コラム

 公開日: 2017-06-19 

人に「なぜ、なぜ」を適用すると何故、ギスギスするのですか?

何故、故障したのか? 何故、不良品が発生したのか? などビジネス上で起きた現象の問題解決にWhy?は重要です。しかし、人の行動にWhy?は、なかなか当てはまりません。

上司と部下との会話。

上司「何故、もっと早く知らせなかったのか?」 
部下「いや~、〇〇さんはお忙しいそうだったので・・・」
上司「いつも、報告をしろと言ってるだろ! 報告をしなかったのは何故だ?」
部下「いや、タイミングが・・・」
上司「タイミングじゃなくて。私は理由を聞いているんだ。何故だ?」
部下「・・(沈黙)・・」
上司「もっと、責任感をもって仕事をしてくれよ。無責任な奴は信頼されないぞ!」
部下「・・・・(沈黙)・・・・」(こんな上司の下では仕事したくない・・)

 こんな感じで人の行動にwhy?を繰り返していくと、言われた方は「追い詰められた」、「人格を否定された」という感情を抱かせることに繋がる可能性があります。
人間の行動は、「過去志向」ではなく、「未来志向」です。「何故?」は、過去の時制です。
 では、どうするか。「Why?」は一回程度に留め、冷静に目の前の問題の対処にあたることと、『相手(部下)が何故、そのような行動をとったのか?』、『自分の関わり方に問題はなかったか?』、そして『相手がとった行動の目的は何なのか?』というように、原因より “目的”に焦点を当ていってはどうでしょうか。

 『人の行動には目的がある』というスタンスで、相手の行動改善を期待し、怒るより叱る、相手を知り相手を活かす です。
 玉ねぎの皮を剥こうとするのではなく、玉ねぎの鮮度、大きさ、辛みを理解し、素材を上手く活かす ですね。


この記事を書いたプロ

一般社団法人 日本アドラー心理学協会 [ホームページ]

心理カウンセラー 梶野真

福岡県福岡市博多駅東2丁目5番19号 サンライフ第3ビル6階 【横浜オフィス】 神奈川県横浜市 [地図]
TEL:092-686-8560

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
自己・他者信頼できる自分に導くアドラー心理学カウンセラー 	梶野真さん

人生を能動的に生きよう!自分の「決定権」を自分に与えよう(1/3)

 集団、社会の中で生きる私たちは、他者との関係性や自分ではどうすることもできない環境などに翻弄され、「自分は無力だ」「これ以上何もできない」と思いがちかもしれません。その諦めにも似た感情は日常の中に潜み、少しずつ積もり積もっていきます。それ...

梶野真プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「自分で人生を決定する力」を養うセミナー・カウンセリング

会社名 : 一般社団法人 日本アドラー心理学協会
住所 : 福岡県福岡市博多駅東2丁目5番19号 サンライフ第3ビル6階 [地図]
【横浜オフィス】 神奈川県横浜市
TEL : 092-686-8560

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-686-8560

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶野真(かじのまこと)

一般社団法人 日本アドラー心理学協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
アドラー心理学って何ですか? 何か怪しくないですか?
イメージ

アドラー心理学はオーストリア出身の精神科・ 心理学者でもあるアルフレッド・アドラーにより作られた心理学であり...

Q.以前から人をうまく付き合うことができません。。何かよい方法はありませんか?
イメージ

Q. 人とうまく付き合うことができません。相手が何を考えているのか、いつも心配になり顔色を伺いながら行動し...

「私は、人見知りなので、・・・」
イメージ

「私は、人見知りなので、人付き合いが苦手です」と、かつての私はよく口にしたものです。こういうことによって、...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ