コラム

 公開日: 2017-06-08 

不動産相続について

「自分は相続税の対象ではないから、対策しなくていい」
たしかに税金対策という面では必要ないかもしれません。
ただ、不動産を所有している方についてはすべて「不動産相続」の対策が必要になる可能性があります。
では、「不動産相続」の対策って?

1つのケースを。
父・母・長男・次男・長女の家族構成。
父母と次男が居住している土地・建物あり。
長男は独立して、長女は結婚してそれぞれ別の不動産を所有。
父が亡くなったとき、土地・建物どうしましょう?
簡単に言えばこれが「不動産相続」です。

母「次男に面倒見てもらうから相続させたい」
長男「いいよ」
長女「いいよ」
次男「いいよ」
長男の嫁(部外者)「何言ってるの!もらえるものはもらっときなさい!」
長男「弟の名義にするのやっぱやめた」
さて、不動産の名義どうしましょう?
よく「遺言書きましょう!」ってセミナーやってますが、本当にそれで正解でしょうか?
たしかに不動産の名義は遺言書があれば次男にすることができます。
長男の嫁(部外者)「遺留分もらいなさい!」
長男「(たしかに自分の知らない間に遺言書きやがって…)遺留分くれ!」
果たしていくらあげたらいいのでしょう?
不動産の価値っていくら?
このように「不動産相続」は不動産を持っているすべてが対象になる可能性がなります。
「宅地建物取引士登録している不動産に強い司法書士」である当事務所にぜひご相談を。

この記事を書いたプロ

司法書士 青木一典事務所 [ホームページ]

司法書士 青木一典

神奈川県平塚市紅谷町3番5号 プライムスクエアー湘南平塚2階 [地図]
TEL:0463-74-4588

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
司法書士青木様:プロフィール写真

「堅くて近寄りがたい」イメージを払拭する「人情派」司法書士(1/3)

 「世間では司法書士と聞くと、『堅くて近寄りがたい』と思う方はいらっしゃるのですが、そうではなく、私のような『人情派』の司法書士もいるということをぜひ知っていただきたいです」このように熱く語るのは、神奈川県平塚市で地元密着型の司法書士とし...

青木一典プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続の問題をスピーディーかつ丁寧な対応で解決に導く

事務所名 : 司法書士 青木一典事務所
住所 : 神奈川県平塚市紅谷町3番5号 プライムスクエアー湘南平塚2階 [地図]
TEL : 0463-74-4588

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0463-74-4588

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青木一典(あおきかずのり)

司法書士 青木一典事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
法務局の管轄について

相続登記をはじめ、「どこの法務局に申請したらいいのだろう?」という質問があります。不動産登記は不動産の...

遺言書について
イメージ

ここのところ「遺言書を残したい」との案件が増えてきました。当事務所では、遺言作成にあたって公正証書遺言...

[ 日々の業務の中から ]

住所変更登記は忘れずに

昨日はなぜか新規案件3件がすべて住所変更という日住所変更登記といっても不動産の住所変更と商業での役員変...

[ 日々の業務の中から ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ