プロフィール

唐鎌謙二プロの一番の強み

雨漏り解決率の高さ、雨漏りを予防する技術、万全のアフター体制

雨漏りに関する事例を豊富に持ち、多様な雨漏りに対応可能です。原因究明率が高く、雨漏り修理工事・予防工事ともに、丁寧で確実な施工をします。アフターフォローも万全で、最長15年までの長期保証付き。

日本外装株式会社 代表取締役
雨漏り110番®グループ代表(特許庁登録:第4387901号)
NPO法人雨漏り診断士協会 専務理事
日本外装システム株式会社 代表取締役
 
1966年鹿児島県生まれ。建物の雨漏りを修理するプロフェッショナル。一級建築士やベテランの大工など、建物のプロですらあきらめる難しい雨漏りを、最後の砦となって解決し続けている雨漏りの専門家。
年間300棟以上の雨漏り案件に携わり、解決率97%(2016年4月現在実績)を誇っている。2005年に日本最大の雨漏り職人ネットワーク「雨漏り110番」を設立。さらに2006年、同志と共に日本で唯一の雨漏り診断士資格認定機関「NPO法人雨漏り診断士協会」を立ち上げる。
現在、専務理事として後進の指導にあたり、これまで全国に500名を超える雨漏り診断士を輩出している。

  • 創業24年 施工実績11,319件(2016年6月13日現在)
  • 外装リフォーム工事のプロフェッショナル
  • ・ 雨漏りのプロ・雨漏り診断士資格所持者8名在籍
  • ・ 一級施工技能士(防水・塗装の国家資格者)多数在籍
  • ・ 標準10年、最長15年の長期防水保証(保証書提出)
  • ・ 宮内庁指定業者(皇居内メンテナンス 1996年〜現在)
  • ・ アフター専門チームによる万全・充実のアフター体制
  • ※ 工事完了後は定期巡回点検による保守管理を実施します
  • ※ 建設業許可:神奈川県知事許可(般-26)第63143号
  •  
  • <メディア出演・取材・記事・出版>
  • ・ 日本テレビ『心ゆさぶれ先輩ロック・ユー!』
  • ・ NHKテレビ『おはよう日本』
  • ・ J:COM『つながるGo!Go!』
  • ・ テレビ東京『徳光和夫の情報スピリッツ』
  • ・ 日経ホームビルダー
  • ・ リフォーム産業新聞
  • ・ 週刊プレイボーイ特集記事
  • ・ アントレ特集記事
  • ・ コーティングメディア特集記事
  • ・ ARS特集記事
  • ・ ドラッカーから学ぶ多角化戦略
  • ・ ドラッカー入門
  • 【出版】自分を磨く「嫌われ仕事」の法則 経済界発行
氏名 唐鎌謙二(からかまけんじ)
会社名 日本外装株式会社
事業内容 屋上防水・外壁防水・ベランダ防水・ペンキ塗り替え・総合改修工事・大規模修繕工事・雨漏り予防&修理・外装全般
取扱分野 屋上防水・外壁防水・ベランダ防水・ペンキ塗り替え・総合改修工事・大規模修繕工事・雨漏り予防&修理・外装全般
特徴 雨漏り工事に関する長年の実績・経験・知識が群を抜いています。どんなに難しい雨漏りでも、丹念に諦めることなく調査・工事します。また、アフターフォローも丁寧で、「工事完了してからがスタート」のポリシーで、お客様と長いお付き合いをしています。フットワークが軽く、どんな小さなことでも、相談に乗り、できる限りのことをしています。
職種 防水工事・雨漏り専門家
住所 〒216-0031
神奈川県川崎市宮前区神木本町1−9−17
電話 0120-773-007
営業時間 9:00-20:00
定休日 土日祝日も営業
ホームページ http://www.sgstaff.jp
その他URL http://www.amamori110.com
 
このプロの紹介記事
雨漏り110番代表の唐鎌謙二さん

雨漏りから建物を守る!日本最大級の雨漏りプロフェッショナル集団(1/3)

 建物の雨漏り。新築・既存建物問わず、雨漏りに悩む人は予想以上に多いようです。雨漏りが起きると多くの人は、建物の施工業者やメンテナンス業者に雨漏りの原因究明や雨漏り工事を依頼するかと思います。ところが、雨漏りの原因は多様で、見ただけでわかる...

唐鎌謙二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

雨漏り解決率の高さ、雨漏りを予防する技術、万全のアフター体制

会社名 : 日本外装株式会社
住所 : 神奈川県川崎市宮前区神木本町1−9−17 [地図]
TEL : 0120-773-007

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-773-007

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

唐鎌謙二(からかまけんじ)

日本外装株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ