コラム

 公開日: 2016-12-07 

代位弁済の通知を放置すると危険?

代位弁済の通知が届くということは、ローン滞納から競売に至るまでのスケジュールの中で、大きな分岐点となっています。

いくつかの条件が変更されることにより、この時点でほとんどの場合、競売であれ任意売却であれ「持ち家を手放す」以外の選択肢があなたから消えてしまうからです。

この時、あなたが絶対にやってはいけないのは、無力感から通知を放置することです。
逆に言えば、ローンを延滞していない内から任意売却を認めてくれる債権者はいませんが、代位弁済通知が届くということは、既に相手方も任意売却及び競売が視野に入っているということです。

信頼できる仲介業者を通して、債権者とねばり強く交渉し、なるべく有利な条件で任意売却を進めていくことをご提案いたします。

代位弁済の通知が届くのが一つの分岐点

一概には言えませんが、ローン滞納から競売までのスケジュールの中で「代位弁済通知が届く」ということは、一つの大きな分岐点となっているような気がします。

この書類が届くことによってローン延滞における一つの時期が終わり、次の段階に入るということです。そこで、今回はこれまでのおさらいも含めて、この代位弁済についてもう一度考えてみましょう。

まず「代位弁済の通知が届くことが、どうして分岐点になっているか」ということから考えてみます。

一つには、あなたの債権者がこれまでの金融会社から保証会社などに変わること、そしてもう一つは金利が14%つくので支払う金額も変わること、さらに(厳密に言えば、「期限の利益の喪失通知」からですが)、それらの金額を一括で支払わなければならなくなることなどが理由として挙げられます。

そして、こうした条件が揃ったために、ほとんどの場合、競売であれ、任意売却であれ「持ち家を手放す」以外の選択肢が消えてしまう、という意味でも一つの時期が終わったことがおわかりになると思います。

代位弁済の仕組み

それではここで、簡単に代位弁済の仕組みについてご説明したいと思います。

代位弁済というのは「あなたが金融会社などに分割して払っていたローンを、金融会社と契約している保証会社などが代わりに一括で返済してしまう」ということです。

この代位弁済が行われる前に、あなたはローンを分割して払うことのできる「期限の利益」を喪失してしまっているので、返済が遅れた分の利息もあわせて、「一括で保証会社に残りのローンを支払わなくてはいけない」という状況になります。

「今まででも苦しかったのに、一括で残金を支払える訳がない」という無力感にさいなまれることもあるかもしれませんが、ここで絶対にやってはいけないのが「もう何をしても無駄」と自暴自棄になって、通知を放置してしまうことです。

代位弁済と任意売却の関係

これまで私はこのコラムで繰り返し「任意売却を考える時期に早過ぎるということはない」という主旨のことを書いてきました。

これは間違いではありませんが、任意売却は普通の売却とは違うので、ローンの滞納もしていないのに「任意売却をしたい」と言っても、当然、債権者は合意してくれません。

一方で、この「代位弁済の通知が届く」ということは、明らかに任意売却や競売が債権者の視野にも入っているということです。信頼のできる仲介業者を通して、債権者とねばり強く交渉し、なるべく有利な条件で任意売却を進めていくことが大切で、その後の生活にも大きく影響してきます。

この記事を書いたプロ

株式会社アメニティホーム [ホームページ]

不動産コンサルタント 近藤俊郎

神奈川県横浜市中区長者町6-95 上郎ビル1階 [地図]
TEL:0120-045-253

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
私が太鼓判を押します!
差し押さえられて、破産するしかない・・・・・

Aさま 横浜市 30代女性共有名義で購入したマンションの一人が行方不明になり、処分しなければならなくなった時、数社(公共機関含む)に訊ねてみましたが全て...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
近藤俊郎 こんどうとしろう

横浜・川崎・東京を中心に20年の実績!住宅ローン滞納者のマイホームを任意売却することに強み(1/3)

 もし住宅ローンを滞納してしまいマイホームが競売にかけられることになった場合、どのようしたらよいでしょうか?株式会社アメニティホーム社長の近藤俊郎さんは、横浜・川崎・東京を中心に20年以上に渡り、住宅ローン滞納者のマイホームを競売ではなく...

近藤俊郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

20年の実績をもとに不動産の任意売却を成功へ導くことに強み

会社名 : 株式会社アメニティホーム
住所 : 神奈川県横浜市中区長者町6-95 上郎ビル1階 [地図]
TEL : 0120-045-253

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-045-253

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

近藤俊郎(こんどうとしろう)

株式会社アメニティホーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

事故破産

Aさま  横浜市  30代女性 ◎どうしてアメニティホーム...

A・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
競売に出たものを取り下げることは可能か?

もしもあなたの家が競売に出てしまっても、しかるべき手続きをとれば、債権者に競売申請を取り下げてもらうことが...

[ 競売と代位弁済 ]

任意売却における買戻しとは?

任意売却における買戻しとは、通常、親子や親族に買い手になってもらい、その買い手にローンを返済していく形で、...

[ 任意売却検討中の方へ ]

任意売却における抵当権消滅請求とは?

今回は、任意売却における抵当権消滅請求について解説いたします。まず、債権者が複数いた場合、任意売却を行...

[ 任意売却検討中の方へ ]

任意売却後の引っ越し費用の確保はどうする?

今回は任意売却後の引っ越し費用の確保についてのお話です。任意売却の場合、売却後の引っ越し費用を債権者が...

[ 任意売却検討中の方へ ]

任意売却で不動産が農地の場合は注意が必要

任意売却予定の不動産の地目が、田や畑などの農地であった場合、農地法により、原則として農業目的以外の売買が禁...

[ 任意売却検討中の方へ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ