家がほとんどです。
非常にもろい石膏ボードにネジを打ち込んだだけでは大きな地震の揺れで家具の重さに耐えきれず簡単に抜けてしまいます。

ポイントは「壁(ボード)の裏に隠れた間柱と言われる柱を狙い、少し長めのネジを打ち込む」という事です。
数十センチごとに隠れている間柱を探すのは大変困難ですが、柱を探すアイテムも多数売られております。

そしてもう一点注意が必要です!
家具の天板も弱い場合があるので、その場合は天板に補助板をネジでしっかり止め
そこに金具を止めましょう。

金具での転倒防止対策は賃貸ではなかなかできません。
そしてせっかくのマイホームの壁やお気に入りの家具に穴をあけてしまうというデメリットもあります。
家具の配置換えも気軽にはできません。

他の固定方法も試してみてはいかがでしょうか☺

わが家にあった対策をご提案させていただきます。
お気軽にご相談ください。

次回は耐震マットについての注意点です。
㈱エリアプロジェクト 小杉駿介
http://www.are-pro.com/

この記事を書いたプロ

株式会社エリアプロジェクト [ホームページ]

小杉駿介

神奈川県横浜市都筑区中川4-12-1-101 [地図]
TEL:045-299-9080

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社エリアプロジェクト、小杉駿介さんプロフィール画像

地震による死者・負傷者“ゼロ”を目指し、家具や家電の耐震対策に取り組む(1/3)

 「地震がきても突っ張り棒で家具を固定したから大丈夫! と思っていませんか? 震度が強く大きな地震がきたら、突っ張り棒は役に立たなくなることがあります」 と教えてくれるのは、株式会社エリアプロジェクト代表の小杉駿介さん。 地震大国日本...

小杉駿介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

賃貸、美観、それぞれの家に合った家具の転倒防止対策を行います

会社名 : 株式会社エリアプロジェクト
住所 : 神奈川県横浜市都筑区中川4-12-1-101 [地図]
TEL : 045-299-9080

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-299-9080

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小杉駿介(こすぎしゅんすけ)

株式会社エリアプロジェクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
地震保険加入者様【必見】損害調査コンサルティングのご紹介
イメージ

【地震保険加入オーナー様対象】損害調査コンサルティングのご紹介をはじめました。神奈川・東京では地震確率...

[ 地震関連情報 ]

マンションでの地震火災対策
イメージ

マンションでの地震火災対策2次災害として怖いのがやはり「火災」、火災の中でも約6割を占めるのが「通...

[ 意識を変えよう! ]

「阪神淡路大震災から22年」
イメージ

22年前の 1995年1月17日 午前5時46分 阪神淡路大震災が起こりました。【直下型地震】死者: ...

[ 意識を変えよう! ]

「2017年の地震対策」
イメージ

明けましておめでとうございます。年明けから地震対策のコラムを書いてしまいますが、、、2016年、非...

[ 意識を変えよう! ]

あなただけではない!地震対策は家族や孫、ご近所、救助隊までも守る!

あなただけではない!地震対策は家族や孫、ご近所、救助隊までも守る!!先日、横浜市神奈川区にて家具の耐震...

[ 意識を変えよう! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ